2ntブログ

息子の友達のママに仕組まれた罠にハマった私

今年29歳になる専業主婦です。
主人(35歳)は、医療系企業の営業をしており現在は係長に出世し忙しく働いています。
そんな私達には6年前に出来た1人息子がいます。

息子も去年幼稚園に入園し、数日後には友達が出来て楽しく生活していました。
公園デビュで知り合った奥様方も数人、同じ幼稚園だったのでママ友には恵まれていたと
思います。
朝、主人と息子を送り出すと、掃除と洗濯を済ませ専業主婦の自由な時間が始まります。
息子も2時過ぎ位までは帰って来ないので、TVを見ながら昼食を済ませネットでショッピング
などを楽しんでいました。
その日も息子を迎えに幼稚園に向かうと、私を見つけた息子が歩いて来たんですが、一緒に
歩く男の子がいたんです。”新しい友達かな?”そう思っていました。
息子が近づいて来て”ママ!お友達のジュン君だよ”と紹介され”レオと仲良くしてね”と言うと
”うん!”と言いながら隣にいた女性の方へ歩いて行ったんです。
”彼女がママか!”ちょっと年上の優しそうな女性で、向うも私を見たのでお互い軽く会釈して
分かれる筈だったんですが、彼女も同じ方向へ歩いて来るんです。
その内、子供達が近づいて話しながら歩き出したので、何となく私も彼女に話しかけたんです。
彼女(友紀)さんは35歳で、最近引っ越して来たばかりらしく、同じマンションの住人だったんです。
それからと言うもの、朝も帰りも子供の送迎は一緒に行く様になり昼間もお茶を飲む仲になって
いました。
友紀さんの旦那さんは貿易関係の仕事で、出張も多く家にいる時間が少ないと言うんです。
知らない土地で1人淋しく過ごしていた時に、私と知り合い嬉しかった様です。

時は進み、私達が知り合って2ヵ月程過ぎた頃でしょうか?友紀さんの行動が怪しくなってきたんです。
私の前でも平気で着替えるし、私の隣に座って”恵ちゃんの肌、白くて綺麗ね”と言いながら
触れて来る様になったんです。
それはだんだんエスカレートして、私の胸を触りながら”恵ちゃんのおっぱい大きいわね!形も
良いし羨ましいわ”と言う始末。初めはふざけているのかなぁ?と思っていました。
そんなある日
 「恵ちゃん!オナニーとかするの?」
 「え~しませんよ!」
 「本当!まぁ旦那さんに夜、可愛がって貰っているからしないか!」
 「そんな事無いんですよ!最近は全然!」
 「嘘っ・・・まだ若いし!毎晩なんじゃない!」
 「そんな事無いですよ!夫は帰りも遅いし・・・」
 「ん~そうなんだ!アソコ淋しくない?」
 「えっ・・・何だか恥ずかしいわね!どうしたの急に・・・」
 「恵ちゃん!Mでしょ!」
 「えっ・・・」
 「図星だ!」
 「ん~そう言われるし、そうかも・・・」
そんな時、友紀さんが隣に座って、私の髪を掻き上げると耳にチュってして来たんです。
 「友紀さん?」
 「ねぇ!私の事嫌い?」
 「そんな事無いですけど・・・どうして?」
 「じゃ、ちょっと気持ちいい事しよう」
そう言うといきなりキスをされ、舌を入れて来たんです。
 「ん~ん~友・紀・さ・ん・・・ダメ」
友紀さんがキスしながら胸を揉んで来て、やがてスカートの中に手を入れて来ました。
友紀さんの舌使いに抵抗する事を忘れ、ただ受け入れ始めてしまったんです。
気づくと私はソファーの上で裸にされ彼女にアソコを舐められながら胸を揉まれていて
ハァハァ息を荒らし感じ捲っていました。
友紀さんは女性だから女の感じる所を知り尽くしていて、的確に私の壺を刺激して来て
私は彼女に何度も逝かされ、潮を噴いていました。
 「恵ちゃん!やっぱりMの素質があるのね!凄い感じちゃって・・・可愛いい」
そう言いながら私にディープキスをしてきました。
何度も逝かされ、頭は真っ白!夫にもこんなに気持ち良くされた事が無かった私は
意識が朦朧とするなか彼女のマンコを舐めていました。
フラフラする私を連れ風呂に向かうと友紀さんはシャワーで私の体を綺麗に洗ってくれ
2人は着替えを済ませソファーに座ったんです。
友紀さんがコーヒーを入れてくれ飲んでいると、
 「恵ちゃん!どうだった?」
 「えっ・・・気持ちよかったです」
 「そう!旦那より良かった?」
 「え~」
 「そろそろ迎えに行こうか?」
何も無かったかのように振舞う友紀さんに、恥ずかしいと言う気持ちは直ぐに薄れ
気にする事無いんだ!と思ったんです。

翌日も、その翌日も私は友紀さんに抱かれました。
毎回絶頂を迎え、隠れていたMに火が付いた様に私もエッチに夢中になっていたんです。
それから、数週間が過ぎた時、友紀さんが取り出したのはエッチな道具でした。
私はいつもの様に裸にされ、友紀さんの舌にメロメロにされた所で、バイブを差し込まれ
ローターでクリトリスを刺激され、やがてバイブレーターで最高の刺激を与えられ続けたんです。
 「友紀さん・・・・ダメ!それ以上されたら・・・私・・・壊れちゃう」
 「恵ちゃん!もっとエッチになるのよ。もっともっといっぱい気持ち良くなって」
 「だって・・・・あぁぁぁ~イクゥゥゥ~」
今まで以上に潮を噴き上げ、自分でも体が別人の様に感じる程です。
ヘロヘロになった私は友紀さんに身体を洗われ、息子を迎えに行く頃には疲れ果てています。

そんな暮らしがヵ月以上も続き、私は身も心も友紀さんに支配され逆らう事が出来ませんでした。
夫との行為も禁止され、陰毛は全て剃られマンコにはピアスが開けられたんです。
玩具もいつの間にか大きくなっていて、気づかないうちに私のマンコはガバガバに拡張されて
いました。

もう終わりにしないと旦那にも何れバレテしまう。そうなれば家庭も・・・。
そう思い居ながらも。彼女の呼び出しに断る事も出来ず、彼女に命令されるがまま裸にされ
玩具で逝かされる私。そんな中、友紀さんはお尻に浣腸を差し込んで来たんです。
 「恵ちゃんのマンコ緩くなっちゃったから、今度はこっちで楽しませてね」
 「そ・そんな!そこは・・・」
 「恵ちゃん、お尻突き出しておねだりは・・・」
 「友紀さん!もう許して・・・」
 「許してって言いながらもここからダラダラとダラしない汁が溢れているわよ」
 「それは・・・」
彼女の指摘に反論する事も出来ないまま、私は巨大な浣腸をお尻の穴に差し込まれました。
何度も何度も注入され、もうお腹がパンパンになり痛いんですが、彼女はそんな私の穴に栓をして
限界まで出させてくれません。
もう爆発寸前で、栓を抜かれ私は彼女の前に大量の糞を出させられました。
何度も同じことを繰り返され、腸内を綺麗にするとバイブを差し込んできます。
初めての感触でしたが、エッチな身体に変えられて私には快感に感じてしまったんです。
彼女の陰部に装着された巨根に差し込まれ、何度も出し入れを繰り返されると、私はお尻でも絶頂を
味わい、潮を噴いていました。
新たに加わったアナルプレーは毎日行われ、意とも簡単にバイブを食い込んで行く穴!
マンコとアナルの同時攻めに私は意識を失う程の感覚に見舞われ虜となって行きました。
彼女はSMプレーも私に教え込み、8か月もするとすっかり私は彼女の奴隷と化したんです。
息子の向かえは浣腸液で満たされたアナルに栓をされノーパン姿です。
彼女はそんな私に容赦なく近寄りマンコに指を入れて来ます。
もう眼界に栓から漏れる浣腸液が太股を伝って流れます。
子供の後ろで、私はお漏らししながら付いて行くんです。

そうして、息子も1年を迎え年長組になりました。
夫との夜の営みは禁じられながらも、避ける訳に行かず3ヶ月に1回位で行われますが、
夫はシンプルで、布団の中で全て行われるので私の体の変化に気づいていない様です。
アソコはガバガバで、夫の物では全く感じる事が出来なくなりました。

そして先日友紀さんに紹介された人・・・それは男性だったんです。



純愛・恋愛 | 【2022-12-01(Thu) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

息子の彼女が元カノの娘

今年の春先、高校生の息子が
サキちゃんという彼女を連れてきた

最初、彼女を見たとき俺は思わず

「エッ!?」

そして、彼女の母親の名前を聞いて確信した

世の中にこんな偶然があるなんて・・・

そう、彼女の母親は高校生の頃から7年間、付き合った元カノだった

別れたきっかけも、決して嫌いになった訳では無く、今考えるととても些細な事だった

そして、最初にサキちゃんを見た時はびっくりした

何から何まで本当に、母親にそっくりだったから

小柄な身長に大きな胸、たれ目でくりっとした瞳、愛嬌のある鼻に猫っ毛

そして何よりも、ふわっとした
雰囲気と声がそっくりだった

サキちゃんに話しかけられると
懐かしさと共に、ドキドキしている俺がいた

そして、息子がサキちゃんと二人で部屋に長時間籠もると落ち着かずイライラしている俺もいた


息子よ、よく聞け!!

俺の方がサキちゃんを知っているはずだ!

あれだけ、サキちゃんは母親に似ているのだから、感じる場所も同じはず

サキちゃんも母親と同じように
頭を撫でられキスをされると嬉しいはず

後ろから首筋を舐められ
乳首を優しく転がされると感じるはず

クリトリスの皮をめくり、舌先で円を描くように、ゆっくり舐められると鳴きそうな声を出して逝ってしまうはず

そして、挿入してからも激しく突かれるのでは無く、ゆっくり上壁を押し上げるように突かれたり、子宮口にペニスを押し付ける様にされると、きっとサキちゃんも母親と同じように、潮を噴き、
痙攣しながら逝き続けてしまうはず

どうだ息子よ!俺の方がお前より、ずっと、ずっと・・・


このままでは、息子の彼女に
いつか手を出してしまいそうで
怖いです

誰か助けて下さい!



純愛・恋愛 | 【2022-11-30(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

息子の同級生

私は、46歳の主婦です。家族は主人と息子です。
息子は、去年高校を卒業し大学に進学して地方で一人暮しをはじめました。
夫は多忙で家で独りで過ごす事が多くなりパートでもはじめようかと近くの
スーパーで食品の係のパートをはじめました。
ある日のお昼休み、ご飯を食べてると「おばさん」と声をかけられました。
息子の同級生だった進君でした。
彼はクラブも一緒で時々帰りに家に寄ってた子でした。
卒業後このスーパーに就職して営業の見習をしてるとのことでした。
その日から顔を合わすごとに色々な話をしてパートに行くのが進君のおかげ
で楽しくなりました。

彼が休みの日、家を訪ねて来ました。
息子の話や彼の今の話などをしてる内にお昼になりご飯を作って一緒に食べ
ました。
それから休みの日はよく彼とこういう時間を過ごすようになりました。  
私も進君も意識しないうちに距離がなくなってきてました。
最初はテーブルを挟んでましたがDVDとか見るときはソファーで隣に並ん
で見ました。
そしてあるラブストーリーのDVDを見てるとき彼が肩に手を回してきまし
た。
私は彼の肩にからだを預けてしまいました。
彼の手が私の顔に触れ目と目があい自然に口付けを交わしました。
20歳も離れてる彼のキスは私の中の女を目覚めさせました。
彼の手が震えながら胸にかかるのがわかります。
彼は「おばさん」と言って私を強く抱きしめながら強いキスを重ねてきたの
です。
舌が私の口の中に入ってきて胸を強くつかまれました。
そのままソファーに倒れた私の首筋に彼の舌がはってきてブラウスのボタン
をはずされました。
「いや」と言って抵抗したものの若い力にはかないません。
少し気を失ってしまい気が付いたら私は下着だけで彼は服を脱いでるところ
でした。
「おばさん、オレ昔から好きだったんだ」
進君はパンツを脱ぐと私の手を取り触らせ私の最後の一枚をするっと脱がせ
ました。
「おばさんきれいだ」進君はゆっくり挿入してきました。
夫とは比べ物にならないくらい力強さで彼が動き何度も
「おばさんのおまんこ凄いよ」
と言われました。
彼は私の中から飛び出ると凄い量の精液を私の身体にかけました。
「気持ち良かった,おばさんオレの彼女になって」
彼の腕に抱かれそう言われました。
若いというのは凄いです。10分も立たないうちにもう一度進君は私の中に
はいってきて今度は膝の上に抱えられるような体位でずっとキスをされたま
ま中に出されてしまいました。
「やばいよね」
彼は私を抱えたまま浴室に入るとシャワーで私のあそこをほじるように流し
たのです。
シャワーの勢いで「あん」と声が出てしまうと彼は嬉しそうに私の足を広げ
あそこに舌をはわしてきました。
立ったままクリトリスや膣内を舐められるのは初めてで私は凄く感じてしま
いました。
彼の舌がアナルまではってきます。
彼の両肩に爪が食いこむくらい手に力をいれないと倒れそうな快感が身体中
をかけめぐりました。
たぶん自分ではきずかなかったのですが切ない吐息が浴室に響いていたので
しょう。
私は湯舟のふちに座らせられると
「おばさん同じコトして」
彼のチンポを咥えさせられました。
あまりフェラの経験はありませんので歯が当たるたびに彼の「いて」という
声が聞こえました。
フシギと彼のチンポは汚いとかいやと思えずに自然に口を手が動きました。
「くっ」彼が私の頭をつかむと同時に彼の精液が口に流れ込んできました。
私がむせてると彼は私の腰を持ち上げ入れてきたのです。
射精したばかりなのに硬いままで。

その日から私は進君の彼女になりました。
彼は少しSの気があるようで私に色々と試してみたいと言ってます。
私は若い彼の存在が夫以上になる前に別れようかと何度も思いますが彼に抱
かれるたびに彼のことがどんどん好きになっていくのがわかります。
まるで10代の女の子のような気持ちになるのです。
彼は今、3Pをしたいといってます。彼ともう一人の男性とのSEXです。
進君以外には抱かれたくないと言ってますが、少し興味があるのも事実で
す。
私はもう普通の主婦に、息子の母に戻れないのかな。それでもいいから女と
してもっと色々なことを知っておいたのがいいのか悩んでます。



純愛・恋愛 | 【2022-11-29(Tue) 21:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

息子の気持ちを解れ

息子は今、大学生です。まだ幼稚園の頃、A君という友達だ出来ました。また彼の母親とも仲良くしていました。彼は息子とは違い成績はよく小さい頃はよく遊んでいました。もちろん高校は違います、だって彼の成績は抜群でしたから。
ちょくちょく我が家には遊びに来ていましたが何か息子の様子が変。私は問いただしました。「最近、僕のこと馬鹿にするようになってきたんだ。本当は彼のお母さんは遊びに行ってはダメと言ってるみたい」
唖然としました、あんなに仲良かったのに。彼の母親とも仲良かったのに。そのときから私はA君にも成績の悪い息子の気持ちを解らせようと、落としいれようと考えました。
彼に勉強が手につかないようにするためにはどうしたらよいか、何が一番なのかと。何日か考えた挙句、他人にはバレナイようにする、彼の一番の興味を持って接する。と言う考えです。今から考えれば余り難しくはありません、「私自身、そう女を使えば」。ちょうど夏休みで彼は図書館で毎日勉強している事をしりました。その日から私の計画は始まりました。
図書館で偶然を装い彼に接近していきました。もともと顔見知りだからそんなには彼も拒否はありませんでした。計画は夏休みも終わりに近づいた頃、お互い打ち解けるような関係になった頃実行しました。
彼の両親は旅行に出かけるとの情報をえました。主人は短期の単身赴任中で家にはいません。息子にはいろいろと理由をつけて旅行にいかせました。
「夕食でも」との口実で彼を招きました。食事中、彼女はいないと以前聞いていたのでなるべく「私(女)」を意識させるように少し下ネタも混ぜ話をしました。私は胸元を少しあいた緩やかなシャツを着ていました。もちろんこれも計画を意識しての事です。前かがみになると目立つような濃い目の色の下着と谷間が少し見えるようなシャツです。下ネタ話もあり彼の視線は計画とおりです。
私は突然に彼に対し「おばさんの下着、見てたでしょ」彼はうつむいたまま何も言いません。少し萎縮させてから、今度は優しく「若いんだから仕方ないよね」と言いながらソファーに行き「横に座りなさい。来ないと下着見てたとお母さんに話すわよ」。ゆっくり隣に来ました。
「こんなおばさんの下着でも見たかったの?」彼の股間はズボンの上からもわかるくらい盛り上がっていました。「キスしたことある?」「ありません」「そうなの、勉強ばっかだもんね。したいと思ったことないの」「あります」とうつむきながら答えました。「おばさんでも良かったらしちゃおっか、やっぱり嫌かな」彼は「したい」と一言。
彼の顔を上げさせゆっくりと唇を合わせました。初め閉じていた口は私が舌を入れようとするとゆっくり口を開けました。当然のように彼も舌を入れてきますがやはり初めて、オドオドしています。私は手を彼の股間の上に持っていきゆっくり撫でると「うっ」と。
「おばさんの下着見たいと言ったよね、見せてあげる」私はゆっくりシャツを脱ぎ彼の手をブラの上に導きました。「どう、柔らかいでしょ、これはおっぱいよ」「恥ずかしいけどもう少しだけ見せてあげる」私はホックを外し彼の目の前でブラを外しました。「あの~触っても良いですか」「もちろんよ」両手で胸に触り少しだけ揉んでいます。ここからが本当の勝負、とばかりに私は少しの喘ぎ声と手は彼の股間に。「お上手、おばさん感じちゃった。頭のいい人は何をやっても上手だね」彼は得意げに続けています。本当は感じていないのに、痛いくらいなのにね。やっぱり単純。
「おばさんだけ感じちゃって恥ずかしいよ。A君のそれ脱いじゃおか」主人以外の男性経験の少しだけですがある私。高校生なんか簡単です。もう一つこれも見たいな、と股間に顔を近づけました。これにはさすがに動揺していましたが半ば無理やりに脱がせもう全くの裸にさせました。
「大きいね、どうして欲しい。遠慮しなくて良いよ」「あの~フェラチオ」「よく知ってるじゃない」
少しだけしごきながら口に含みました。すぐに「だめ、だめ、だめ」と。一旦離し、「いいよ、口の中に出しても」もう一度続けました。すぐに口の中のモノは更に大きくなり青臭い体液が口の中に充満しました。
「どう、気持ちよかった」「はい、はじめてです」「そう、良かったわね。今度はおばさんも満足させてくれる、A君の大きなこれで」
彼の目の前で私は全裸になりました。「よく見て、ここに今からA君のおちんちんが入るのよ」ゆっくり見ています、私は少し濡れてしまいました。
「さあ、そこに横になって」と床に彼は仰向きになりました。もう一度彼のモノを含みそれから彼に跨りました。「いいの、初めてなのにこんなおばさんで」「お願いします、おばさんとしたいです」
私は手を添えゆっくり迎え入れました。少し動いたかと思った時「いく~」とA君
「そう、おばさんもいきようよ。A君の記念日だからそのまま出していいからね。心配しないで」私はこの計画のためにピルを服用していましたから。
思いっきり彼の体液は子宮目掛けて飛んできました。私は彼との結合を解きお腹の上に座りました。そう、体内から流れ出る彼の体液を見せるためです。
その後、彼から会いたいとメールが頻繁にきました。月に1-2回は逢って彼を受け入れました。その頃から当然の事ながら成績は下がる一方でした。
頃合を見計らい関係を絶ちました。今、A君は受験に失敗し結局高卒です。
一人の若者の将来を奪ったのは私なのかもしれませんが、昔のままでずっといてくれたらこんなことしなくて済んだのに。でも、私は後悔していません。子供のことを思う母親の気もちは強いのです。それがたとえ世間に反していても



純愛・恋愛 | 【2022-11-29(Tue) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

息子の嫁に激しい性欲を覚えます。

私は現在定年退職をし、週に3度ほど嘱託で以前の会社に雇われている62歳の男です。
退職金を住まいのリフォームに充てて、息子夫婦を住まわせました。
息子は32歳、嫁は30歳です。
同居生活も1年半近くになりましたが、最近はますます息子の嫁に対しての「想い」が
激しくなってきております。
というのも、私自身の「精力」が今だ衰えてはおらず、生来からの「セックス好き」が、
妻の死以来、解消される事がなく、蓄積されてゆく一方だからです。
今でも月一回の風俗店通いをして、たぎる性欲を発散させているのですが、どうしても
完全に欲求が鎮められる事はなく、翌日にはもう、漲っているほどです。
そうなると、やはり「身近な女」である息子の嫁に視線が張り付いてしまうのですが、
私の「肉体的」なことばかりではなく、息子の嫁のルックスにも惹かれる条件があります。
死んだ妻の若い頃にどことなく面影が似ていることもあり、思いは募るばかりです。
孫の世話にかこつけて、息子夫婦の居住スペースにほぼ毎日足を踏み入れるのですが、
私の五感は、そのときはすべて「嫁」に向けられております。
嫁の体臭や息使い、日々の着衣からしぐさに至るまで、私は彼女から発せられるもの
全てを吸収しようとさえしております。
事ほど左様に息子の嫁を思い、夜な夜な漲る性欲を自慰で鎮めていたのですが、息子が
社命により、単身赴任を余儀なくされた頃から私自身に押さえが効かなくなったのを実感
しております。
孫は平常、保育園に預け、嫁も出社しているのですが、息子が不在となってからは家事の
一部をも私が請け負う事になったのです。
とわ申せ、プライバシーにかかわる部分の家事は依頼はさえはておりませんが、3歳の 
孫の悪戯にかこつけて、この頃から嫁の下着に手を出すようになりました。
孫を寝かしつけてから洗濯籠や洗濯機内を開け、嫁が身につけた下着類を手に取り、それを
楽しむのです。
一通り、ニオイを嗅ぎ、嘗め回した後は、私自身が全裸になり、嫁の下着を身につけるのです。
股間に痛いほど食い込むパンティの感触を楽しみ、パンストは伝線しないよう、細心の注意で
脚を通し、ブラジャーは上半身につけることがかなわないので、かぶるように頭につけます。
パンティの肌触りとパンストの締め付けが私を高ぶらせます。
いきり立った肉棒をこね回すように下着の上からいじくりまわすだけで射精に導かれます。
幾ら洗濯物とはいえ、精液を下着につけることはできないので、急ぎ用意したティッシュに
射精しますが、この快感を体感するともう次のステップを求めてしまいます。
「嫁の下着の一切を画像に残す」という仕事です。
そのために買い求めたデジカメで、パンティ12枚、パンストやタイツ類10本、ブラジャー
8枚、スリップ5枚、水着2枚ほどを画像に取り込みました。
みな、この1年近くの仕事の集大成です。
その画像のほかに嫁自身も撮影します。
適当に「息子の画像つきのメールを送るよ」などとそれらしい事をいい、実際に数枚は息子に
メール添付しますが、後は私自身の趣味のためです。
孫を気付かれぬようファインダーから外し、嫁の全身やパーツのみを撮影します。
その画像を夜、自室で眺めながら「今日のパンティはこれかな?」「このパンティならこのブ
ラかな?」「パンストの色が濃いので、パンティはこれをはかせよう。」など、取り集めた画像
を元に今日の嫁の下着類を想像し、自慰にひたっておるのです。
そして翌日は、誰もいなくなった浴室に出向き、自分の推理の結果等を検証するのです。
それを繰り返すうちに嫁の「パンティローテーション」がわかるようになりました。
生理日が入って狂うこともありますが、最近ではほぼ、どんなパンティを身につけているかが
わかります。
スカートの下のパンティが、義理の父親に弄られているとは、思いもしていない嫁の振る舞いに
さえ、激しく欲情してしまいます。
「今日のパンティはこれだね?」と嫁に画像を見せてやりたくなる衝動に駆られます。
ちなみに先日は、濃い目のパンストをはいていたので、生理中でもあり、生理用のパンティを
はいておりました。
嫁の帰宅まで後4時間ほどです。
これを打ちながら今、全裸で嫁の蒸れたニオイのするパンストを一枚だけ身につけております。
いけないとは思いながらもどうにも止める事ができません。



純愛・恋愛 | 【2022-11-28(Mon) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*