2ntブログ

子どもの頃

34 (無題) 削除依頼
投稿者:(無名) 2008/11/20 16:39:32 (XGkPLh/q) 投稿削除
子どもの頃住んでたアパートにユリとユキって姉妹が住んでました。
ユリは2コ上でユキは同級生です。女子と遊ぶとからかわれるので遊ぶのは夕
方や雨の日でした。
どっちの家も貧乏で両親は共働きでしたので親が帰ってくるまでは良く一緒に
いました。
小6の夏休みです、台風か大雨だったと思います。ユキが来ました。ユリに友
達が来ると追い出されたようです。
しばらくゲームをしてましたが、何してるのだろうと?とユリのトコに覗きに
行きました。
ユリのトコに来てたのは男の人でセックスしてました。ユキと二人で暫く除い
てましたが
我に帰って慌て戻りました。暫くは沈黙が続いてたので冗談で「すごかった
なーチンチン大きくなっちゃたよ」と言ったら
ユキが見たいと言い出しました。言ったのは冗談ですが起ってたのは本当だっ
たので「お前のも見せろ」と言って脱ぎました。
ユリの様に膨らんではいませんでしたが日に焼けてるとこと焼けてないとこと
が異様にエッチに見えました。
「あんま見るなよ恥ずかしいから」とユキの前に付きだしました。恥ずかしい
と言うよりエッチな気分のが勝ってました。
触られると凄く気持ちよかったと覚えてます。当時は包茎で皮を向かれたらカ
スだらけでした。
何とユキはカスだらけなのを舐めてきました。オナニー覚えたてだったので気
持ちいいのと痛いのと感じでした。
ガキだと思ってたユキでしたが今思えば学校で習うしマセてるから知識は速
かったのでしょう。
俺はフェラって言葉も知らなかったと思います。舐めるのはエロ本で見てたと
思うけど。
チンチン咥えてるユキの顔は可愛く見えました。痛みもあったせいか射精まで
はいきませんでした。
今度はユキのを見る番です。なんか複雑で覚えにくい形でした。
ユキに言われるままに触ったり舐めたりしましたが美味しくはありませんでした。
でもユキがアンアン喘ぐので面白がって舐めてました。
その日はソレで終わりましたが、次の日にはエッチしてました。
俺では中々上手く入らなくてユキが上に乗ってのエッチでした。
ユキが処女だったかは解りませんが結構痛がってたので処女だったかもしれま
せん。血も出てたし。
それからは毎日の様にエッチしてました。なのでユリに見つかりました。
注意されたけどユキがアノ日見た事を言うと、それからは時々3人でエッチし
ました。
ユリのオッパイが好きだったからです。ペチャなユキでは・・・
でもユキに生理が来てからはオッパイも膨らんできて中3位の時には男友達の
間でも評判の巨乳になってました。
ユキのお陰で殆どオナニーしたことのない青春を送れました。
ユキの親が離婚して引っ越ししていった高3まで関係は続いてました。
イイ思い出です。



幼馴染・親友・友達 | 【2024-07-21(Sun) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

幼い男の子

32歳、小学三年生の娘と旦那がいます。
同じマンションに娘の友達がいます、四年生の男の子です、その子の母親とは私も友達同士。
男の子の母親はお店を持って居て帰りがいつも夜中です。
その子はよく遊びに来てはお風呂に入れたり。食事を一緒にたべたりしてます。
先日は旦那が出張で留守でした、丁度その日は男の子がきてました、夜の9時過ぎに娘は寝てしまい
私と男の子だけになりました。
私は性欲が強い方で、その夜も何となく淫らな気持ちにっていました。
それで私は自分でも考えられない様なことを想像してしまいました、それはこの子を相手にエッチを・・・
不謹慎な想いではありますが、その時の私は自分でも制御できないほど乱れてました。
その子を誘ってお風呂に入ったのです。
お風呂ではもう私は夢中でした、頭の中はエッチなことでイッパイでしたが、何気ない振りをして男の子と
遊ぶことを考えたのです。
私は風呂の床に脚を投げ出し、体中に石鹸の泡を付け男の子を脚の上に跨らせたのです。
向き合う格好です、そして男の子の肩を持って滑らせたのです、何回も遊ぶ振りしながら、ひざの方から太ももを、そして抱き合ったり。
もう私のアソコはヌルヌルしたものが出てたと思います、男の子の方も小さいながらも勃起してました。
最初面白がって笑ってた顔はもう真っ赤になり興奮してるようでした。
私は「もっといいこと教えようか?!」なんていいながら、勃起したものを握ってっていました。
「教えるけど誰にも言っちゃダメだよ」って、念を押して。
シャワーで体の泡を流してから、再び風呂の床に脚を投げ出し、今度は足を開いてです。
彼を足の間に入れ、私の恥ずかしい所を見せながら「ここにコレが入るんよ」と言いながら、彼の物をあてがいました。
まだ小さな体に小さなモノ、すんなり中に入りました。
小さいけど堅いのです。
入った瞬間の感触に思わず声を上げてしまいました、淫らな自分のやってることが更に私を燃え上がらせました。
あれから一週間、これを書いてる自分の中で何かが疼いてきます、近いうちに機会を作ってもう一度あの堅いモノを・・・・



幼馴染・親友・友達 | 【2024-07-16(Tue) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

オチンチンに興味深々の娘たちのこと。

31歳の父親です。
私の娘たちの行動に日々困ってます。
どうしたものか・・・。どう教育するか・・・悩む毎日。
このままじゃ娘が間違った方向に進まないか不安です。
「パパぁ、あのさオチンチン触らせて。」
2週間前のことでした。
リビングでのんびりTV見てたら、長女の真菜子(マナコ 7歳)がソファの隣に座っていきなり言ってきたんです。
このとき妻は入浴中でした。
次女の杏香(モモカ 4歳)もそばにいて、それ聞いて「私もぉ!!パパぁ触らせて!触っていい?オチンチン。」
私「おまえたちアホか!何言ってるんだ。ママに言っちゃうぞ?」
真菜子「ええー!やだぁ!でもさ、ママがパパのオチンチン触ってたの昨日見ちゃったぁ!」
杏香「うわあ!ママ触ってるんだ。ねえ、なんで触ってたの?オチンチン痛かったの?パパぁ?」
真菜子「なんかさ、ママが気持ちいい?ってパパに言ってたよ。」
もう、何をどう言えばいいのかわからず無言でいました。
そして真菜子の爆弾発言です。
「あとね!あとね!ママがさ、パパのオチンチン食べたの!びっくりしちゃった!!ねえ、パパなんでママがオチンチン食べてたの?ねぇ、なんで?なんで?オチンチンって食べてもいいの?あとさ、パパママが裸で抱き合ってさ、オチンチンがママのココに入ってたのぉ!何してたのぉ?なんで裸なのぉ?」
真菜子がスカートまくってお花模様のパンチュー(うちではパンツをこう言ってます)の上から股間を触った。
絶句・・・。まさか夫婦のSEXを全部見られていたとは!
「ママに聞きなさい!!パパは知らない!」
そして風呂から出てきた妻に2人が飛びつくように走って行って、同じこと話してました。
妻(32歳)はいたって冷静。さすがママだ!って感心。
でも、言った中身が問題だった!
「あのねえ、大人になると男の人ってオチンチンが疲れちゃうのね?だから舐めてあげると元気になるの。結婚したお嫁さんの役目なの。そうしないとパパはオチンチンだけじゃなくて全身疲れてお仕事にも行けなくなっちゃうのよ。あと、ママのココには入ってないのよ?入るわけないでしょ?寒いとねパパのオチンチンがすんごーく小っちゃくなってお豆さんみたいなっちゃうの。だから入ってるように見えただけ。裸で抱っこしてたのは、寒くてお豆さんオチンチンを大きくするために運動して温かくなるようにしてたの。わかったかな?」
真菜子「へえーーー!!そうなんだ!パパぁ、良かったね?元気にお仕事行ってね。ママぁ、オチンチンたくさん舐めてあげてね。お願い!パパが元気なのがいい。お豆さん嫌ぁ。」
真菜子「あーっ!そっかあ!じゃあ、私が結婚したらママみたいにオチンチン舐めてあげないといけないんだね?プロレスごっこは・・・やだなぁ、痛そうだもん。」
杏香「パパ、今度はママじゃなくて私も舐めてあげるね!パパ、元気にしてあげる。」
思わず妻を見て睨みつけてしまった。
(お前の責任だぞ?変なこというから・・・)
妻はニヤリと笑って
ママ「杏香、だめでしょ!結婚してからじゃないとだめなの。それにパパと杏香は結婚できないでしょ?ママがパパと結婚したの。だからママしかできないの。パパのオチンチンはママのものなのよ。わかったかな?」
二人の娘は神妙な顔してました。
納得してないのがありありとわかった。
さあ、ママよ。どうするよ?
真菜子「ねえママ、オチンチンって触ってもいい?パパの。だってぇ、オチンチンついてないもん、真菜子ぉ。だから触ってみたい。」
目が「お願い、お願い、お願い。」と言ってる目でした。
杏香「わたしもぉ!オチンチン無い。触りたいなぁ・・・オチンチン。パパの。」
ある意味では、妻の発言で娘たちに火に油注いでしまったって感じでした。
ママ「あのねぇ・・・困ったわ。」
とこっちを見た。当然私は瞬間的に視線反らしました。
真菜子「明日、パパと一緒にお風呂入る!!その時触らせてぇ!!パパぁ!!」
杏香「私もぉ!触るぅ!さわりたーい!オチンチン!」
娘二人が私に飛びついてきた。
「おーい!三春(妻)、どうすんだこれ?俺知らんからな。」
「だってぇ・・・あのね?どうしても触りたい?パパのオチンチン。」
娘二人は何度も強烈に頷いた。
「困ったわねぇ・・・じゃあさ、1回だけだよ?明日パパとお風呂入りな?」
二人そろって、「やったあ!!パパぁ、ママがいいって!」
俺「三春!お、おまえ!」
妻「いいじゃないの。1回だけだし。男と女の違いを教えてあげてね?頼んだわよ、パパ。」
妻は私に丸投げ・・・。
さすがに夫婦喧嘩はまずいのでいったん話やめました。

翌日の夜、娘二人がお風呂に一緒に入ってきた。そして風呂の中で大事件が起きたんです。
真菜子「パパ、触っていい?」
私「ダメ。洗ってから。」
体、洗髪とすべて終わって子供たちも洗って、3人で風呂にドボン。
温まってたら。
真菜子「ねえ、パパもういいでしょ?触って。」
杏香「パパ、オチンチン。」
しょうがない・・・覚悟を決めて立ち上がった。
娘たちも立ち上がって、私の股間を見つめてた。
口々に、
「ふーん、やっぱ違うね?」「長いんだね」「ホースみたい」「いいなぁオチンチン。欲しいなあ。」「私もぉ」「オチンチン生えないかなあ」「なんか丸いの2つ・・・なんだろう?」
おっかなびっくりで指で突っついたり、撫でてきたり。
真菜子がガシッって感じで握った。
真菜子「柔らか~い、フニフニだよ?」
「杏香も握るぅ!・・・わぁ~コロネ(チョコ菓子パン)みたい。」
真菜子「違うよぉ。フランクフルトだよぉ。」
杏香「ケチャップつけたい。」
半分づつ片手で握ってました。二人ともびっくりしながらも初オチンチンにハイテンションで喜んでた。
娘たちの感想に笑ってしまった。まあ、可愛いもんだって思いました。変な気持ちになるわけもない。
でもこの直後に大事件が起きたんです。
いきなり杏香が真菜子を突き飛ばす感じでどかした。
有無言わさず口の中にオチンチンを咥えこんだ!
杏香は目を白黒させながらも咥えてました。
「杏香!!」私もびっくり仰天で動けなくなった。
瞬間的に思ったのは、噛まれたらひとたまりもない!!
「噛むな!噛むなよ!離せ!杏香!離しなさい!噛むなよ!パパ死んじゃう!」
真菜子「杏ちゃん!だめーー!ママしかだめーーー!・・・ママァ!ママァ!ママー!・・・助けてぇー!ママのオチンチン、杏ちゃん食べたーーー!」と絶叫。
ダダダダーと走ってくる音、風呂のドアを思い切り妻が開けた。
光景を見て妻はびっくり。そして私をすごい目でにらんできた。
「パパ!!何させんの!!」
「いいから!杏香を離せ!!」
頭つかんだり、無理に引っ張ろうとしたが駄目。で、三春が杏香の鼻をつまんだ。杏香が口を開けたのでそのまま顔を引っぺがしました。
鼻つままれたまんまで、杏香はハフハフ呼吸してました。目を白黒。
真菜子「ママぁ、パパ悪くないよ。杏ちゃんがママのオチンチンいきなり食べちゃったの。ママしかだめなのに・・・ママのオチンチンなのに・・・ごめんなさい。」
三春「パパ!娘に何てことさせるのよ!よりによって口になんて・・・信じらんない。」
「おまえが変なこと言うから杏香がまねたんだろ。こっちだってそんな気あるわけないだろ!」
真菜子「パパ!ママ!喧嘩はダメ!杏香、謝りな。杏ちゃんが悪いんだよ。ママ専用なんだから。パパのオチンチン。オチンチンにもごめんなさいしな。」
この一言で私も妻も怒りはどこへやらで、爆笑してしまった。
杏香「ヒック・・・ヒック・・・ごめんなさーい。ビーーー!・・だって・・フランク・・・食べたい。ビーーー!」と泣きだすし。
この後、夕食に娘二人に妻はフランクフルトを焼いて1本づつおかずにつけてあげた。
二人とも大喜び!
「フランクだぁ!ケチャップぅ!」
まあ、とりあえずは一件落着でした。

でも、そのあとがね。
この2週間、やたら2人の娘が私の股間を触ってくるんです。(もちろんズボンの上からです。)
真菜子「パパ、また今度触らせてね?」
杏香「私もぉ!!お姉ちゃんばかりダメ。パパ、もう、食べないから!」
私「だーめ。1回だけって約束だろ。それに女の子がそんな風にパパのお股触るなんて変だぞ。友達に笑われちゃうぞ?いいのか?」
妻の一言。
「真菜子、杏香、オチンチンは大人になってからよ。あなたたちが結婚したら触っていいから。それまではダメよ!それにパパのオチンチンはママのだって言ったでしょ!」
二人ともとりあえずはおとなしくなったのですが、それでも時々(ズボンの上から)触りに来ます・・・。

女の子って自分に無いものだから、余計に気になるのでしょうかね。
とはいえ、このままで良いわけではないので、なんとか触らせないようにしないと・・・。
苦労が絶えないです。



幼馴染・親友・友達 | 【2024-07-16(Tue) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

中学生とコンパしました

31歳の主婦です。
春に子供の幼稚園のママ友達に飲みに行こうと誘われました。
下の子を出産して4ヶ月たって、少しだけ落ち着いていた時期だったんで主
人に相談したら
「たまには羽伸ばして来たらいいよ」
と言ってくれたので、子供二人を主人に預けて飲み会に行きました。

ママ友達3人での飲み会って事で気兼ねない飲み会って思ってたのですが、
誘ってくれたお友達二人が
「内緒にしてたんだけど、今日は実は若い男の子とコンパなんだ」
って。
ちょっと動揺しましたが、今さら断るのもできないし、まあそうゆうのも新
鮮かなと思って男の子が来るの待ってました。

少し待ってたら男の子4人が来たんですが、本当に若いんです…
友達に「えっと、何歳なの、この子達」って聞いたら「この春から中2」っ

ちょっと不良っぽくて髪も染めてるし、タバコも吸ってるんだけど、どう見
ても子供でした。
聞いたら携帯のサイトで知り合ったって事で、私の友達一人と、男の子のリ
ーダーの子は面識あるって事でした。

かなり戸惑いましたが、私一人しらけるのもなって。そのままカラオケに行
きました。

話してるとそんな悪い子でもないみたいだし、お酒も入って楽しい時間過ご
してたら、男の子のリーダーが王様ゲームをやろうって。
そのころには私も酔っててじゃあやろうってノリで始めました。

でも、なんかいきなり過激な内容で。キスとか、股間に手を入れるとか…
「やばくないかな」と思いながらも、はしゃぎながらキスしたり、服の上か
らおっぱいもんだり、ズボンに手入れたりしてるお友達見てると、段々自然
に思えて来て、私も笑ってました。

私の命令はおっぱいにキスでした。服の上からチュ かなと思ったら
「よーこはちゃんとナマでだよー」って友達が服をめくりあげました。

「おおーすげー」「乳首デカ!」とか声が聞こえてきました。

友達が「よーこは今おっぱい出るんだよー」て言うと 王様の男の子が
「じゃあキスやめておっぱいに変更!」って。

男の子にいきなりおっぱい吸われて。勢いだけで吸ってる感じでしたがだん
だん母乳があふれ出てきて…
「おおー、おっぱいあったかいー」って男の子が笑ってました。

そしたら他の男の子が、「俺も!」ってもう片方のおっぱい吸ってきまし
た。いやとかなんとじゃやなく私は「ちょっと、ダメダメダメ」って言って
たんだけど やがて声が出なくなって… なんだか頭がボーってしてきまし
た。

静かになって… ふとみたらお友達二人もそれぞれ他の男の子とキスしたり
おっぱいを吸われたりしていて
やがて私たちの小さなあえぎ声だけになりました。

おっぱい吸われながら、キスされたり、うなじ吸われたり… 何だかトロン
としていたら、友達の一人が男の子のおちんちんをフェラしているのが見え
ました。
座ってる友達の前でジーンズをずらして咥えてもらっていました。

わたしのおっぱいを吸っていた子が一人、ベルトを外してズボンずらして。
「俺のもしゃぶって」って私の顔の前におちんちんを持って来ました。

こんな子供のおちんちん… 独特の匂いして皮も半分しか剥けてないのに…
でもすごく硬そうで、そそり立っていて。

そのまま口に含みました…

そんなに大きくないけど何故か口の中で暴れるような感じ

常にトロトロと先から液が溢れ出しているような感じ

口の中が唾液と男の子の液でいっぱいで、口からダラダラとこぼれだしてい
ました。

男の子の鼻息が急に荒くなって やばいって思ってすぐ

男の子は私の口に射精しました。喉の奥に何回も突き刺さるように、精子
が… 射精で暴れるおちんちんを口に収めておくのが大変なくらいの勢いで
した。

いつまでも射精している感じ

服が汚れるといけないんで、手であごを抑えながら、全部飲みました。

男の子が少し落ち着いてきたんでおちんちんから口を離したら
また別のおちんちんが、目の前に…

また続き書きます



幼馴染・親友・友達 | 【2024-07-16(Tue) 10:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

女にも性欲はあるんです。

31歳の主人とは結婚して3年目。
私は5歳下の26歳で コロナ前は働いてたけどコロナの影響で職を失ってしまったんです。

生活に困ってる訳じゃないし無理して働かなくてもいいだろ?

って主人が言うので今は専業主婦してます。

結婚するまで約4年付き合って、その間は
色々仕込まれました。

コンビニの店内でスケスケのレギンスで
露出してるのを撮られたり、山道の道路上で裸で寝転がってオナニーされられたり、
ショッピングセンターの屋上駐車場でカーセしてるのを覗かれたり。

露出系が多かったかな?

そんな主人も30過ぎて私との関係も変わりましたね。
付き合ってた頃は偶に会うとお互いに燃え上がってたけど、
今は毎日一緒!
何か新鮮味がないと言うか。
私が思う位だから主人は尚更だと思う。

露出プレイも全くやらなくなったし、
でも私から要求するのも何か変だと思うし。
どうなんですかね?

正直、夜の方も少なくなりました。
主人は製薬メーカーの営業してる関係で
ストレスが溜まってるみたい!
昼のランチも複数人で食べるのは禁止されてるらしく、一人で食べてるらしいし。

帰って来ても食事して、お風呂入って、
私に色々な愚痴を言って寝る!
こんな毎日なんです。

そんな主人が半月前位に四国の実家でトラブルがあったらしく、有給を取って帰りました。
実家は義母と義姉の2人暮らし、トラブルの内容は詳しく教えてくれなかったから良く解らないけど、

私も行こうか?

って言ったけど、大丈夫! って言われて
、一人で帰ったけど未だ帰って来ない。
主人の話だと1ヶ月は掛かるみたいです。

私はとにかく暇!
一人だとやる事ないし、考えるのは変な事ばかり。

以前露出に使ってたレギパンとか引っ張り出して履いてみたけど透け過ぎてて、
一番マシなのも微妙に透けるんです。
下着の色や柄がうっすら見える。
直穿きしたら以外に大丈夫かな?
上はタートルネックのヒートアンダー!
これはブラが完全に透けるけど、
お気に入りのモコモコなファーコートを着れば全く解りません。

その格好で出掛けてみたけど凄いドキドキで、コート脱いだらモロ変態です。
駅ビルまで行ってトイレで確認したら上はモロ透けだけど、下も形や筋までハッキリ分かるんです。
毛も剃ってるから尚更いやらしい。

自分で触ってるうちに堪らなくなって、
駅ビル内を歩いてみたけど、コロナが増えたからかガラガラでした。
改札抜けてホームをウロウロ!

電車が来たけど殆ど乗客も居なくて何となく乗り込んで端の車両へと移動して行きました。
まるで獲物を狙ってる痴漢みたい。
とか思いながらある車両に入った時に
男性が一人座ってスマホしてました。
年齢は20代前半?
見た目大人しい感じで。

その車両にはその男性と先の方に中年の女性の二人しか乗ってません。

私はファーコートのジッパーを開けて男性の近くのポール?に掴まってスマホを見てる振り。

男性は私をチラッと見たけど気付いてくれなかった。
電車の揺れに任せながら少しづつ男性の前に移動して、
なるべく近くで見せたい。
出来れば触って欲しい。
そんな事しか考えてなかった。
もう完全に変態女になってました。

レギパンを上に持ち上げて食い込ませると、自分でも恥ずかしい位に濡れてるのが解る。
モリマンがくっきり浮かび上がってて、
男性がそれを食い入る様に見てたのを覚えてます。

ちなみに私のスマホには無音モードになるアプリを入れてて、それを起動すると全く音がしなくなるんです。
それを使って スマホを見てる振りしながら男性を撮影してました。

完全に男性の正面に立って腰を突き出す様に股間を近付けると男性は
自分の肘を足に乗せる格好で顔を突き出す様に座り直してました。

私は全く知らない振りで撮影中!
スマホに映ってる男性は少しづつ私の股間に顔を近付けていて、もう4~5cmの距離しかない!

アソコがぐしょ濡れなのも見えてるだろうし、エッチな匂いも漂ってるはずです。
私は揺れを利用し男性の顔に股間をぶつけて、私の恥骨と男性の鼻がぶつかったけど私は何も言わずにスマホを見てました。

そのうちに何度もぶつかる様になって、
男性は顔の代わりに指をぶつける様になって、ついに指が私の恥骨にくっ付いたまま離れなくなって。

別にSEXしてる訳じゃなくて指が触れてるだけなのに凄く興奮してる私。
男性も異常に興奮してたんだと思う。
だってスマホからシャッター音がしてたし。シャッター音も気にしない位に興奮してたのかな。

でも私も止まらなくなってた。
男性はスマホを横に置いてから右の指で私の割れ目を擦りながら左手を後ろに廻してお尻を撫で始めて、暫くするとレギパンを器用にクルクル丸める様に下ろし始めて
私は股を大きく開き前に突き出す様にして全てを男性にさらけ出し、男性の両手で割れ目を開かれて吸いつかれた時に自分が完全に堕ちるのが分かったんです。
もう立ってられなくて隣りに倒れ込む様に座りこんでから 向こうに居る女性にパレない様にフェラしてあげた。

彼は22歳の大学生、実家暮らしで余りお金がないらしくホテル代とかは私が払って
彼の性処理してる。

彼には遠距離恋愛してる彼女がいるらしいけどなかなか会えないらしく、私がお金を払って彼の性欲処理に使ってもらってる感じなんです。

旦那とはSEXしないの?
って聞かれて
週一くらいかな?
って話したらビックリしてた。

だったら俺らでいっぱいしてあげるよ。
俺ら??

その後に彼とSEXしてる最中に彼が友人にLINE電話し始めて実況中継されました。

やめて!
って言ったけど全く取り合ってくれなくて恥ずかしい姿をたくさん見られて
それからスマホを渡されて彼に突かれながら友人さんと話してたけど何話したか覚えてない。
覚えてるのは友人さんが

俺にも今度やらせて!

って言われて、

解った、今度ね!

って了解したのは覚えてる!
その翌日に友人さんを紹介されて
友人さんはマンションに一人暮らしで
そこで私は初めてアナルセックスをした訳ですが、それはまた書きます。
では!



幼馴染・親友・友達 | 【2024-07-16(Tue) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*