2ntブログ

息子の友達に

私がこれからお話することは、約十四年前の出来事です。その頃の私は四十歳で、息子が十四歳でした。息子の祐次には、同級生の悪友が一人いました。その悪友の名前は鹿島というのですが、その子は祐次の小学生からの友達ではありましたが、大将と子分みたいな関係だったようです。そんな関係も中学生になる頃には、鹿島君が私立の中学に入り、祐次が県立の中学で剣道部に入ると同時に疎遠になっていっていたようです。
でも一年くらいして、その鹿島君は私立で問題を起こしたらしく、県立の中学に転校してきました。それから、また二人は以前のような友人関係になりました。
 そして、ある日、遊びにきた鹿島君に祐次が勉強を理由に断ったことから歯車が狂い始めました。何度となく断っても、しつこく誘ってくる鹿島君にごうを煮やした私が出て行き、強い調子で鹿島君に注意しました。すると、鹿島君は「おぼえてろよ、祐次もおばさんも酷い目に合わせてやる」と言いました。
 私は子供の虚勢だと思って、その言葉を聞き流していました。でも、それは大きな間違いでした。その三日後あたりに、その鹿島君がまたやってきました。学校の帰りだったのか、学校の制服のままでした。この時は、息子は部活で留守にしていたので、私はそのことを鹿島君に伝えました。

「今日は祐次に会いに来たわけじゃないんだ。おばさんと少しお話がしたくて。・・・」

「お話?・・・」

「そう。祐次についてのことなんだけど。ちょっと長くなりそうだから、玄関に入っていい?」

「ええ、いいわよ」

 この時に玄関内に入れなければ、もう少し違った対処ができたかもしれません。バタンとドアが閉まり、外には中の様子は見えません。でも、私は気にしませんでした。だってまだ○学二年生だったんです。

「お話ってなに?」

「あのさ、俺が私立で上手くいかなくて、県立の中学に入ったこと、おばさん知っているよね?」

「ええ、知っているわ」

「俺さ、まだ新しい中学に転校したばかりで、親しい奴すくないんだ。だから、祐次の所に遊びに行くんだ。でも、この前、遊びたかったのに、遊んでくれなかったじゃない?」

「だって、それは祐次が勉強をしていたんですもの。しょうがないじゃない。勉強の後にすればいいんじゃないの?」

「勉強なんて後でも出来るじゃない。俺、祐次に断られてスゲー、ショックでさ。・・・ちょっと部活を初めたからって生意気になったよなアイツ。だからさ、俺、祐次をイジメることにしたから」

「ちょっと待って。なんでそうなるのか、おばさん全然わからないんだけど。・・・」

「そんなことを言っても無駄だよ。すんげー虐めまくって、学校に行かれないようにしてやるんだ」

 私は背筋が冷たくなる思いでした。前々からちょっと悪友として近所で有名だったし、鹿島君は私立に行くくらいに頭がいい。祐次を虐めたりしたことも過去に何回かあるようでした。本気になれば出来なくもないのです。

「ちょっと待って。そんなこと、おばさん許さないわよ?」

 私はちょっと威圧するように鹿島君を諌めました。でも、鹿島君にはまったくその脅しは通用しませんでした。

「どう許さないの?おばさんがそんなことを言ったって、虐めってやつは周りの奴らに広まるもんなんだ。俺を抑えたって虐めはなくならないよ?」

「・・・・」

 確かにその通りです。いくら私が祐次を守ろうとしても、学校内でのことまで手が回るわけがありません。それに、祐次は小学校時代から虐められ気質を持った子でした。

「それでさ、おばさん。提案があるんだけど」

「提案?」

 私が聞き返すと鹿島君は意地の悪そうな笑いをして、私に近づいてきました。

「そう。もしおばさんが、俺の言う事をなんでも聞いてくれたら、祐次には一切関わらない」

「なにそれ?ふざけているの?・・・そんな提案呑めるわけないじゃない。馬鹿にしないでよ!子供のくせに!」

 私は激怒しました。もともと私は気が強く、気に入らないことにはとことん言う方なのです。そんな私の様子を見た鹿島君は少し驚いたような顔をしたものの、余裕を取り戻したように口元に笑みを浮かべました。

「それじゃあ、こう言った方がいいかな。おばさんさぁ、前に祐次のおちんちんの皮を無理矢理に引っ張って剥いたんだってね」

 私は衝撃で身が固まりました。何故、そのことを知っているのでしょう。確かに私は鹿島君の言うとおりのことをしましたが、包茎だった祐次のおちんちんが、完全に剥けるようにとの思いからでした。欲望ではなく親心といったものでしょうか。でも結局は痛がらせただけになってしまい。後ろめたい気持ちになった出来事です。

「あいつ、痛かったって友達に話したらしいぜ。祐次のやつ純真だよな。なにを話してはいけないかまるで分かってないんだから」

 クスクスと笑う鹿島君に私も同感だと感じました。祐次は性や世間にたいして幼すぎるところがあるのです。

「それでさ、このこと広めて、クラスの皆やクラスの親が知ったらどう思うかなぁ。・・・その内に町内会でも噂になったりしてな。噂って尾ひれがつくものだから、近親相姦親子ってことになるんじゃないの?どう?」

「どうって。・・・」

 私が二の句を告げないでいると、鹿島君は靴を抜いで家にあがってきました。背の高さは私と同じくらいで目と目がちょうど合いました。

「ちょっと。・・・勝手に上がらないでよ」

 私が押しとどめようとすると、鹿島君は私の両肩に手を置いてグイグイとキッチンの方に押していきました。同じくらいの体型でも、男の力には女はかなわないのです。私はそのことに気づくと血の気が引く思いでした。

「おばさんさぁ。どちらがお互いの為にいいのか。すぐに分かることじゃん」

「ふざけないで。・・・」

「じゃあ、祐次の虐めと近親相姦の噂を学校中にばら撒いてもいいわけだ」

「それは。・・・」

「虐めや噂が広まったら、祐次のやつ学校に行けなくなるだろうなぁ。・・・それはそれで楽しいんだけど、条件次第ではしないでもよくなるんだけどなぁ~」

 鹿島君は私の押しとどめようとする手をすり抜けて、キッチンのある部屋のドアを開けて中に入ってしまいました。

「ちょっと勝手に入らないでって言ってるでしょう?」

 鹿島君はL字型のシステムキッチンの中に入ると、流し台の上に腰を落ち着けました。私は鹿島君の方へ行き彼の腕を引っ張りました。

「さっさとここから出て行きなさい。警察を呼ぶ事になるわよ?」

「いいぜ、ご勝手に。・・・そのかわり、祐次は学校に来れなくなるし、この町内会でのおばさんたちの立場は悪くなるよ?」

「・・・・」

 私は逡巡しました。本当に自分たちに良い方向に行くにはどうしたらいいのか。鹿島君はそんな私をあざ笑うかのように言いました。

「よく考えてみなよ、おばさん。ちょっと俺の言う事を聞くだけで、まるく収まるんだからさ。ね?・・・」

 鹿島君は私の腕を取ると抱き締めてきました。そして、自分の股間を私の太ももに擦り付けてきたのです。コリコリとした感触が太ももに当たりました。私はそれがなんなのか悟り、振りほどきました。

「・・・・!」

 あまりの出来事と不意打ちに声がだせませんでした。そんな私をあざ笑うかのように、また腕を取り自分の股間の方へ無理矢理に引っ張りました。そして、腰を寄せてまで押し付けてきたのです。グイグイと鹿島君のズボン越しに彼のおちんちんを感じました。

「おばさんさぁ。祐次の包茎ちんこ触るくらい欲求不満なんでしょ?・・・あいつのちんこより、俺のおちんちんの方がいいと思うけどなぁ」

 そう言いながら擦り付けてきます。

「やめて。・・・」

 私はなさけないことにこれだけ言うのが精一杯でした。

「いいじゃん。ちょっと俺の言う事聞いてくれれば、いいんだから。・・・ほら、おばさん。俺のおちんちん触ってよぅ~」

 おちんちんが段々と固くなってくるのが、こすり付けられる私の腕に伝わってきました。私は必死にその感触から身体を動かして逃れようとしました。

「やめなさい。・・・今ならまだ許してあげるから。・・・」

「それはこっちのセリフだよおばさん。・・・あまり手こずらせると、虐めも噂も広めるからね。・・・ほらぁ、どっちがお得か考えてみてよ。祐次は元気に学校に行けるんだから。・・・祐次の為にやってあげなきゃ。ね?。・・・これから、抑えてる手をどけるけど、俺の股間に手を置いてないと、交換条件はなしにするからね。俺は言った事は絶対にやる男だから。いい?・・・離すよ?」

 私の右手を掴んでいた鹿島君の両手が離れました。そのかわり、私の右手は鹿島君のおちんちんのある股間に手を置いていました。もっと時間があれば、私にも冷静な判断ができたでしょう。でも、不意打ちの訪問でここまでのことを子供にやられるとは思ってもみなかったので、頭が混乱して正確な判断が出来ませんでした。手が動かなかったのです。

「良かったよ。・・・おばさん。それで正解だよ。俺だって祐次に酷い事はしたくないんだからさ。・・・おばさん。もっと強く掴んでくれる?俺、それじゃあ、何にも感じないよ」

 そう言うと催促するように腰を上下に揺すって、私の右手に股間を擦りつけてきます。私は鹿島君を睨みつけながら、しょうがなく少し強めに股間を掴みました。手のひらに彼のおちんちんの感触がしました。

「もっと強くだよ、おばさん。俺が満足しなかったら、交換条件はなしにすんからね」

 私はこの場を乗り越える為に考える時間がほしかった。だから、少しの間は鹿島君の言うとおりにしようと思いました。また少し強めに掴みます。ますます彼のおちんちんの形が感触で分かるようになりました。

「どう?・・・まだ半立ちくらいだけど、結構おおきいでしょ?」

「・・・」

 鹿島君の言うとおり半立ちなら、確かに彼のおちんちんは大きいかもしれない。そう私は感じました。鹿島君のおちんちんを意識させられたせいでしょうか。この時の私は意識が彼の股間に集中していっていました。意識が下にいっていたので、鹿島君が私の胸を服の上から両手で掴むのを許してしまいました。

「や。・・・」

 私は身体を捻って逃れようとしましたが、鹿島君は逃げる私の胸を追うように掴んできます。逃げようとしても私の右手はずっと股間においてあるので、上手く逃げられるわけがありません。

「おばさん。お互いに揉みあいっこしようよ」

 そう鹿島君が言うと、私の胸を服のうえから大きく円を描くように揉んできました。五月の半ば頃だったので私のいでたちは、白いブラウスと膝だけのスカートでした。

「や・・・やめなさい。・・・」

「おばさんもおれのおちんちんを揉んでよ。お互いに気持ちよくなろうよ」

 私の制止の言葉も気にせずに、鹿島君は私の胸を優しいタッチで揉んできます。先程と同じように催促するように腰を上下に揺するので、仕方なしに彼のおちんちんを揉みました。

「ああ!いい。いい感じ。すっげー気持ちいい。・・・」

 鹿島君は荒い息遣いをしながら、もっともっととでも言うように、私の胸を荒々しく揉み始めました。
 キッチンの部屋の中には、大きな窓があり、カーテンを引いているとはいえ、白い薄く透けるものだったので、外から人が見れば見えてしまうかもしれませんでした。そんな所で息子の同級生にこんなことをされている。そんな異常な状況下におかれて私もまた、だんだんと興奮状態に陥っていました。どんどんと固くなって、大きくなっていく鹿島君のおちんちんを無意識に揉んだり上下に擦ったりしていました。

「いいよ、おばさん。その調子」

 鹿島君はそう言うと、今度は荒々しく揉まれて、腰の裾から出てしまったブラウスを引っ張って完全にだしました。そして、ブラウスの中に手を突っ込んで、歪んでしまったブラジャーの中にまで進入してきました。乳首に指が到達すると、転がしたり挟んで引っ張ったりしてきました。

「駄目。・・・」

「いいじゃん。おばさんの乳首の感触きもちいい~。・・・ああ~。立ってきてるよ、おばさん」

 鹿島君の言うとおり、私の乳首は段々と突起してきているのを感じました。それを、転がしたり引っ張ったりされて、私の胸に鈍痛に似た快感が襲ってきました。今、思えばその触り方は手馴れていて、経験があったのでしょう。事実、後で彼に聞いた話だと、○学一年生の時に女の先輩で経験を積んだらしいです。

「ほら、おばさんも、こんな服越しじゃ詰まらないでしょ?・・・ちょっとこのままじゃあ、痛いしおちんちんだすよ」

 鹿島君は学生ズボンに手をかけるとベルトを外して、一気に脱いでしまいました。股間のふくらみがトランクス越しに大きく出っ張って見えました。私が呆然とその光景を見ていると、鹿島君が手を掴んできて、トランクス越しにおちんちんを掴まさせました。
 トランクス越しに触らせられるおちんちんは熱くて固くて大きかったです。薄い布一枚ごしに感じるおちんちんの感触に私は興奮状態になっていました。もう触ることしか頭になかったです。

「すっげ~興奮する。・・・おばさん。もっと触りたかったらトランクス脱がして」

 乳房を揉んでクリクリと乳首を転がしながら、鹿島君が催促してきます。私は熱病にうかされるように彼の言葉に従ってしまいました。トランクスに両手をかけて、ずるんと下に下ろしました。トランクスを下ろした時に、私はブルンッと出てきた鹿島君の固く大きくなったおちんちんをまともに見てしまいました。
 


大きい。見た感じで私の夫よりも一回り大きいのが分かりました。後で彼が言うには、十八センチだそうです。もちろん、鹿島君のおちんちんは、私の息子のように包茎ではありませんでした。

「どう?おばさん。俺のおちんちん。・・・祐次のよりも触り心地がよさそうだろ?」

 クスクスと笑いながら、鹿島君は私の右手を掴んで、むき出しになった彼の大きな肉棒に持って行きました。私の手が彼の肉棒を掴んだとき、ビックンと嬉しそうに肉棒が波打ちました。熱くて、固くて、太くて、大きなおちんちん。

「上下に擦ってみてよ」

 そう鹿島君に言われて、私は肉棒に添えた手を上下に動かしてしまいました。この時の私は正直、嫌悪感もなく欲望からやっていたと思います。上下に動かすとその長さと太さが実感できて、その雄雄しい感触に、ますます私の頭をフワフワとさせて、性欲がふつふつと湧きあがっていました。

「ああ~。いいよ。気持ちいい。おばさん上手。・・・ゆっくりとやってね」

 そんな鹿島君の言葉が私をもっと興奮させて、嬉しいような気持ちにさせます。ますます、肉棒を掴む手に力が入り、緩急までつけて上下に擦っていました。
 私が鹿島君のおちんちんの感触を楽しんでいると、彼の手が下に伸びてきました。スカートを上にたくし上げながら、私のお尻を揉み始めました。私は彼の肉棒を触りながら、お尻を触ってくる手の刺激を追っていました。そして、とうとう私の股間に鹿島君が手を伸ばしました。私のあそこをもみ込むように触ってきました。私はその感触から逃れるように腰を逃がしました。

「駄目。・・・それだけはお願い。・・・」

「どうして?ずるいよ、おばさんばっかり楽しんで。・・・」

「た。・・・楽しんでなんかいないわ。・・・」

 心の奥底にある欲望を読まれたような気がして、私は恥じいってしまいます。

「いいじゃん。俺のおちんちんを触ったんだから、こういうのは平等じゃなくちゃね」

 そういうと鹿島君は私のあそこをまた触ってきました。最初はまんこをなぞるように指で擦ってきました。

「あ、駄目、駄目。・・・」

 私はそういうものの、鹿島君はおかまいなしにどんどんと刺激を私のまんこにおくり続けてきます。とうとうこりっとした突起がでてきてしまいました。それを見つけた鹿島君はショーツ越しにクリクリと円を描くように刺激し始めました。どんどんとショーツが濡れていくのが自分でも恥ずかしいくらいに分かります。
 私は声がでないように唇を噛み締めました。それでも、喉奥からくぐもった音が漏れてしまいました。そして、私のまんこを刺激しながら、鹿島君は無言で一気に私のショーツを脱がしてしまいました。

「やぁ!・・・」

「これが、おばさんのまんこかぁ。・・・やっぱり大人だなぁ。・・・毛深いね」

「もうやめて。・・・」

 私が哀願するように言うと、鹿島君は

「もう遅いよ。おばさんだって分かってるでしょう?」

 そう言って、私の頭を掴んでブチュッとキスをしてきました。私は唇を噛み締めて抵抗しました。すると、鹿島君はむき出しになった濡れそぼったおまんこに、一本の指をズブリと刺し込んできました。そして激しく中をかき回しはじめました。
 膣内に入った異物の感触に私は、おもわず「あ・・」と言ってしまいました。それを待っていたかのように、鹿島君の舌が私の唇の隙間をこじ開けて進入してきました。縦横無尽に暴れまわる鹿島君の熱い舌。おまんこをかき回す指。無慈悲に送られる快感に私の頭はボーとしてしまいました。抵抗が弱まったのをよいことに、鹿島君の舌が私の舌をからめとって擦り始めました。
 私はもう抵抗らしい抵抗はできませんでした。むしろ、積極的に鹿島君の舌に自分の舌を絡めるようになっていきました。ピッチャピッチャと淫猥な音が頭に響いて、ますます冷静な思考を取り去っていきます。激しく舌を絡めあい知らず知らずのうちに、鹿島君の腰に両手をやって引き寄せていました。しばらくキスを堪能してから、私と鹿島君は唇を離しました。二人の唇から唾交換で練られて粘っこくなった唾の糸が繋がっていました。淫猥な光景。

「おばさんのまんこ舐めたい」

 鹿島君はそう言うと私のスカートを上にたくし上げながらしゃがみ込みました。私はもう理性よりも性欲のほうが高くなっていました。まったく抵抗もしないで、鹿島君の唇と舌がおまんこに触れることを許しました。
 私のあそこはもう興奮で愛液で溢れていました。その愛液を啜るように愛撫してきました。ジュルジュルという音がキッチンに響いて。私はその快感を素直に受け入れながら、声をださないようにするのが精一杯でした。窓の外を見ると近所の知り合いの奥さんが自転車に乗って通り過ぎるのが、家の外壁越しに見えました。外からこの部屋を覗けば、鹿島君の愛撫に感じ入っている私の顔は丸見え。そう思うとよけいに興奮しました。

「うぅん!」

 私は喉奥で呻きました。鹿島君の指がマンコに入ってきたのです。しかも、二本の指を入れてきました。グチュグチュと音を立てながら激しく中をかき回されました。そして、充血してピンピンになったクリトリスを舌で押し付けるように円運動をして嘗め回しはじめました。ズン!と電気のような快感が私の頭に響いてきて、腰が勝手に鹿島君の刺激を追いかけていました。

「おばさん。すんげーいやらしい。・・・気持ちいいの?」

「・・・・」

 私は鹿島君の言葉を無視しました。こんな子供にこんなことを言われて悔しい気持ちと、快感で勝手に腰が動いていたことが恥ずかしい気持ちがあったからです。ただ快楽に身を委ねていました。鹿島君は十分くらいで指の出し入れと唇と舌での愛撫をやめました。急に止めたので怪訝に思っていると、鹿島君は私の手を取って、自分の大きく勃起したおちんちんに持っていきました。

「おばさん。今度はおばさんの番だよ。わかるよね?」

 私は頷くとおちんちんを掴みながら、鹿島君の前に跪きました。もう抵抗する気力は持ち合わせていませんでした。もう鹿島君に頭もマンコもグチャグチャにとろけさせられて、目の前にある立派なおちんちんを口の中にふくみ嘗め回すことしか頭になかったです。
 近くで見る鹿島君のおちんちんは、息子のおちんちんとはまるで違いました。太さや長さはもちろん、大きく膨らんだ亀頭。カリの高さも凄くて夫のものよりも立派なおちんちんでした。○学生の癖になんでこんなに立派なおちんちんを持っているのでしょう。ムッとしたような男の匂いが私の鼻を刺激しました。立派に勃起した○学生のおちんちんを目の前に、私は物凄く興奮していました。

「おばさん。早くしてよ」

 そんな催促の言葉に返事もしないで、私は鹿島君のおちんちんを舐め始めました。舌でその雄雄しく勃起したおちんちんを感じました。亀頭をペロペロと舐めて、棒の部分を上下に伝うように舌を動かしました。鹿島君は気持ちよさそうに顔を歪めました。

「おばさん。・・・くわえて。おちんちんを咥えるんだ」

 鹿島君は興奮しているのか息が荒かったです。おちんちんを咥える私ももう十分に興奮状態でした。口に亀頭を含んで一気にズッポリと勃起したおちんちんを咥えました。口の中を圧迫するような立派なおちんちんに私は陶酔してしまいました。夫のおちんちんにさえ、こんな風に美味しく感じたことはありません。
 私は鹿島君の男の味を味わうように、口に含んだおちんちんを舌で嘗め回しました。ジワリと滲んできた我慢汁を舌で舐め取りながら、その匂いと味も私は楽しんでいました。鹿島君は時々

「ああ、気持ちいい」と言っていました。

 唇をキュッと狭めて、一心不乱に首を大きく上下させて、鹿島君のおちんちんをフェラチオしました。肉棒の先端が喉にあたるくらいに深く咥え込み、ズルズルと強烈な吸引をしながら亀頭のカリまで唇を滑らせました。

「マジでおばさん上手いよ。・・・すっげー気持ちいい。・・・」

 鹿島君を見ると気持ちよさそうに顔を歪ませながら、時々、天井に顔を向けていました。そんな鹿島君の気持ちよさそうな様子に私はますます興奮して、肉棒に与える愛撫を強くしていってしまいました。亀頭に舌を這わせ嘗め回し、肉棒の裏筋を唇で強く吸引しながらしごきました。○学校の制服を着た息子の同級生に跪いて、夫よりも大きなおちんちんを咥えて首を振っている。そんな自分に興奮して酔っていました。鹿島君の肉棒をフェラチオする音が私の耳に響いて、その淫猥な音に激しく興奮しました。きっと部屋中に鹿島君のおちんちんを嘗め回す音が響いているでしょう。
 それから三分くらい経って、鹿島君のおちんちんがビクビクッとしたのを唇で気づきました。

「あ、・・・出そう!おばさん。出すけど口に出すから咥えてろよ」

 そう言うと鹿島君は腰を前後に揺らし始めました。もうすぐあの熱い精液が出てくる。・・・そう思うと、肉棒に手を添えて上下する舌と唇の刺激を強めました。そして、ワザと精射を促すように淫猥な音を立てておちんちんを吸い上げました。

「あ、・・・でる!おばさん出ちゃう!吸って!もっと吸って!」

 そんな鹿島君の必死の訴えに従うように私は肉棒を強く吸い込み、上下に唇でしごきます。

「飲んで!おばさん。・・・ああ!出る出る!」

 鹿島君は私の頭を両手で掴んで腰を私の唇に押し付けました。肉棒に喉をつかれて私はむせるように頭を後ろに逃がしました。それでも鹿島君に言われたとおりに、おちんちんから唇を離しませんでした。ビクビクッ!っと肉棒が痙攣したと思うと、私の口の中にドバッ!と熱い精液を出してきました。ムッとしたような独特の精液の匂いが口から鼻に匂ってきました。

「おばさん。吸って!吸って!」

 ビクビクッ!と痙攣するおちんちんを口で感じながら、私は言われたとおりに唇で上下にしごきながら、精射をうながす為に強く吸引しました。

「ああ!おばさん。・・気持ちいい。・・」

 私は鹿島君の精液を口の中に溜めながら、鹿島君の精射が終わるのをおちんちんを咥えながら待ちました。そして、出し終わったのを確認すると、精液が口からこぼれないように吸引しながら、肉棒から唇を離しました。私は口に溜まった精子を流し台に出して、水道で流しました。

「あ~あ。飲んでって頼んだのに。・・・まぁいいか。・・」

 残念そうに言う鹿島君。でもすぐに立ち直って、鹿島君は私に言いました。

「そろそろ、セックスしようか。おばさん」

 お互いに身なりを整えさせた鹿島君は、私を夫婦の寝室に連れて行きました。鹿島君は祐次の友達として、以前から家にあがっていたので、私と夫の寝室を知っていたようです。悦楽への欲望と快感の余韻が頭に残ったまま、私は言われるままに寝室に来てしまいましたが、寝室にあるピンク色のシーツのベッドと、紺色のシーツの二つのベッドを見て、その余韻から急に覚めて、絶望的な気分になりました。寝室に入った後、私は呆然と立ちすくんでいました。

「ね、ねぇ・・・やっぱり止めましょう。こんなこと間違ってるわよ。あなた、祐次の友達でしょう?こんなこと許されないわよ・・・」

 鹿島君はそんな私の言葉などお構いなしに、部屋のカーテンを引きました。部屋の中が暗くなると、今度は電気をつけました。

「そろそろ始めようか?」

 鹿島君は私の肩を抱いて、ベッドに連れて行こうとしました。しかも、二つのベッドのうちで鹿島君が選んだのは、夫の眠る紺色のシーツのベッドでした。私は恐ろしくなって、連れて行かれそうになって抵抗しました。

「止めましょうよ。鹿島君。こんなのやっぱり間違っているわよ」

「おばさんて馬鹿なの?散々俺のちんこ舐めしゃぶっといて、取りつくろったって遅いんだよ。・・・それにこれは祐次の為でもあるんだからさ。俺、祐次に酷い事したくないんだよね?」

 そう言って私のスカートをグイッとたくし上げると、むき出しになったマンコを弄りだしました。身なりを整えたのは表面だけで、鹿島君が下着をつけることを許さなかったのです。先程まで散々に弄られて、快感の余韻の残るマンコをまた弄られて、グチュグチュといやらしい音が聞こえてきます。指を二本も入れられて私に分からせるように激しくかき回してきました。気持ちがよくなってきて、私の頭がまた痺れるように麻痺してきました。

「・・・やめて。・・・ああ、お願い。・・」

「ほら、こんなにグチョグチョにしといて、無理するなよ、おばさん」

 鹿島君はズボンを脱いで、勃起したおちんちんを私に見せました。私はその逞しい大きなおちんちんを見て、もう自分は逃げられないんだと悟りました。

「分かったわ。・・・でもこのベッドは嫌なの、隣のベッドでしましょう」

「嫌だね。・・・ここっておばさんのベッドじゃん。・・・俺、こっちのベッドでしたいんだ」

 そう言うや私を強引にベッドに連れて行こうと腕を引っ張ってきました。そして、無理矢理に夫のベッドに押し倒されてしまいました。逃れようとしますが、強引に鹿島君が押さえつけてきます。

「イヤァ!止めて。・・・ここじゃ嫌!」

「おばさん。煩いよ。・・・俺さ、前に言ったよね。酷い事してやるからなって。・・・最初からそのつもりで来ているんだよ」

「あなたって子は!・・・なんて子なの!恐ろしい子。・・・」

 私は鹿島君の真意を知ると、心からそう思いました。○学生の子供がそんなことまで考えるなんて、間違っています。鹿島君はそんな私の言葉を聞くと嬉しそうにニヤリと笑いました。

「そうだよ。俺は恐ろしいんだ。俺を怒らせたらどうなるか、いやってほど分からせてやるよ。・・・言っておくけど、抵抗はしないでよ?交換条件が駄目になるからね」

「・・・・」

 私は悔しくて自分が情けなくて目尻に涙が出てしまいました。それに気づいた鹿島君は、目尻にでた涙を指で拭いてきました。鹿島君は困ったように眉根を寄せています。

「おばさん。泣いてるの?・・・おばさんたちが悪いんだよ。俺を怒らせるようなことをするから。でも、
言う事聞いてくれれば、うんと優しくしてあげるからさ。気持ちよくさせてあげるから」

 上着をたくし上げると、私の胸を円を描くように揉み始めました。すでに立っている乳首に舌で転がしたり、乳首をついばみながら、もう片方の乳首を軽く捻ったり。丹念に揉みこんでくる鹿島君の手で私のおっぱいは熱を帯びて、敏感になっていきます。私は気持ちよくなってはいけないと思いながらも、感じていました。
 鹿島君は私の胸を触るのも飽きたのか、上半身を反転させてきました。彼は私の下半身に顔を向けて、自分の下半身を私の顔に持っていったのです。そして、私のオマンコを指でいじり、舌で丹念に嘗め回し始めました。私の夫でさえ、マンコに口をつけることは少ないのに、鹿島君はまったく抵抗なくクンニができるようでした。ジュルジュルと愛液を啜る音と共に、私の意識は鹿島君に与えられる悦楽に浸っていきます。低い呻き声が出てしまいました。声をださないようにしても、抑えることができなくて諦めました。それが鹿島君を喜ばす結果になったとしても。・・・

「うぅ・・・んん・・・ふぅうう・・・んぅ・・」

「気持ちいい?・・・おばさんも俺のおちんちん、しゃぶってよ。一緒に気持ちよくなろうよ」

 鹿島君の執拗なマンコ責めですっかり理性が飛んでいた私は、その言葉に従って揺ら揺らと揺れていた、鹿島君の大きなおちんちんを咥え込みました。

「ああ!いい!気持ちいい!そう。そうやって、しゃぶって気持ちよくして」

 どのくらい経ったのでしょう。おちんちんを舐めしゃぶり、鹿島君にオマンコを苛められていた私は、どんどんとある欲求が沸き立つのに気づきました。私のお腹の辺りの奥の方が、ウズウズと痒いような感じになってきたのです。鹿島君の指がオマンコに刺し込まれて奥で掻き回されても、その疼きはどんどんと強くなってきたのです。私はオマンコから送られてくる快感と疼きを鹿島君に伝えたくて、おちんちんを今までよりも激しく舐めしゃぶりました。

「うわ。・・・おばさん。急にどうしたの?」

 急に刺激が強くなって、戸惑い気味に鹿島君がそう言うと、私の口からおちんちんを抜いて、反転してきました。私は舐めしゃぶっていた、鹿島君の逞しいおちんちんが急になくなってしまって、思わず口でおちんちんを追っていました。私は我に返るとその自分の行為が恥ずかしくてたまらず、向かい合う鹿島君の顔を見る事ができませんでした。

「もしかして、欲しくなっちゃった?」

 それなりに女性の経験があったからでしょうか、鹿島君は何となく気づいたようでした。でも、私はおちんちんが欲しいと思う気持ちと、夫のベッドで息子の友達とセックスしたくないという気持ちがありました。だから、鹿島君のおちんちんが欲しいなどと、言えるわけがありません。

「・・・・」

 答えない私を見て、鹿島君は言いました。

「俺、おばさんとセックスしたくなっちゃった。入れるよ?」

「・・・・」

 鹿島君は返事をしない私を見て、了解したと取ったのでしょう。コンドームをつけて、私のマンコに大きく反り返ったおちんちんをこすり付けてきました。

「いくよ。おばさん。・・・」

 おちんちんの先端を私のマンコに当てて、いよいよという時に私は両手でそれを阻止しました。やっぱり夫のベッドで他の男のおちんちんを受け入れる分けにはいかない。そうすんでの所で思って手が動いていたのです。

「おばさん。手が邪魔だよ。・・・」

「やっぱり駄目。・・・」

「このおちんちんを入れたら、もっと気持ちよくなれるんだよ?・・・それに祐次を守るためじゃないか。
おばさん、祐次のこと可愛くないの?アイツのためにおばさんは何かしてあげなきゃ。ね?」

 マンコを塞いだ私の手に鹿島君はおちんちんの先端を擦りつけて来ました。

「・・・でも。・・・」

「ここまで来たら、もう俺は後戻りできないし、それはおばさんだって分かっているでしょ?」

「あの子の為?」

「そうだよ。祐次の為じゃん。・・・ほら、手をどけて」

 鹿島君のおちんちんをマンコが欲しがって疼いていました。そして、祐次の為だと鹿島君に言われ、抑える手の力がなくなっていきました。鹿島君は私の両手を片手でどけると、一気に私のマンコの中にズブリとおちんちんを入れてきました。

「ううぅ~ん!」

 私は鹿島君の大きなおちんちんをマンコに入れられて、大きく唸りました。マンコの中に入った肉棒が奥まで入った時、言い知れぬ充実感があって、思わず熱いため息をだしていました。私は主人が始めての人で、他の人とは経験はありませんでした。予想していたよりも、ずっと奥までおちんちんが入ってきて、息苦しくなるほどでした。

「うわ~。すっげ~。気持ちいい。・・・動かしていないのに、おばさんのマンコが俺のチンコに絡み付いてきてるよ。・・・」

 確かに鹿島君の言うとおり、私のオマンコは鹿島君の肉棒の形が分かるほど食い締めていました。その充実感と気持ちよさは、夫よりも上でした。これで動かされたらどうしようと思ったほどです。

「動くよ、」

 そう短く鹿島君が言うと、太ももを両手で押さえながら腰を動かしました。マンコから腰にかけて物凄い気持ちよさが襲ってきました。ズルッズルッズルッと鹿島君の大きな肉棒がマンコの中をかき回すと、気持ちがよくてたまらなくなりました。

「ふぅ~ん。うん。・・・う~ん。・・・」

 私は声を抑えることが出来ず、呻き声をだしていました。

「おばさん。気持ちいい?」

「・・・うぅ~ん。・・・ふぅううん。・・・」

「おばさん。こういう時は答えてくれなきゃ。・・・」

 鹿島君は私の両足を持ち上げ、足を自分の肩に乗せました。そして、勢いよく私のオマンコに向かっておちんちんを突き込んできました。ズンズンとお腹に衝撃がきて、そのたびに快感の波が押し寄せてどうにかなりそうでした。

 鹿島君はさらに激しくピストン運動を始めて、ピシャッ!ピシャッ!と腰を打ち付ける音が響きました。私のおしりがクッションになって、腰を弾ませながら、鹿島君は激しくペニスを深くオマンコに突き刺してきます。子宮をおちんちんの先で何度も叩かれて、

「あぁ!・・・ああ!・・・んん!・・」

 と大きな喘ぎ声が勝手にでていました。頭が真っ白になる気分でした。

「ああ!・・・はぁああ!・・・はぁああ!」

「おばさん。気持ちいいの?・・・」

 私は喘ぎながら朦朧とした意識の中で絶対に言いたくないと思いました。すると、鹿島君は急に腰を動かすのをやめてしまいました。急に荒波のような快感から引き離されてしまい、私はどうしたの?という顔をしていたと思います。

「おばさんてさ、何にも言わないから分からないんだよね。気持ちいいのか答えてほしいな」

「・・・・」

 答えない私を見て、鹿島君は私の足を下ろし、腰を引いてマンコからおちんちんを出そうとしました。私は反射的に鹿島君の腰を両足で絡めて引き寄せてしまいました。それでも、鹿島君が腰を引いている為に半分くらいおちんちんが出てしまいました。鹿島君は半分でたおちんちんで小刻みに腰をつかい、私のオマンコの入り口を何度も軽く往復させました。快感はありましたが、先程までの荒々しい鹿島君のおちんちんの突き込みには比べ物になりません。私は物足りなくて、自分の腰を動かしていました。それでも、鹿島君は私の腰の動きに合わせて腰を引きます。私はそれが嫌で思わず声をあげてしまいました。

「いやぁ。・・・」

「何が嫌なの?・・・」

 私は唇をかみしめて鹿島君の視線を避けるように顔を横に向けました。自分の言ってしまったはしたない声と、意地の悪い笑みを浮かべる鹿島君を心の中で罵りました。

「こうして欲しいの?」

 そう言うと鹿島君は今度はグイと深くおちんちんを突き込んできました。

「ああ!・・・」

 固くて大きなおちんちんがマンコに急に入れられて、私は不意をつかれて声をだしました。そして、そのまま何度か深くおちんちんを入れられて子宮を小突かれました。私は思わず鹿島君の背中に手を回していました。でも、四・五回くらい深く突くと、また鹿島君は腰を引きました。鹿島君のおちんちんを半分だけ出されただけで、私のオマンコはすごい空虚感です。彼のおちんちんは太くて長いから、その落差が激しいのです。

「そんな悲しそうな顔をするなよ。・・・質問に答えてくれたら、嫌って言うくらいオマンコしてあげるからさ。・・・質問。俺とのセックスは気持ちいい?」

 私が答えないでいると、また先程と同じようにマンコにおちんちんを深く二・三回ほど突いてから、腰を引きました。

「答えて?・・・」

 私は自分が情けなくてしかたありませんでした。こんな年端もいかない○学生の男の子に、いいようにされているんですから。情けないと思いながらも、私はその○学生の子供とは思えない、おちんちんを深く突き込んでもらいたいという気持ちがありました。オマンコが疼いて子宮が疼いて、深くおちんちんを咥え込んでいた感覚を思い出していました。

「・・・気持ちよかったわよ。・・・」

 私は小さな声で言いました。

「え?・・何々?聞こえない。もっと大きな声で」

「気持ちいいです!」

 私はもうほどんどやけになっていました。

「そうなんだ。よかったぁ~。じゃあ、もっと気持ちいいことしてあげるね」

 そう言うと、ズプッ!と一気に鹿島君がおちんちんを入れてきました。

「んはぁああ!」

 私は待ち望んでいた逞しいおちんちんがオマンコに入ってきて、満足感のある喘ぎの声をだしていました。入ってきたおちんちんをもう離さないとでもいうかのように、私のオマンコが彼の反り返ったおちんちんを喰い締めていました。
「あ、気持ちいい~。すんげーオマンコが締めてくる。・・・俺のおちんちん欲しかったんだね」

「・・・・」

 私は恥ずかしくなり顔を横に向けて鹿島君の顔を見ないようにしました。

「こうして欲しかったんでしょ?」

 そう言って鹿島君は深くおちんちんを入れたまま、お互いの恥骨を擦り合わせるように腰を回し始めました。腰を回すたびにマンコの中を掻き回され、充血したクリトリスがつぶれて擦れて、物凄い快感が頭を突き抜けました。私はベッドのシーツをギュッと掴みました。

「う~。はぁ。・・・あぁうぅ・・・・はぁああ・・・」

「ほら、こうするともっといいんじゃない?」

 鹿島君は私の足を掴むと、前に思いっきり体重をかけてきました。体重を前にかけられて、鹿島君の大きなおちんちんが、私のオマンコの奥深くまで入っていきます。そして、コツンと子宮に当たると、鹿島君はその子宮を擦りあげるように、上下左右にグリグリとペニスの先端を押し付けてきました。
 ズンズンとお腹にくる快感の衝撃に感じ入ってしまいます。こんなことは経験したことはありませんでした。夫にさえしてもらえなかったことを、鹿島君はこともなげにしてきます。

「ああ!はぁあぁ。・・・うぅ~!んぅ~。はぁああ!」

 ズンズンとお腹に響いて、クリトリスが擦れて、マンコの中を掻き回されて、始めての感覚にもう私は息絶え絶えに喘ぎを漏らしてしまいました。鹿島君は今度は上から叩きつけるように、腰を私のオマンコに落としてきました。高い位置から叩きつけられるように、おちんちんがオマンコの奥深くまで入ってきて、腰がぶつかり合うたびに、パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!と派手な音を立てていました。そして、思い出したように、また奥深くにペニスを刺し込んできて、腰をまわしながら子宮を小突いてきます。そして、唐突にまた激しいピストン運動。これを何度も交互にやられました。こんなに激しいオマンコをされたのは始めてかもしれません。

「あぁ~!・・・はぁああ!・・・ひ!あぁ!」

 私は快楽の波にさらされながら、くぐもった泣き声に近い喘ぎをもらしていました。その内に、私のオマンコの奥のほうで、何かが出たがっているように溜まってきているのが分かりました。それは出したくても出ないような感じで、もどかしくて、初めての感覚でした。
 私はどうしようもなくて、声にだしてしまいました。

「もっと。・・・もっとお願い。・・・」

「どうしたの?」

「もっと。・・・」

「もっとって、もっと激しくして欲しいの?」

 私は頷きながら、自分でも腰を振っていました。鹿島君がオマンコにおちんちんを深く突っ込んで、腰をまわし始めました。気持ちいい部分を擦って欲しくて、私はその動きに合わせて腰を動かしていました。そして、鹿島君は私が乱れてきた理由を言い当ててきました。

「あ、おばさんのオマンコの中が少しピクピクしてる。・・・イキそうなんだね」

 鹿島君は私にディープキスをしました。舌を絡めあい唾を交換しました。その間、鹿島君の腰はゆっくりとピストン運動を始めていました。そして、唇を離すと、激しいピストン運動を始めました。

「イカせてあげるよ、おばさん」

「うん~。ああ!・・・はぁあ!」

「俺も何だかイキそう。・・・」

 私はもう何も考えることが出来ず、ただ腰を振っていたことだけを覚えています。フワフワと体が宙に浮いているような感覚。鹿島君が与えてくれるおちんちんの快楽だけが、この時の私の全てでした。(イク!)と私は思いました。声はでできませんでした。視界がぼやけてピンク色の光が瞬いたと思ったら、一気に宙に放り投げられたような浮遊感に襲われました。そして、ストーンとジェットコースターのように落ちました。
 そして落ち着いてくると、イッた余韻が残っているのを感じながら、「イク!」と言って私を抱き締めて腰をビクビクとさせている鹿島君に気づきました。意識をマンコにやると、確かに鹿島君のおちんちんが痙攣していました。

「ああ~。気持ちいい~。おばさんイッっちゃったみたいだね。俺も凄い締め付けでイッっちゃった」

 私はまだイッた余韻が残っていたので、何もしゃべれませんでした。ただ激しいセックスをした気だるさがありました。鹿島君は何も言わない私を抱き締めると、おちんちんを入れたまま、顔を近づけて軽くついばむように、何度も私の唇にキスしてきました。まるでこの時の私たちは、激しく愛し合った恋人同士のようでした。キスが終わると、鹿島君は私から離れました。私はブラウスがはだけて、スカートがお腹の辺りにまで丸まって上がっているのに気づいて、私はそれを気持ちだけでも整えました。あまりにも興奮
していて、気づきませんでしたが、私たちは下着をつけないで、服を着たままでセックスをしていたのです。
 鹿島君は使用済みのコンドームの後始末をしながら言いました。

「初めてのセックスでイけるなんて、もしかして俺たちセックスの相性がいいのかもね」

「・・・・」

 確かにそうかもしれないと私は思いました。鹿島君に与えられた深い絶頂感を、十五年間連れ添った夫とのセックスでは味わったことはありませんでした。私はそのことに気づきながらも、何てことをしてしまったのだろうと後悔しました。夫のベッドで息子の友達と交わり、深い絶頂を極めてしまった。



その他 | 【2022-11-30(Wed) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

息子の嫁2

数週間後、また嫁夫婦が泊まりにきた。またまた息子は仕事があるといい2人を置いて出た。またまたチャンス到来だ!
私は風呂の支度をし嫁に「今年の夏は暑いから子供と行水したらどうかね?汗を流すと涼しいぞ?」と勧めた。
案の定、その勧めに乗ってきた。
嫁は脱衣場に行き服を脱いで風呂場へいった。私は事前に脱衣場と風呂場に隠しカメラを取り付けておいたのだ!
丸見え!記録を取れる!コレクションとして永久保存だ!と興奮しながら私は別室でモニターを凝視してちんぽ
をこすっている。デカ乳をゆさゆさしながら体を洗う嫁の姿は何ともやらしい。すると嫁が私を呼んでいるようだ。
風呂場へ行くと子供を受け取ってほしいと言うのでバスタオルにくるみ着替えをさせ床に転がしておいた。
私は、全裸となり風呂場へ・・・・・嫁はまだ風呂につかっている・・・・扉を開ける・・・嫁がはっと振り返る・・・
仁王立ちした目の前に私のちんぽがそそり立っている姿を嫁は見て「おとうさん、だめですよ・・・」と拒否反応
を見せる。しかし、私は「恭子さんのデカ乳がわしのマラを巨大化させるんだよ!何とか静めておくれ!」と話し
た。嫁は実はデカマラが好きな様子で目線をそらすことなく見ている。
「おとうさん・・・・デカすぎ・・・・」といい「でもほしい・・・・」と言った。私は嫁をバスタブより引き上げ
マ〇コを舐め回した。入れやすい体制を早く作りたかったのだ。やがてグショグショに濡れたマ〇コへ巨マラをはめた。
奥まで入ったマラは天井を突き上げ、デカ乳をブルンブルンと揺らしよがりまくる。エロい嫁だ。
私は、嫁の中に発射してもいいかどうか聞いたら「だめです・・・また子供できちゃくからだめ・・・」と拒否された。
外だしする条件に「毎週やらせてくれるか?」と強要したら「うん・・・」とうなずいた。しかたないから外だしした。
嫁は「おとうさんひどい・・・・でも旦那のちんぽの3倍くらいでかいよね。びっくりしちゃった。大きかったから
許してあげる・・・・でもちゃんといかせてくれなきゃこのことうちの親にばらすからね・・・」と言い残し嫁は風呂場
を後にした。



その他 | 【2022-11-28(Mon) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

息子の嫁

長男が2年前に結婚し嫁をもらった。1年前には子供が出来私も爺さんになった。爺さんとはいえまだ55歳だ。
週末になると孫を連れて夫婦3人で泊まりに来る。孫は可愛いが、私は嫁の事が好きでたまらない。
何といっても、きれい系の顔立ちにアンバランスな巨乳。そりゃたまらんわな。初めて会った時、おじぎした際胸元
から見えるボインと乳首がもろ見え状態で、ゆさゆさゆれる乳のボリュームに感激したものだ。
ある週末、息子は急に仕事が入ったと言い残し嫁と孫をおいて出かけた。これはチャンスかもと思い、私は策をねった。
嫁はソファーに腰掛け孫を抱いて乳を飲ませている。何とかして巨乳を拝ませてほしいと思いながらある秘策を思いついた。
「恭子さん、御茶飲むかい?冷たいやつ?」と話を振ってみた。お茶に睡眠薬を微量に混ぜる計算だ。
「じゃあお願いします」と嫁は答えたのでコップ一杯の御茶を飲ませた。やがて、薬が効きだし嫁は乳を飲ませながら
寝てしまった。私は嫁の頬を軽くつねってみたが起きる気配は全くない。ついに決行だ!
私は孫を取り上げ、床に寝かすと嫁のしているブラジャーをはずした。授乳に適したフロントホックで外すのが楽。
超デカ乳で興奮した。こんな乳見たことがない。私はコンドームを剥ぎちんぽに装着し、服を脱いだ。ちんぽを嫁の
口へ・・・・興奮する!乳を揉む!何というボリューム感!私は我を忘れて巨大な乳にしゃぶり付いた。おいしい!
母乳がおいしい!じゅうじゅう音を立てて両方の乳を吸い尽くした。お腹が一杯になった。乳を揉みながらちんぽを
こすり嫁の顔の前で射精した。コンドームがパンパンに膨れ上がる程精子は発射された。
私はようやく落ち着きを取り戻し、外したブラに乳をおさめて再び孫を抱っこさせ元通りの状況に復元しておいた。
やがて、嫁は目を覚まし「寝ちゃったみたいです」と一言。私も「そりゃよかった」と何食わぬ表情で答えた。



その他 | 【2022-11-28(Mon) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

息子のコーチに性処理奴隷を誓わされた馬鹿な人妻

今考えれば、何て馬鹿な約束をしてしまったんだと後悔しています。

2年前、私は1人の男性に身体を捧げたんです。

息子は小学校からバレーを習い、中学ではエースとして活躍し3年の大会では
県大会3位の成績を収めました。
もちろん高校も地元で有名な強豪校に入り、バレーを続ける勢いでした。
母親としても、息子の活躍を祈り精一杯のバックアップをしてあげようと考えたんです。
毎日クタクタになって帰ってくる息子を見て続けて行けるんだろうか?と心配する事も
度々でした。
一度試合を見に行ったんですが、息子はユニホームすら貰えず応援席で必死に応援
していたんです。強豪校だけあって、エリート選手が集まり息子も直ぐにレギュラなど
成れる筈もありません。
そうして1年が過ぎたある日、息子が笑顔で帰って来たんです。
 「母さん!ユニホーム貰えたよ」
 「本当!良かったね!」
息子が広げたユニホーム背中には10の番号。
 「今度試合あるから見に来て、俺多分スタメンで出るから」
 「そうなの?凄いじゃない」
久々に見る息子の笑顔に、心の底から嬉しく思いました。

試合当日、会場に向かうと大勢の観客で賑わっていました。
客席に向かう頃には、既に息子達がコートで練習を始めていたんですが、息子に笑顔は
微塵も感じられません。やがてスタメンがコートに入って始めて息子が元気がない理由を
知ったんです。息子はスタメン処か、試合に一度も出される事はありませんでした。
確かに他のメンバーは上手かったんですが、息子も負けていないと感じた私は、駐車場で
車に乗ろうとしているコーチを見つけ話をする事を決めたんです。
コーチは40半ばの独身で、自営業を営んでいるそうです。
30半ばには髪が薄くなり、年齢異常に見えるかも知れません。
話をしてみると、ネチネチとした感じで印象は最悪でした。
でも、頑張っている息子の為と思い必死のお願いをしたんです。
するとコーチから”こんな所でも何ですから、今度家でゆっくり話しましょう”と言われ、コーチの
家を教えて貰い、連絡先を交換しました。
それが地獄への案内状だったんです。
数日後、私は昼間にコーチの自宅に向かいました。
独身と言う事でしたが、自宅は郊外の一軒家。実家で営む自営業を受け継いだだけあって
お金持ちって感じでした。両親は近くのマンションに暮らしているらしんです。
自宅リビングに案内されると、彼はお茶を入れてくれました。
息子の話を始めると、実力は他のメンバーと同等レベルでスタメンで出しても問題ないと言うのです。
後は・・・と言いコーチは私の身体を舐める様に見始めたんです。
「お母さん次第で、次回から試合に出す事を考えますよ」
「本当ですか?何をすれば・・・」
何となく彼の思惑は分かりました。”一度だけ!我慢すれば、息子は・・・”彼の元に膝間つき
頭を下げながら”何でも言う事を聞きますから・・・何とかお願いします”と哀願していました。
必死でした。喜ぶ息子の顔が見たくてコーチの言いなりになったんです。
コーチは私の目の前でズボンを下ろすと、肉棒を剥き出しにしてきました。
夫以外に、2人の男性の肉棒を目にしてきましたが、コーチの肉棒は私が知る中でも一番大きく
太かったんです。
彼に言われるまま、私は彼の肉棒を口に含んだんです。
コーチはその後、前から後ろから私のマンコに差し込み溜まった精液を私の口に入れて
”飲んでください”と強要されたんです。初めて味わう精液は濃くて痺れる感触でした。
そして彼の口から”今日から私の性処理奴隷になるって約束してください”そう言われ
私は彼の言葉の後に”コーチの性処理奴隷になる事を誓います”と約束していました。
その後、毎日の様に携帯に連絡が入り、彼の家や職場、時には体育館裏の倉庫で
私は彼の性処理をさせられたんです。
時には息子達が練習する近くで、差し込まれた事もあります。
彼の行動はエスカレートし、公共の場も構わず人目を盗んで差し込んできます。
だからスカートの中はいつもノーパンで受け入れ状態にしていました。
そんな努力の甲斐あって、息子はスタメンメンバーとして活躍する事が出来ました。
2階席から試合を見ながらもスカート中はノーパンなんです。
コーチに目で合図されると、私はスカートを捲り上げ彼に見せます。
息子達にばれない様に辺りに気を払い彼の指示に従います。
試合が終わると2人だけの打ち上げが開かれるんですが、居酒屋の個室や
カラオケボックスで私は淫らな姿にされ、彼の巨根を受け入れました。
何度か他の親御さんと会って、疑いの眼差しを向けられた事もありましたが、
コーチの話術で、バレる事はありませんでした。

コーチの奴隷となって1年以上が過ぎ、私はすっかり彼の女ペットになりました。
彼の攻めは激しく、私を狂わせるほどです。
夫は40半ばになって、もう私の身体を求めて来る事もありません。
もう何年も夫婦の関係は無いんです。
コーチの趣味で、今ではパイパンになっています。

先月息子が最後の引退試合をしました。これからは受験生。
コーチとの関係も・・・。

でも彼の肉棒に調教された私のマンコは、毎日疼いて我慢出来ないと思います。
息子の喜ぶ顔を見たかった。ただそれだけだった筈なのに、今は自分の欲求を満たされ
悦んでいる。息子がこんな事を知ったら・・・そう思うと心が痛みます。
今年41歳になった私は、コーチの性処理奴隷としてまだまだ活躍を続けると思います。
エースとして・・・。



その他 | 【2022-11-27(Sun) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

息子といけないことになった母親?

私は母子相姦物が大好きです。今迄読んだ一番いいものを皆さんにも読んでほしいと思ってこちらに添付します。
(08/03/25)
人に言えない大きな悩みを抱え、どうしたらいいのかもわからず、悶々とした日々を送っていた時に、このサイト(当初はエッチな内容に少しドキドキしながら読んでいました)の「ある告白」に検索から辿り着きました。
そこには、過程は違っても私と同じ結果になってしまった出来事がありました。
私の大きな悩みとは、息子との近親相姦です。
今から告白するのは、私の記憶に強く留まっていた息子との関係についてです。
わがままな話ですが、ここで告白することで、過去を拭い去りたい、と自分勝手に思っています。

この春に中学3年になる息子が小学校6年の時、夫に海外赴任の辞令が出て、子供の学校のこともあり単身で行ってもらうこととなりました。
辞令は7月からで、その年の夏休みに息子も連れて赴任先に行ってきました。
まだ仮住まいながらそこはコテージ風のホテルで、息子が特に気に入ったのが大きなバスタブのジャグジー。
海外という開放感もあり、それまでやったことのない3人での混浴を何度か楽しみました。
帰国後、息子との二人暮らしが始まりました。
そして、あやふやな記憶ですが、10月に入ったある日の夕食の後、「ママ、パパのところに行った時みたいに、一緒にお風呂に入ろうよ」と息子が甘えてきたのです。
父親が大好きな子だったので寂しいのだろうと思い、狭い我が家のお風呂に二人で入ることにしました。
バスタブに入り学校や勉強のこと、友達のことを話し話題が途切れたころ突然、「ねえママ、僕もパパみたいにママのオッパイ、触っていい?」と言い出したのです。
3人で入った時、夫が私の胸を触っていたのを、なんと、見ていたのでした。
息子は私の驚いた顔を見て、伺うような目で「触っていい?」とさらに念押しをします。
「どうしたの?赤ちゃんに戻っちゃったの?」とひやかすように言ったものの、気まずい空気が流れ、結局その気まずさに負けて息子の手を取ると、私の乳房に押し当てました。
すると、おぼつかない仕草ながら、乳房を触るというより揉み始めたのです。
実は、夫はジャグジーの気泡に紛れて私の下の感じるところも触っていて、今、息子によってその時の感覚が甦って来たのでした。

ゴメンなさい。最初から長くなってしまいました。続きにさせてください。

続きの告白をお待ちします。――BLUE


toucoさんから その2


(08/04/07)
実際にこのサイトで自分の告白を目にするまで、本当は「やめればよかった」と後悔していました。
しかし、今はもう、ありのままに告白しようと決めました。
前回の続きです。

気付けば、乳首は立って固くなっていて、どのくらいの時間が経ったのか。
下腹部の奥の感覚が熱くなり始めたのをきっかけにして、「もう赤ちゃんの真似はやめて、体を洗いなさい」と息子の手を解き、洗い場に促しました。
その時、私は息子のまだ可愛いけど大きくなったオチンチンを見逃しませんでした。
バスタブに浸り息子が体を洗っている姿を見ながら手を股間に伸ばすと、潤い始めていて、なぜか母親として情けなくなった気がしました。
それが息子に胸を触られていたからなのか、夫に触られていた記憶が甦ったからなのかわからず、こんなことは今日で最後、と自分に言い聞かせました。
お風呂を出る時は別々で、先に出た息子は自分の部屋に行ったようです。
なんとなくホッとして、寝室のドレッサーに向かいました。
ところが、すぐにドアを開けて息子が入って来たのです。
「どうしたの?」鏡に映った息子に聞きました。
「もうひとつお願いがあるんだけど」なんか言いづらそうな表情が、鏡の中にあります。
「何なの?」
「僕もパパのようにママを触りたい。パパはママの下のほうも触ってた」
ドキッとしました。息子はすべてしっかり見ていたのです。
これには、お風呂場の時よりも驚きました。
何かしゃべらなくてはいけない、訳もなくそう思って振り向きながら口から出た言葉が、「どこを触りたいの?」だったのです。
なんでこんな言葉を口にしたのか、自分でもわかりません。
そして、息子から消え入りそうな声で「オマンコ」と聞かされた時、頭の中で「なんで」「どうして」がこだましました。
「まだ早いわ、大人になったら、そう、パパのようにネ、その時まで待てるわよね」そんなことを言った気がします。
当然、納得できない顔の息子。
しかし、諦めたような目をして、「じゃあ、今日はママと一緒に寝てもいい?」と息子が言った時は、安心して同意したのでした。
この時から、添い寝をして眠る日が続きました。
しかし、母親なのに、何が息子に起きたのかがわからない状態でした。
そして、母親としての最初の留め金が外れた12月をむかえました。

また、続きにさせてください。

toucoさん、告白する決意を固めてくださってありがとうございます。続きを読ませていただくのが本当に楽しみです。――BLUE


toucoさんから その3


(08/04/24)
続きを楽しみとのメッセージをいただき、私の気持ちも少しだけ和らぎます。
こんなことをしてしまった、息子に良識ある態度を取れなかった、という自己嫌悪が湧き出てきて、一文字も入力しないでパソコンの電源を切ってしまうこともしばしばです。
私たち夫婦にはなかなか子供ができなくて、この子はお医者に相談するかどうか悩んでいた頃にやっとできた子供でした。
32歳で出産し一人息子ということもあり、夫婦揃って甘やかしたのかもしれません。
また、息子も甘え上手になってしまったのかも・・・。
悩みを作るきっかけになった日の事を告白します。

その日は、海外赴任をしている夫と連絡を取り合うために通い始めたパソコン教室で、時期的には早いのですが忘年会があり、お酒を飲んでの帰宅でした。
お弁当は食べた?とか、勉強はした?とか話をした後、シャワーを浴びて寝室に入ると、もう息子は私のベッドで寝息を立てていました。
息子の隣にもぐりこみ、しげしげと顔を見たのですが、まだまだ幼い顔。
この子の口から「オマンコ」なんて言葉を聞くなんて、と成長の早さを感じていました。
そこでちょっと悪戯をしたくなり、パジャマの上から息子の股間に手を伸ばしてしまいました。
しばらく触っていると、眠っていたように小さく柔らかかったオチンチンが、むくむくと大きくなってきたのです。
「ママ?」突然の声にびっくりしてしまいました。
しかし、「起こしちゃったね」と言いながらも、オチンチンをさすっている手は止まりません。
むしろ、パジャマ越しに握るようになっていました。
息子は胸の谷間に頭を置いてじっとしています。
小学生って射精するのかしら、なんて思ったのは、お酒のせいで理性が飛んじゃったのでしょうか。
しばらくして腰がピクッと動き、「ママ、変な感じがする」と言うので、出ちゃったのかな、とパジャマをパンツごとずり下ろし覗き込むと、大きくなったままの首に皮を巻いたオチンチンがそこに見え、でも射精はしてないようでした。
すると、「ママ?」「なあに?」「今度は僕の番だよ」と息子はすばやい動きで腰の位置にしがみつき、同じように私のパジャマをずり下げようとします。
「待って。なにをしたいの?」と息子の顔を両手で押さえてこちらを向けると、「ママのオマンコが見たい」。そう言う息子の顔は真剣そのものでした。
先に悪戯をしておきながら言えないことですが、ここで毅然とした態度を取っていれば、悩みを抱えることはなかったはずです。
しかしその時は、自分がやった悪戯に気がとがめ、なおかつ息子に甘い母親だったので、息子のおねだりに対し、ついに言ってしまったのです。
「見せてあげるから、ベッドからおりて」と。
腰にしがみついている息子がベッドからおりると、覚悟を決め、腰を浮かしてベッドの上で下のパジャマとパンティを脱ぎ去りました。
そして、体育座りの格好から両手を後ろについて、両足をやや開きました。
息子はベッドに顔を乗せるように股間を覗き込みます。
覗き込んで少しして、突然立ち上がると、薄ぼんやりとした部屋の照明を全開にしたのです。
一瞬にして明るくなった部屋。
「あっ」と言う声と同時に閉じた両足を、「ママ、見えない!」と開こうとする息子。
まだ小さい羞恥心は残っていた気がします。
しかし、息子の両手で大きく両足を開かされた時には、その羞恥心も消えてしまいました。
「触っていい?」と上げた顔に目を合わせると、息子は勝手に許されたと思ったのか、幼い手で触り始めました。
割れ目に沿って動いていた指が、割れ目を開こうと動いています。
その指の動きがじれったく、結局私が広げてみせると、クリトリスの周辺を触り始めます。
それまで、息子の手の動きを見ていたのですが、クリトリスを触られ始めて徐々に沸き起こる快感は、その度合いが強くなってきて、手の動きを追っていた視線は定まらなくなりました。
「ママ、濡れて来たよ」。その声に、このままじゃいけない、と閉じようとして足を動かそうとしました。
ところが、感じるごとに力を失いつつある身体より、息子の力が勝っていました。
「まだっ!」と、力強く宣言する様に言い、閉じかけた足をより広く爪先が浮くくらいに広げ、濡れ始めたオマンコの目と鼻の先まで顔を近づけ、執拗にクリトリスを攻めてくるのです。
恥ずかしい話ですが、息子が見ている前だというのに、きっと厭らしい液体が溢れて流れ出る寸前になっているに違いありません。
まだ母親というプライドが上げそうになる声を止めてはいましたが、そこが十分すぎるくらいに濡れているのは確かでした。
声を上げるのを何度も堪え、息子の私への悪戯をやっと終わらせた時には、身体の芯からぐったりしていて、まるでセックスの後のようでした。

この後は次回にさせてください。


toucoさんから その4


(08/04/29)
ありのままを告白する、と決めてパソコンに向かっても、なかなか指が動きません。
このサイトで自分の3回目の告白を先に見てしまうと、次を続ける気持ちが消えそうで、入力する指が止まりそうになるのを奮い起こして、続きを告白します。
ためらっていてはダメですものね。

お互い相手に悪戯をした翌日からは、息子には一人で寝るように言い含めました。
年末には夫も帰ってきます。息子とこんなことをしてしまったなんて、夫には口が裂けても言いえません。
それに、夫が休暇や出張で帰ってきた時は、離れていた分を取り戻すかのように毎晩のようにセックスをします。とても息子が入れる余地はありません。
私も言うまでもなく、夫に抱かれるほうが気持ちよく過ごせるのですから。
春になり中学校に進学して、勉強、部活、新しい友達と忙しそうにしていて、息子もあの日のことは、記憶の奥にしまったのだろう、と思っていました。
しかし・・・。
6月も月末を迎えようという頃、その日は暑い土曜日の夜でした。
テレビを見終わって、自分の部屋に戻る仕草を見せていた息子が振り返りざま、「僕、もう子供を作れるんだよ」と言うのです。
「えっ、どういうこと?」と尋ねると、「ムセイした・・・」。聞き取れないくらい小さい声。
再度尋ねます。「何?をしたの?」今度ははっきりした声で、「ムセイ」と聞こえました。
「?」実は、ムセイが夢精とは知りませんでした。そもそも、夢精ということを知らなかったのです。男の子にそんな現象が起きるなんて。
結局、その一部始終を息子から聞くこととなりました。
中学生になってすぐエッチな夢を見てパンツを汚したこと、夢精については友達から聞いたこと、どうすれば子供が生まれるのかとセックスをするということを知ったこと、オナニーをしたこと、等々を。
母親としてどう反応したらいいのか解らず、頭のどこかに12月の出来事がかすめてはいましたが、他愛もない話というより性教育に近い話をしていた気がします。
息子も、最初ははにかむような素振りでしたが、徐々に気楽に話していました。
ところが、不用意な私の質問が、その場を一変させてしまったのです。
「ねぇ、エッチな夢って、どんな夢を見たの?」。
ただ興味本位で訊いただけだったのですが、息子の様子が変わり、少しだけ話しづらそうにしていたのが、何かを吹っ切るように私の方を正視して口を開いたのです。
「ママが裸で、僕がママの身体を触って、ママが感じてくれて、それで僕がママと・・・」と。
今度はより鮮明に、12月の出来事が頭をよぎります。初めての夢精の時に見ていた夢が、あの出来事に影響されたのは明白です。
息子は、狼狽している私にお構いなしに話を続けます。
「ねえママ。本とかインターネットとかじゃ、女の人のアソコ、はっきり見えないんだ・・・」「ママは見せてくれたんで、だから、夢でも見ちゃった」「ねぇ、お願い、またママの見たい」「ママ、お願い。いいでしょ?」「触ってみたいし、お願い、いいでしょ」。
私は言葉を失っていました。息子の「お願い」だけが耳に残って、先ほどから何度となく頭をかすめた12月の記憶を、その時の快感という感覚とともに完全に甦らせてしまいました。
ただ、「ダメ!」という言葉を何度も何度も口にしたような気がします。
しかし、最後に息子から言われた「ママがシャワーを浴びたら、部屋に行っていいよね」に、強く拒否しなかった私がいました。
シャワーを浴びている間、本気で言っているんじゃない、と思い込んでいましたが、その思いも、あっけなく崩れてしまいます。
パジャマに着替えてドアを開けると、息子は目の前に立っていたのでした。
息子は私と一緒に寝室に入ると、すぐに私に抱きついてきて、以前とは比べようもないくらい慣れた感じで、下のパジャマを足元まで下ろしたのです。
次はパンティまでも引きおろそうとします。
「わかったから、そんなに引っ張らないで」と言ってしまい、もう、拒めません。
潔く息子の前でパンティを脱ぎベッドの上に座ると、両足を開いてまた下半身を露にしました。
しばらくは前回と同じ格好で覗き込んでいた息子は、今回は断ることなく触り始め、指で広げ、またもクリトリスをさすり出したのです。
すると徐々に、息子の指の動きは巧みになり、さらに口にする言葉までが変わってきました。
「ママ、すごく濡れてきている。気持ちよくなった?」。
息子に言われるまでもなく、完全に快楽に浸っている母親でした。

あらためて自分のことながら、本当に情けなくなってきます。
まだまだ続きの告白はあるのですが、自分を嫌悪してしまい、しばらくお休みしたい気分です。
告白できることに感謝しなくてはいけないのですが・・・。

toucoさん、無理に告白していただくことはありません。toucoさんはこのサイトにたいして何の義務も責任も負ってないのですから。でも、もしもいつか気が向かれましたら、また投稿してくださいね。――BLUE


toucoさんから その5


(08/05/25)
『告白してなんになるの』と囁く別の自分がいて、『恥ずかしい』と消極的になるまた別な自分がいて、告白して重苦しい気持ちを軽くしている今の私がいます。
優しい心遣いのメッセージをいただき、楽な気持ちで続きを告白できます。

息子によってしっかりと快楽に浸ってしまい、後ろに伸ばして身体を支えている両手が何度もガクッと折れそうになり、感じてもらす吐息を間違いなく出していました。
何回となく聞かれた「ママ?気持ちいい?」に、答えることができません。
答える相手が息子だなんて・・・なおさらです。
それでもお構いなしで「すごく濡れてるよ、ママ。ふとんにまで垂れてきている」と、無邪気になのか知っていてなのか、まるで言葉で攻められているようです。
実際、その言葉でも快感を募らせていたのかもしれません。
すると突然、「ママ、指を入れてもいい?」と言うと、それまで動いていた指がクリトリスから離れ、かすかな抵抗感があって身体の中に入ってきました。
それが人差し指だとわかったのは、息子の手元を覗き込んだからでした。
今度は、かき回すように指が動き、同時に濡れているからこそ出る音が、私の快感をさらに刺激します。
私の身体に息子の指が入っている、と言う現実に、理性は消し飛んでいました。
そして、ついに息子が言ったのです。「ママ、僕のチンチンも入れていい?」。
この言葉に、一瞬、我に返って、快感によって瞑っていた目を開け息子を直視しました。「絶対ダメ!ママとこんなこと、ホントはしていけないことなのよ」。
自分としてはきつく言った気がしたのですが、よく思い起こしてみると、この間息子の指はしっかりと私の身体の中で動いていて、私の身体もそれに反応していたのですから、息子にしてみればさほど堪えなかったようです。
「1回だけ、お願い」「ホントに入れてみるだけ、すぐ終わりにするから」「試してみたいんだ、お願い」。もっと哀願された気がします。
愚かな母親は決断しました。
1回だけ、入れたらすぐ抜く、パパを含め絶対他の人には言わない、これらを約束するのなら、という条件に息子が異を唱えるわけがありません。
「わかった」と言うや否や私の身体から指を抜くと、パジャマにしている短パンとパンツを素早く脱いだのでした。
息子のオチンチンは、十分に立派に大きくなっていました。
夫のペニスと比べると、その根元に毛は生えてなく、全体的にまだ子供という感じですが、オチンチンという呼び名に似合った可愛らしさはもうありません。
すぐに息子は、ベッドに飛び乗ってきました。
私は私の方を向いてそそり立っているオチンチンを手に取った時、感覚的ですが『ペニスだ』と思いました。
それからの息子は従順です。
私がペニスを持って広げた両足の間に誘導すると、膝を立ててにじり寄ってきます。
私は手にした息子のペニスを、さっきまで人差し指がかき回していた穴の入口に当て、その先を中に押さえ込むように動かしました。
すると、まだ十分に潤っていたからなのか、息子のペニスはスルッと私の身体の中に納まったのです。
息子は自分のペニスが埋没して、私と繋がった部分を興味に満ちた目で見つめています。
私の方はというと、挿入された時の感覚より、ペニスが自分の身体の中に入っているという快感がどこからとなく沸いてきていました。
そのせいなのか、結果的に自分で交わした約束を破り、無意識に手を伸ばすと抱きしめるように息子を引き寄せ、それに合わせ息子はゆっくり倒れるように私に覆いかぶさって来ました。
しかし、横になり重なった時、それまで動かなかった息子の体が小刻みに動き始めたのです。
「あっ!ダメ!」と言うが早いか、私は息子の胸を押してつながった身体を離すため腰を引きました。
まさに、間一髪というタイミングです。
抜けたばかりのペニスの先からは、白い液体が湧いたように溢れ出てきて、その液体を受け止めようと手を添えると、ピクッと動くと同時に白い液体が飛び出てきました。
受け取れなかった液体は、私の陰毛に垂れかかり、さらにふとんカバーにまでシミの後を作ってしまいました。
「出ちゃった」。
少し恥しがる様子を見せてそう言う息子に、手に取った液体をこぼさない様に立ち上がり、「ママはシャワーを浴びるけど、自分の部屋で寝なさいよ」と声をかけ、何もなかったように浴室に向かいました。
本当のところは、息子の顔を見ることができなかったのです。
シャワーの後部屋に戻り、カバーを交換してベッドにもぐっても、なかなか寝付けませんでした。

この後は、続きにさせてください。

toucoさん、告白を続けていただき、本当にありがとうございます。それにしても、あまりにも生々しい内容に、ドキドキしてしまいます。――BLUE


toucoさんから その6


(06/07)
不思議ですね、告白するとなぜかその後しばらくは心が休まるのですから。
たぶん、今は告白した後の安堵感が勝っているのかもしれません。
続きの告白です。

1回だけ、入れたらすぐ抜く、絶対人に言わない。こんな約束をしてまで、決してやってはいけないことをなぜしてしまったのか。
今となっては取り返しがつかないことなのですが、その後の息子を変えてしまったのが、「入れてみるだけ」の経験だったのは明らかです。
その日以降、しばらくは何事もなく過ぎていきました。
その何事もない日常に、余波を起こすきっかけとなったのが、夫からの「夏休みに帰る」という連絡だったと思います。
8月に2週間の休暇を取るから帰る、と言う夫からのメールがあった日の夜、シャワーを浴びた後にテレビを見ていて、そのままうとうととソファでうたた寝をしてしまいました。
ふと感じる人の気配で目を覚ますと、短パンに上半身裸で、首にバスタオルをかけた風呂上りの息子が傍らに立っていました。
「ママ、パパが帰って来るの、うれしい?」
唐突な質問に寝起きと言うこともあり、答えをためらっていると、ソファの前に座り込み、「パパが来る前にもう一度だけ」と、横になっている私の太ももの内側に手を置くのです。
言っている意味がよくわからず「もう一度?」に「ウン」と息子は答えます。
太ももの手は滑るように下腹部を経てウェストまで届こうとしています。
ここで状況がはっきりと理解できました。
しかし、時すでに遅く「ダメッ!」と言ったのがまるで合図のように、あっという間に下のパジャマは膝までずらされてしまいました。
「やめて!お願いだから」という言葉にもお構いなしに、今度はパンティに手を掛けようとします。
両足の内腿を合わせて脱がされないように抵抗すると、滑り落とされたパンティが股間で止まり、陰毛だけがくっきり現われてしまいました。
ただ、そこまでで、息子の動きは止まったのです。
力ずくで脱がされると一瞬思っただけに、拍子抜けです。
そして、この姿を見た息子の口から「ママ、下の毛丸見え」「ママって、カワイイんだね」と笑いながら言われ、合わせた両足の力も抜けてしまいました。
結局、リビングのソファにもたれかかり、下のパジャマもパンティも脱がされ、大きく足を広げられ、露になったクリトリスを愛撫され、恥ずかしい位に濡らし、またしても「入れてみるだけ」とペニスが挿入されて、動かずにしばらく抱き合い、息子が「あっ!」と呻くや否や私の身体から抜けたペニスから白い液が飛び出す、と、前回とほとんど同じ展開になってしまったのでした。

それからしばらくして、夫が休暇で戻ってきました。
この8月の2週間は、本来ならば私にとって心弾む日々になるはずでした。
しかし、息子との出来事が心のしこりとなり、素直に喜べずにいました。
確かに、夫に抱かれている時は、息子とのことがすべて記憶から消えてしまいます。
ところが、自宅での夫とのセックスの後、もしかしたら息子が聞き耳を立てているのでは、と根拠のない不安と心配がよぎるのでした。
また、この間の息子は意図してなのか偶然なのか、部活だ、補習だと日中家を空けることが多く、その結果、外出も夫と二人で、温泉に泊まった際も息子は部活を優先して留守番、3人揃っての夕食も数えるくらいで、夫はそっけない息子が反抗期を迎えたと思い込み、少し寂しそうでした。
そして、夫が赴任先に戻った、まさにその夜、眠っている私のベッドに潜り込んで来る息子がいたのです。
その日は夫と買い物をし、そのまま成田に見送りと、気疲れもあり早めにベッドに入るとあっという間に寝入ってしまいました。
目を覚ましたのは、誰かが寝室に入ってくる影を感じたからで、その影が私の背中側に潜り込んでくるので、夫がベッドに入って来たとぼんやりとした頭で思って、再び眠りに入ろうとしました。
しかし、すぐにその眠りはパジャマ越しに胸を触ってくる手で遮られました。
そして、その手は下半身に移動するとあっという間にパンティの中に入ってきて、まだ潤ってもいないのに指を入れようとするのです。
「痛い…」と口にした時、夫はいないことに気付き、はっとして身体を起こしました。
振り向いた先にいるのは息子でした。
「何やってるの!」と怒っては見たものの、立ちひざの姿はパジャマとパンティが引き落とされて、下半身が丸見えの状態。
息子の視線でそれに気付いたのですが、パンティを引き上げるより先に息子のほうが早く下腹部に顔を埋め、両手でお尻を押さえて動こうとしません。
その息子の頭を押さえ、「放して!」と言ってもやはり何の返事もありません。
しかし、息子の口は微妙な位置にあり、すぐに私は息子の吐息の刺激に感じてしまい、言っていることに反して身体は正反対の反応を示すのでした。
またしても結局、息子にしがみつかれたまま倒れこみ、パンティをすっかり剥ぎ取られ、両足を大きく広げられ、息子に身体をゆだねてしまったのです。
この時は、私の身体に入った指が快感を溢れさせて、はしたない位喘ぎ声を出した気がします。
息子は、その私の淫らな姿に挑発されたのか、下着の中で射精してしまいました。
その後、汚した下着を脱いで下半身裸のまま、同じベッドで寝てしまったのです。

続きます。


toucoさんから その7


(08/06/12)
ここで告白を始めて、もう3ヵ月が経とうとしています。
日々の生活の中で夫と息子に接していながら、夫が知らない息子との出来事を告白していることに、後ろめたさを感じています。
告白を続けます。

夫が赴任先に発った日以降は、再び息子が私の身体に触れることはありませんでした。夏から秋、秋から冬までの間は・・・。
しかし、年末になり、夫から帰るという連絡があった日、息子は風呂上りの私を部屋で待っていて、意思の弱い母親は「入れてみるだけ」という「お願い」に応じてしまったのです。
さらに、またも同じように夫が赴任先に発った日も。
駄目な母親はいけないこととわかりながら、息子の「お願い」を許してしまうのです。
浅はかな私は、あと半年で夫が戻ってくる、夫が戻ってくれば、息子は以前の息子に戻る、と思い込もうとしていました。
そんな思いの中、突然3月に夫が一時帰国しました。
2年と言う約束での赴任ですから、期限は今年の6月まで。
夫からは、その事前調整と聞かされました。
ただそのせいか、夫の毎日の帰りは遅く、息子にしてみたら毎日深夜に帰ってくる父親は、いないも同然みたいです。
「パパが日本に戻ってきても、毎日がこんなんじゃ、ママにとってあんまり変わんないんじゃない?」
夕食のあと、ソファに座ってテレビに向いたまま、息子が訊いてきます。
不思議なのですが、この時点では、私と息子の日々の会話は何事もないように交わされていました。
当たり前の母と子の会話なのです。
「引継ぎとか、いろいろあるんじゃない。毎日こんなんじゃ、体を壊しちゃうわよ」と答えると、「僕だけのママじゃなくなるんだね」とポツンと言うのです。
その姿が愛おしくなり、「どうしちゃったの?」と隣に座って顔を覗き込むと、「僕はママが大好きだ。だから、いつか、ちゃんとママとセックスがしたい」。
突然の言葉に唖然としました。
身体と思考が固まった状態です。
しばらくの沈黙があり、振り向いた息子はそんな私に体を預け、そのままソファの背にもたれかかりました。
この時、何かわからない漠然とした不安が私の心の中に芽生えてきたのですが、息子の手がスカートを捲り上げ始めて、不安を感じた気持ちが消えて現実に切り替わりました。
すでに息子の手はスカートの中で、活発に動いています。
「ダメ」「やめて」と言ったものの、私の方も以前ほど抵抗しない身体になってしまったようです。
ただ、「パパが帰って来るわよ」と言った後の息子は徐々に荒々しくなり、乱暴にパンティを下ろし片足にかかったまま両足を大きく広げ、クリトリスを撫で回します。
そして、今までは1本の指だったのがこの時は2本となり、十分に潤い始めた中をかき回すのでした。
もう私は、出る声を抑えることができなくなっていて、母というより女になっていました。
そのうちに息子が器用にジャージをパンツごと脱ぐと、そそり立ったペニスが私の前に現れます。
いつものようにそのペニスに手をそえたところ、「入れてみるだけ」の前に息子は私の服の上に射精してしまったのでした。
その夜、私は夫とセックスをしました。
そこで、自分の身体の反応の違いに気付いたのです。
感じていないわけではないのに、息子との時よりも濡れ方が少ないのです。
背徳が快楽を増してしまうのでしょうか。
夫に後ろめたさを感じながら、子宮の奥から湧き出るような濡れ方や感じ方は、息子に触られて初めて経験したことでした。

そしてついに、こんな私にばちが当たる時が来たのです。
4月も押し迫った頃、メールでのやり取りが多いために滅多に来ない国際電話で、「今しばらく残ることになった。しかし、年内で間違いなく帰れるから」と夫。
今思い起こすと、この連絡はその時に私が感じた以上に、精神的にショックを与えた気がします。
息子には、しばらく告げられませんでした。
その後、夫から直接聞いた息子は、ひと事のように「パパも大変だ」と、気にも留めていない様子なのです。
この時に、以前息子が口にした言葉を思い起こしていたなら、自分の振る舞いに気をつけることができたのかもしれません。
さらにこの頃、パソコン教室の女性講師が結婚を機に退職することになって、ゴールデンウィーク前に送別会を開催しようという計画があり、その幹事を私(もう2年近く通っていて、古株になっていました)がすることになってしまい、その慌しさがある面、精神的に参っている私を紛らわしていたようでした。
送別会は4月30日。その日は一生忘れられない、そして決して夫には知られてならない日となりました。

続く、とさせてください。

toucoさん、またまた掲載が遅くなってしまい、申し訳ありません。
「背徳が快楽を増してしまうのでしょうか」という一文が、非常に生々しく感じられました。――BLUE


toucoさんから その8


(08/08/09)
アップされた自分の文章を初めから読み返してみました。
その内容に自分自身が驚いています。
そしてこの日は、今まで以上のことが起きた、いや、起こしてしまった一日となってしまったのでした。
30日のことを告白します。

私が通っていたパソコン教室は、あるカルチャー・センターに属していて、かかる料金もその都度で手頃感があり、教えてくれる講師陣も気さくながら丁寧で、とても居心地がいい教室でした。
メールでのやり取りを覚える、といった当初の目的を飛び越え、ついつい友達に会いに行く感覚で通っていました。
その教室があるカルチャー・センターのオーナーは、見た感じで私とさほど変わらない年齢に映り、今回の送別会に自ら参加してきて、実際会って話をしたのですが、やはり気さくで気取らない方というのが率直な印象でした。
送別会は、女性講師の将来のご主人も途中参加でかなり盛り上がり、お開きの段になって、会費をオーバーした分はオーナーが持ってくれるという、おまけまで付きました。
2次会に、と言う誘いにはさすがに気分的に乗れなくて、支払いを済ませたら帰りますと皆に伝え、オーナーと一緒に会計に向かいました。
「何か心配事でも?」会計を待っているときに、突然彼から切り出されました。
終始浮かない表情だったのが気になった、と言うのです。
そんな心遣いにほだされて、つい「主人の赴任が5ヵ月伸びちゃって・・・」と漏らしてしまったのです。
その後、海外赴任は約2年前から、中学生の息子がいて女親では手が回らない(さすがに、本当の話はできません)等々の話をしてしまいました。
すると、車で来ているから自宅の近くまで送ります、と言う申し出があり、躊躇していましたが、帰る方向が一緒だからと便乗することにしました。
車を置いてあるというホテルに向かうと、最上階のラウンジが素敵なので沈んだ気持ちも晴れるのでは、と言う提案。
内心、女心をくすぐるのがうまい人だなぁ、と思いながらもその提案を受け入れました。
確かにそのラウンジは、最上階からの眺めも洒落た照明の雰囲気も素晴らしく、以前は夫とこういう場所で楽しんだこともあったけど今は・・・、などと余計なことを考えてしまいましたが、彼の話は話題に富んでいて、今日初めて話をした相手なのに、一緒にいても飽きず、勧められるままカクテルの杯数もかなり重ねてしまいました。
運転を控え、彼がお茶を頼んでいた事に気付いたとき、もう10時になろうとしていました。
地下駐車場までの直通エレベーターには他に同乗する人もなく、あらためてラウンジの礼をと思い、お辞儀をしようとして酔いのせいでふらついてしまいました。
その時、彼がすくうように私を抱きとめ、そのまま抱きしめられたのです。
最初は支えるように、それが次第に胸を圧迫するくらい強い力に変わり、駐車場の階についてドアが開くまで抱きしめられていましたが、ひとたびドアが開くと何もなかったように車の方へ歩き出したのでした。ただ、私の手を取って。
彼の車はやはり、と言う感じで、BMWでした。
助手席側までエスコートされてドアを開けられ座り込むと、高鳴っている胸に手を当ててみました。
お酒のせいなのか、今の状況のせいなのか、高鳴っている理由が自分でもよくわからなくなっています。
そこに、彼が乗り込んできて「お酒が効いたみたいですね、飲み物を買ってきましょうか」と私のほうを向いてたずねます。
大丈夫、と答えると、また彼が体を寄せて私の肩を抱き、今度は首筋にキスをするのでした。
その時、何でおとなしくされるままになっていたのか。本当に酔いのせいだったのでしょうか。首筋へのキスの間、目まで瞑っていたのです。
大人の男性とのやり取りが欲しかった、とは思いたくないのですが、夫が日常生活からいなくなり息子とのことで頭がいっぱいになっていて、そんな現実から逃げたかったのかもしれません。
彼が車を出す頃には、右手が私のスカートの上で、ゆっくりとももを撫でるように動いていて、私はその手を拒否することもしませんでした。
走り出した車の中は、ずっと無言のままの二人でした。
右手は私の足の上で、彼は片手で器用に運転しています。
私はまるっきり帰る道はわからず、彼が知っているという前提で同乗していたのです。
そんな状況でしたが、彼が突然ハンドルをきって、ある建物の中に入った時に、やっぱり、という感じで受け止めていました。
車を止めて、外に出た彼が助手席まで回ってドアを開け、口を開きました。
「休んでいきませんか?」

続きます。


toucoさんから その9


(08/08/09)
30日の出来事の続きです。

休んでいくのが自然の流れ、というような感じで彼が手を差し出します。
しばらく座ったままでいましたが、その手を取って車から降り、彼に導かれるままそのホテルに入ってしまいました。
今振り返って何度考えても、ここでもなぜそうしてしまったのかの理由がわかりません。
自分から望んだわけでも、投げやりになったわけでもなく、飲みすぎたお酒のせいとしても、夫以外の人とホテルに入る、そんな女では私はないと自分のことを思っていたのですから。
彼が部屋を選び、ボタンを押してキーを受け取り、エレベーターに乗り、肩に回った手が背中を滑って腰でとまり、押されるように部屋に入る。
その流れが、スローモーションのように感じて、部屋の中に入ってすぐ彼に抱きすくめられて、やっと本来の意識に戻りました。
そのタイミングで彼がキスをしようと唇を求めてきたので、わずかの差で顔を背けましたが、そのまま彼は、また首筋にキスをします。
ただし、今度は同時に左の胸を服の上から触り始めました。
そして、キスをした唇が、胸元まで滑って来ると、胸を触っていた手がブラウスのボタンをはずし始め、その動きはすばやく、すぐに前がはだけてブラが現れ、すぐさま胸の谷間まで再び唇が滑ってきました。
はだけたブラウスから入った手が背中に回った時、彼がつぶやきました。「思った通りのオッパイだ」と。
私の頭の中で「思った通り?」が、すぐさま反響しました。「思った通り」って、いったい・・・。
そんな思いが大きくなってきた時、背中に回った手がブラのホックをはずしたのです。
スッと胸の圧迫感が消えて、瞬時に冷静な思考が戻ってきました。こんなことをしてはダメだ、と。
部屋の入り口近くに立ったままだったので、くるっと回転して、ブラウスの中で背中まで回った彼の手を身体から離すと、「帰ります」と言うなりドアのノブに手を掛けました。
その手を彼が掴もうとしたので、背中で彼に勢いよくぶつかり、ホックがはずれたブラからこぼれる様に現れた乳房を手で隠し、足元に滑り落ちたバッグを取り上げ、ドアを開け通路に出ました。
視界の端に尻もち状態の彼が見えました。
走ってエレベーターに向かい、ドアが開くのを待ちきれない状態で乗り込み、とにかく一目散にホテルを飛び出ました。
たぶん、彼は部屋から追いかけてこなかったと思います。
それでも、無我夢中でホテルから離れました。
タクシーの空車ランプを見つけ、そのタクシーに乗り込み、シートに座り、やっと落ち着くことができました。
ブラのホックとはだけたブラウスのボタンをかけ、たぶんタクシーの運転手には変に思われたんだろうな、と考える余裕も出てきました。
すると、わけが解らなく涙が流れ出て来たのです。
いったい私は何をやっているのだろう、と。
そのタクシーの中で声を出さずに泣きながら、ひとり自分を責めていました。
家に着いたのは11時半を回った頃で、ここまで遅くなるとは言ってなかったので、もう寝ているのかも知れないと思いながら玄関のドアを開けると、意に反してすぐそこに息子が立っていました。
「どうしたの?」と切り出すと、「こっちこそどうしたのって、聞きたいよ」という答え。
「遅くなっちゃった」と答えながら靴を脱いでいると、「泣いてるの?ママ」と気付かれたようです。
なるべく顔を見せないように「何で泣かなきゃなんないのよ。ちょっと飲みすぎただけ」と白を切り、自分の部屋に向かいました。
「シャワーを浴びるわよ」と姿の見えない息子に言って浴室に入り、首筋にシャワーを浴びていると、つい先ほどのことが蘇り、不用意にホテルまでついて行った自分が情けなくて、また涙が流れてきました。
それでも、一線を越えることなく済んだので、涙ごと嫌な思いを洗い流した事にして、気分を切り替えて浴室を出ました。
そこで、うっかりして下着の着替えもパジャマも持って来なかったことに気付きました。
やはり、動揺していたようです。
汚れたものを身に着けられるわけもなく、バスタオルを身体に巻きつけ寝室に向かいました。
寝室でその姿のまま、新しいタオルで濡れた髪の毛を拭いていると、ふと人影を感じて振り返るや否や「何があったの?目が腫れてるじゃん」の声。
そこに息子がいたのです。
部屋に入ってきたことすら気付かなかったので、驚いてしまいました。
「急に現れて、びっくりするじゃない」と言いながら、バスタオルの端を差し込んで巻きつきを止めている左脇を、無意識の内に押さえていました。

続く。


toucoさんから その10


(08/08/11)
30日の出来事の続き、その2です。

扉近くに立ったままの息子は、私に何があって泣いたのかが知りたいようで、さかんにそのことを聞いてきます。
「パソコン教室で何かあった?」「まさか、いじめ?」「パパのこと?」。
「泣いてないって」そう答えると、再度髪の毛を拭き始めました。
その後、「洗濯機に入れておいて」と髪の毛を拭いて湿ったタオルを息子に放り投げ、背中を向けると「着替えるから」と、部屋から出るように仕向けました。
息子は受け取ったバスタオルを手に、「あっ・・・そう・・・」と、何か言いたそうな感じで動こうとしません。
「きっと涙が出るくらい笑い過ぎたからじゃない」と口にすると、逆に息子は近づいて来て真後ろに立ち、裸の肩を両手で包み込むように抱くと、「何かあったら、必ず僕に言って。ママが困ったら僕が何とかしてあげる」と言うのです。
背中越しに感じるのは、まるで頼もしいナイトのようです。
続けて、右手が肩から離れ首の前を交差して左肩に、顔を右肩に乗せるような仕種の後、「僕は本当にママが大好きなんだ」と言われました。
どこかで同じことを聞いた気が・・・、そんなことを思っていた数秒後、『ママとセックスがしたい』と言われた記憶が甦ってきたのです。
条件反射的に身体がこわばり、その反応が間違いなく息子に伝わりました。
すると、右肩にあった息子の顔が上がった瞬間、左のバスタオルを掴んだ右手が動き、私を巻いていた唯一の布はあっという間に取り除かれ、一糸まとわない全裸となってしまったのです。
さらにバスタオルが床に落ちると同時に、左肩を抱かれるようにクルッと身体を回され、全裸のまま息子に正対させられたのです。
抵抗しようにも両肘を掴まれ、そのまま押される格好で後ずさりし、ベッドに足を取られるように倒れこみました。
その上に息子が覆いかぶさってきたのです。
「お願い、離して」と、間違いなく大きな声をあげました。
ただ、息子は乱暴をするわけでもなく、私の両手をつかんで身体を重ねているだけで、私の顔の左横に顔をうずめたままなのです。
「手を離して」と、左側の顔の方に口を向けて、再度大きな声を出しました。
それでも、息子は黙ったままでした。
しばらくして「ママ?」と、顔をうずめたままで話し始めたのです。
「これまで練習みたいだったけど、ちゃんとセックスしたい」「ママだって、嫌だったら見せてくれたり、触らせてくれたり、入れさせてくれたりしないでしょ」「僕はほんとにママが好きなんだ」。
掛け布団に顔をうずめたままなので、話し方もぼそぼそとしていましたが、しかし、私の耳もとだったのでしっかりと聞こえました。
確かに、『見せてくれたり、触らせてくれたり、入れさせてくれたり』をしてしまったのです。
掴まれている両手を振りほどこうとしていた力が、抜けていました。
私の抵抗がなくなると、息子の手が私の腕を伝わり胸に辿り着き、乳房を揉み始めました。
これまで、お風呂に一緒に入った時を除くと、全てを脱ぐことはもちろんのこと、上半身を脱いだことはなく、このような状況で息子に胸を触られるのは初めてで、へんな言い方ですが新鮮に感じてしまいました。
そのうちに息子の顔が肩から胸に移動し、乳首を舐められ、徐々に快感が背筋から全身に伝わろうとしています。
突然、乳首から離れた息子の顔が私の目の前に現れました。
「ママ、大好きだよ」と言うと、唇にキスをしてきました。
そのままキスを受け入れると、しっかり舌を入れて来るのです。
驚くというより慌てた、と言うのが正しいかもしれません。舌を絡めてしまいました。
この後は、もう母親ではありません。
キスからまた胸に息子の口は移り、揉まれながら乳首を舌で撫でられ、徐々に手は下の方に動いて、きつく閉ざしたはずの両足だったのですが、足の付け根からひだを指でなぞられ、濡れ始めたひだの奥にその指が着く頃には、私の両足の力は抜けていました。
それにあわせて、押さえ切れなくなって声を出してしまい、相手が息子であることを忘れてしまっています。
そして、胸から離れた口がおなかを通って下腹部に滑って行くようになって、息子がしようとしていることに気付きましたが、弱々しく「いやっ」というのが精一杯で、これまでの様に大きく足を広げられると、たぶんたっぷりと濡れているであろう厭らしい箇所で舌が動き始めました。
まさか、息子にクンニをされるとは・・・。
しかし、快感は十分に私を乱れさせていました。
いつの間にか着ていた服を脱いだ息子が体を起こし、私に体を重ねてきました。
ダメッ、と心の中で叫んではいるものの、もう声にはなりません。
そのうち、息子の大きく硬くなったペニスが股間を何度か突いてきます。
入れる場所がわからない?と思った矢先、快感と一緒にペニスが私の体の中に入ってきたのでした。

この時のことが、キーボードを叩く毎に私の頭の中に鮮明に思い出されて来て、長々と綴ってしまいました。
こんなに詳細に告白しなくてもいいのに、とためらい、一度だけ読み返しました。
とたんに恥ずかしくなり、消そうとも思いましたが、意を決してこのまま送信します。


toucoさんから その11


(08/08/11)
30日の出来事の続き、その3です。

すぐに息子は、腰を激しく動かし始めました。
ただ、挿入されてからもそれまでと同じように感じていたかというと、なんとも言えません。
息子の動きに合わせて、「イヤッ」と言っていたような、あるいは心の中で言っていたような、あやふやな記憶しかないのです。
はっきりと残っている記憶は、腰を動かし始めてすぐに「うっ」という呻き声とともに、私の中に射精されたことでした。
「えっ、出ちゃったの?」とすぐ聞いたことを覚えています。
ところが、体を重ねた状態でいったん動きを止めた息子は、一度射精したのにもかかわらず大きさと硬さを持続させて、まだ私の身体の中にペニスを入れたままでいました。
そして、わずかの小休止の後に、また腰を動かし始めるのです。
こんな状況で続けてセックスをした経験はありません。
さらに、一度射精したためか行為の時間も長くなったこともあり、2回目の息子に強烈に感じてしまい、いってしまった後に気付いたのですが、両足をしっかりと息子の体に絡めていました。
ただ最悪なのが、二度目も私の中に出されてしまったことです。
まだ子供、という言葉が似合う中学生だから若いのは当然で、回復力もあるのでしょうが、どれだけの精液が私の中に出たのでしょうか。
私はぐったりとして動けなくなってしまい、息子のペニスが抜けた後から、精液が流れ出てくるのを感じてはいましたが、拭き取ることすらできませんでした。
私は息子に背を向けて、両足を閉じて流れ出る液体がベッドに落ちるのを防ごうとしました。
すると、そんな私に対し、腰というかお尻を持ち上げて身体を起こそうとする息子がいて、「何?」と聞いても「ダメ、今動きたくない」と言っても返事がありません。
身体に気だるさが残るなか、されるままにしていると、うつ伏せでお尻を突き出している状態になってしまいました。
えっ?まさか、と思う間もなく、またも硬くなったペニスで股間を突いてくるのです。
3回目?と、心の中で叫びました。
ただ、バックでやるのは勝手が違うようで、さらに私は足を閉じていたので、挿入する箇所がわからないのか見当違いの場所を突いて来ます。
アナルセックスはしたこともないし、しようとも思いません。
そこで、私の手でペニスを導いて挿入させたのでした。
今思うと、なんてことをしたと言われそうですが・・・。
息子はバックということが刺激的だったのか、子宮を突くかのように奥深くまで感じる速く激しい腰の動きで、3回目というのに一番過激だった気がします。
結局、私はその時もいってしまい、またまた身体の中に出されてしまいました。
その後、つながっていた身体を離し二人同時にベッドに倒れこみました。
しばらく横になったままでいましたが、ももを伝わり落ちてくる液体に気付き、シャワーを浴びるためにベッドから立ち上がりました。
激しい行為を続けたせいなのでしょうか、身体がふらついています。
「大丈夫?」という声と一緒に、息子が手を差し出してくれました。
その息子に連れられ、二人とも全裸で寝室を出て浴室に向かいました。
私がシャワーを浴びようとすると、息子がシャワーヘッドを持って身体にかけてくれます。
背中から胸にシャワーが移動したので横に目をやると、私の身体に視線をやった息子が一心にシャワーをかけているのです。
どうやら、見られているという感覚が私になくなったようです。
シャワーのあたる場所が、胸からおなか、そして下腹部へと行くと、突然息子はしゃがみこみ、ペニスを受け入れた股間にシャワーを集中させました。
そこからはかなりの精液が流れ出ているはずです。
その箇所を念入りに洗い流そうとする息子の手が、私の快感を再び呼び起こしてしまいました。
しばらくして、私が漏らす吐息でそれに気がついた息子は、背後に回ると4回目の挿入をバックで行ったのです。
私はバスルームの壁の手すりを両手でつかみ、身体を支えるのが精一杯で、しかしそれでも快感に悶えてしまうのです。
驚くことに、4回目も息子は射精しました。同じように私の身体の中に・・・。
翌日の5月1日は、息子も私もしっかり寝坊してしまい、息子が学校に飛び出た後も私は眠り込んでしまいました。
昼過ぎにようやく起き上がり、多少お酒が残っている頭で、思い出したくない昨日のことを振り返りました。
そこで不安が大きく広がったのが妊娠でした。
最近ではほとんど生理について無頓着になっていて、夫は必ずコンドームを付けてくれるし、自分の危険日がいつなのかがわからない状態です。
ましてや、昨日は4回の行為すべてにおいて、身体の中に出されてしまったのです。
子供がなかなかできなかったとはいえ、その原因が私なのか夫なのかがわかりません。
考えれば考えるほど不安が広がっていきます。
ただ、昨日の今日で妊娠がわかるはずもありません。
そのことを深刻に考えることをやめよう、と気持ちを切り替えました。
ところが今度は、息子と今後どう付き合っていったらいいのかを考えると、また別な不安が広がってきました。
それも考えたからといって、今ここで答えが出るはずもなく、気付くと時間は夕方になってしまいました。
そこで、気を紛らわせようと買い物に出ると、今度は目にした、走っている車からカルチャー・センターのオーナーのことを思い出したのです。
しかし、これについて答えはすぐに出せました。
パソコン教室をやめよう、と決めたのです。
すると、何も解決できないことばかりだったのが、ひとつでも解決できて、気分的に少しだけすっきりしたのでした。
買い物を終え、自宅に戻るとすでに息子は帰っていました。
食事の時は、何もなかったように時間は過ぎていきました。
傍目で見ても、昨夜抱き合った親子とは誰も思わないはずです。
その二人の間に別の空気が流れたのは、息子の一言からでした。
「ママ、一緒にシャワー浴びない?今日も、ママとセックスがしたい」。
私は自分の耳を疑いました。
そして、一線を越えてしまった怖さがもたげて来ました。
「なに馬鹿なことを言ってるの!」、そう言う私は真剣でした。「昨日のことは忘れなさい。それに、昨日までのことも」。
いつの間にか涙が流れてきました。
「ママも喜んでた、と思ってたよ」と息子は言うと、自分の部屋に戻って行きました。

30日は様々なことが起きて、忌まわしい意味で忘れられない一日でした。
今回は、読み返すことをせずに送信します。
恥ずかしさと愚かさと情けない自分に会いたくないので。

30日は大変な一夜でしたね。オーナーとの出来事があって動揺なさっていたからこそ、息子さんの要求を拒絶しきれなかったようにも思います。――BLUE


toucoさんから その12


(09/07/12)
前回の告白からちょうど11ヶ月。恥ずかしさと後悔とで、しばらくはこのサイトを訪れることができませんでした。
自分が告白したサイトのURLを、クリックすることさえできなかったのです。
その後、気持ちが落ち着いて訪ねてみると、幸い(?)なことに更新もお休みしていたようで、告白の続きに触れることから避けていました。
息子との日々の関わり合いは、告白を始めた頃もそれ以降も思ったように改善せず、むしろ新たな出来事や悔やむような事が降りかかり、関係という点ではより悪くなった時もありました。
しかし、一人で悩みを抱えていた頃から比べれば、告白するようになって抱える悩みの量が精神的に軽減したような気がします。
しばらくぶりに訪れたこのサイトが更新されている様子を見て、告白した後に感じた、胸のつかえが取れたような気持ちが思い出され、あらためてキーボードに向かいました。
他の人が読んでいる、そう思うと顔から火が出る思いもありますが、告白を続けよう、いや、再開しようと思います。
それでも、過去の自分の告白は読み返せませんでしたが。

忌まわしい30日、その日以降、私と息子の付き合い方はぎくしゃくしていたと思います。
私の息子に対する接し方は距離を置くようになり、息子も私の態度に合わせるかのように見えない壁を作り始め、二人の間の会話は少なくなっていきました。
中学2年になって息子は部活のレギュラーになったこともあり、早朝と放課後遅くまでの練習が続きます。
携帯のメールで、『夕飯いらない。食べて帰る』というぶっきら棒な連絡を何度も受け、一人で夕食を取る日が増えましたが、かえってホッとしていました。
海外赴任になって3回目の夏の休暇で帰ってきた夫も、あまりに素っ気無い息子を訝しがっていました。
しかし、夫は部活での様子が気になってきたようで、息子の試合を見に行こうか、という提案もありましたが、二人だけで過ごす時間が欲しい、という甘えた素振りの言い訳で断り、結局夫は私のそばに居ることを選んだのでした。
その夫の気遣いが痛いほどわかるのに、夫に話せない息子との出来事が心に引っかかり、夫に抱かれるたびに不安が膨れてくるのでした。
夫が赴任先に戻り、息子の夏休みも残り少なくなったある日、私の出かける予定に合わせるように、友達とプールに行くと言う息子が、やたらと何時に戻るのかを聞いてきます。
またもや息子の思いを悪いように考えて、遅い時間を伝えました。
そして、伝えた時間よりかなり早く帰ってみると、玄関に女性用らしきスニーカーがあるのです。
息子の名前を呼びながら「誰か来ているの?」と部屋のドアを開けたところ、ベッドでシーツを肩まで引き上げている息子がいました。
そのシーツからは、よく陽に焼けた細いふくらはぎと、水着の跡が白く残った丸いお尻がはみ出ています。驚きと同時に、思わず『頭隠して尻隠さず』ということわざが頭に浮かび、可笑しくなってしまいました。
「ちゃんと服を着て、二人でリビングに来なさい。早くいらっしゃいよ」、そう声をかけるとドアを閉めました。
自分としては、冷静な振る舞いを見せたつもりでしたが、実際は心臓がドキドキしていました。
それはたぶん、息子が女の子とベッドに裸でいたからではなく、つい3ヵ月前に息子と抱き合っていたのは自分だったから、かも知れません。
しばらくして、二人はリビングに現れました。
女の子の方は、息子の陰に隠れるように入ってきて、息子の歩みが止まるとその隣に並びました。
「ずいぶん早い帰りじゃん」。息子は殊更無愛想に言います。
私はそんな息子より、隣の女の子に視線が留まって動きません。
よく陽に焼けていて健康的な感じがします。
色が抜けたデニムをかなり短く切ったパンツに、もしかして、息子のものかも知れないオーバーサイズの真っ白いTシャツ。
パンツから伸びた足は長く締まっていて、背丈もあるようです。
「立ったままじゃなく、座りなさいよ」と息子のほうに顔を向けて言い、ソファを示しました。
その前のテーブルには、アイスコーヒーが入った二つのグラスが並んでいます。
私の前に座った二人はすぐに飲み物に手を伸ばしました。
あらためて女の子に目をやって気付いたのは、間違いなく年上のようです。
整った顔付きで、短めの髪が活発そうに見せています。
「初めまして、が、こんな風になってしまって、すみません」。突然、その女の子が話し始めました。
彼女は大学1年生で、息子の中学校の卒業生、中学在学中は女子バスケット部で、高校に入ってからは高校のバスケ部にいながらコーチの代理で中学生の後輩を教えていた、息子と付き合い始めたのはこの夏から、等々のことを聞かされました。
つまり、息子の4歳上。よく見ると、クリッとした目のかわいい顔をしています。
「お母さんにこんなこと言うのは変ですけど、最後まではしてません」。正面を切ってきっぱりと言われると、やましい事はしていません、と言われているみたいで、私の考えって古いのかな、とも思ってしまいます。
とりあえず、親として今日のような関係は望まない、今後付き合いを続けていく場合は節度を持って、を伝え、帰ってもらいました。
息子は彼女を送ると言って出て行き、ひとり残され、テーブルの上の飲み残したグラスを見ていたら、なんだか息子を取られたような気がしてきて、再度息子を抱きしめて取り返したい衝動に駆られました。
しかし、それを戒めるように自分の情けなさも感じていて、『今日のような関係は望まない』と言いながら、自分は息子と関係を持ってしまったのです。
勝手で矛盾した話です。
そんな思いでいる中、息子は帰って来ました。
気まずいのか、真っ直ぐ自分の部屋に入ったままです。
夕飯の準備を始めましたが、あまりに音がしないので覗きに行くと、部屋は十分に暗くなっているのに明かりもつけずに、ベッドを背に床に座り込んでいました。
別にきつく叱った訳でもないのに、何をしょげているのか、ぼんやりと見えるその姿が無性に可愛く思えてきます。
そこで、何か話をしようと思い、息子の隣に座りました。
「今身長は何センチ?」
「177」
「クラスでも高い方でしょ?」
「上から5番。バレー部、剣道部、バスケ部、野球部、そして僕」
「そうなんだ。今日の彼女もけっこう高いんじゃない?」
「女で170だもん、でかいよ」
「思ったより高いのね。二人並んでたら、そんなに高く見えなかった」
「大学でも大きい方だってサ」
「中学生で大学生が彼女だなんて、ませてるわよ」
「彼女じゃないよ。アイツ、男だったら誰でもいいんだ」
こんな風な会話だった気がしますが、最後の言葉が中学生の息子の口から出たとは思えなくて、暗がりに慣れた目で息子の顔を覗き込みましたが、その表情は読みきれません。
すると、覗き込んだ私の方を向きながら、「僕が一番好きなのは、ママだけ」と、これまでも何度か耳にした言葉。
「そんなこと、もう言わないの」と答えながら、大学生の彼女より自分が選ばれたという、母親らしくない感情を覚えてしまいました。
その気持ちを見透かされたのでしょうか、息子の顔が目の前に近づくと、あっという間にキスをされてしまったのです。
そのキスが、息子を3ヵ月前に呼び戻してしまいました。

続く、とさせてください。


toucoさんから その13


(09/08/03)
告白の続きです。

唇が離れた時、すでに息子の両腕で抱きすくめられていました。
「いけないと言われたけど、やっぱりママがいい。他の女の人じゃ嫌だ」。
この時の『他の女の人じゃ嫌だ』という息子の言葉が、記憶の底に心地よく刻まれました。
その言葉のせいでしょうか、それからのことは、態度ではっきりと拒否したかどうかはあやふやで、むしろ抱きすくめられたまま息子を抱き返してしまったのかもしれません。
真っ暗な部屋の硬いフローリングの上で、またもや抱き合って舌を絡めるキスをしてしまいました。
突然、「さっきはいきなりズボンとパンツを下ろされて、口でやられた」と、キスから唇を離した息子が話し始めました。
意味が解らない、といった表情を見せると、息子は「フェラチオ」と早口で言い、続けて「ママには僕がやってあげた」。暗がりでなければ、赤くなった顔を見られたことでしょう。「僕はママとしかキスはしない、そう決めてる」、そう言う息子を私はしっかり抱きしめていました。
フローリングの上で抱き合ったまま、私は着ている服すべて、といってもTシャツ、デニム、ブラにパンティ、それらをすっかり脱がされていました。
私を全裸にしてすぐ息子もすべての服を脱ぎ去り、私の身体に抱きつこうとします。
その時、先ほどの会話が私の意識に残っていて、無意識にある行動に走ってしまいました。
私は覆い被さろうとする息子をさえぎり、いきり立っているペニスを両手で掴むと口に含んだのです。
夫のモノを口に含んだのは、何時かも思い出せないほど昔のことでしたので、初めはぎこちなかったかもしれません。
それでもすぐに、私の口や舌はすぐに反応し始めました。
表情はわからないものの、突然だったので息子は驚いたに違いありません。
その内に、息子の吐く息が深くなり、私の頭や髪の毛を触っていた手の動きが激しくなってきました。
突然、ペニスが喉奥深く突くかのように腰が動いた後、口の中に生暖かい液体が飛び出てきました。
そして、私の頭上で息子の「ウッ」という声と一緒に何度か口の中のペニスが小刻みに動き、その動きが止むのを待ってペニスを手と口から離しました。
感覚的にですが、かなりの量が口の中に出された気がします。
暗い部屋に息子を残し洗面所で口をゆすいでいると、すぐに息子が入ってくる音がしました。
顔を上げると、目の前の鏡には裸のふたりが映っています。
息子は背後から私の腰に腕をまわし、背中に頬を乗せました。
口をゆすぎ終わって再び顔をあげると、それを待っていたかのように背中から顔を離し、腰に回していた右手を私の中心部に伸ばし、探し出すようにひだの中をなぞってクリトリスに辿り着くと、その指先をゆっくりと撫で回し始めるのです。
少しの間があって、私が感じてきたのがわかるのか、今しがた射精したばかりなのにすでに大きくなったペニスが、私の内股に分け入って来ました。
そしてついに、息子は私の腰を持ち上げ、ペニスを挿入しようと試み始めました。
その動きを邪魔するように腰を動かすのですが、私の身体は私の意思とは裏腹に、受け入れる準備には十分なのです。
結果的には、ただ単に焦らしただけでした。
ついに、二人とも一言も言葉を発しないまま、息子のペニスは私の中に入って来ました。
そこで漏らした私の声が合図となり、私の声と息子の荒い息遣いだけが狭い洗面所で響き始めたのです。
この時も私はいってしまい、その時身体に触れた洗面台のひんやりした感触が、火照った身体に気持ちよかったのを妙にはっきりと覚えています。
しかし、また身体の中に出されてしまいました。
この日を境にして徐々にですが、息子とのぎくしゃくした関係は和らぎましたが、それと反比例するように、身体への接触が過激になってきて、それまでなかった息子の行動、例えば胸を触ってくる、スカートの中に手を入れてくる、その入れた手がさらに下着の中にまで入ってくる、あるいはペニスをこれ見よがしに隠しもせず、私の反応を楽しむかのように室内を歩き回る、といったことが頻繁に行われるようになったのです。
いくら鈍い私でも、母と子という関係が危うくなってきたのを感じ取りました。
それまではあまり身に着けなかったガーターやボディスーツを、家にいるときにも着るようになったのです。
そんな日々のある日、生理が遅れていることに気付きました。
初めは、遅れている気がする、そんな程度だったのですが、10月の声を聞いて改めて計算してみると、見事に生理が止まっているのです。
考えられるのは、夏休みも終わり間際の洗面所でのセックスです。
関係を持った時はすべて身体の中に出されて、避妊についてなにも施していないので、妊娠していてもおかしくはありません。
すぐに、妊娠しているかどうかを判定する薬を購入しました。
ところが、結果が怖くて、その判定薬を使うのをためらってしまうのです。
息子に相談、いや、話すこともできず、精神的にかなり参ってしまいました。
そんな状態で無為に10月も過ぎてしまいそうになり、ついに日曜日に決断し、判定薬を使ったのです。
その結果は、妊娠していない、でした。皮肉なもので、その翌日、不順だった生理が始まりました。

また、続きにさせてください。


toucoさんから その14


(09/08/10)
告白を続けます。

妊娠していないことがわかり、本当にホッとしました。
いつも生理中は憂鬱になるのに、その時だけは妙に浮かれた気分でした。
ただ、2~3日経って不意に「避妊」しなきゃ、と思って塞ぎ込んだり、また何日か経つと正しいのは「セックスをしない」ことなんだ、と思い立ち毅然とした態度で息子と接しようと虚勢を張ったり、何でこんなことになってしまったのかを思い病んだり、情緒不安定の期間がしばらく続いた気がします。
そんな状態の中で、あの30日をありありと思い出させるような、忘れられない、しかし忘れ去りたい出来事が、再び起きてしまいました。
11月も末になった土曜日の午後、本を買いに寄った書店のショーウィンドー越しに見えたのは、なんと息子と例の女子大生の中睦まじく歩いている姿でした。
受け取った本を落としそうになるほどの驚きです。
あの夏の日以来、息子の口から彼女のことは一言も出なかったのですから。
私が帰宅しても、やはり息子は帰っていませんでした。
ただでさえ、部活動も一段落し近づく年末の喧騒に浮かれそうな週末です。
案の定、日が暮れてから届いたメールは「夕飯はいらない」。家に帰って来た時は、9時を過ぎていました。
帰ってくるまで、女子大生と歩いていたことを言おうか言うまいか考えていたのに、息子の姿を見たとたん、口を突いたのは「今日一緒に歩いていたでしょ。まだ付き合っていたの!」。それまでいろいろと、どういった言葉で切り出そうかと考えていた時間が、無駄になってしまいました。
その時の私の言い方は詰問口調になっていたようです。
乱暴な口調で「付き合ってなんかいねぇよ」と言う反抗的な返事が息子からありました。
しかし、嫌々ながらも渋る様子もさほどなく、これまでの経緯を話し出しました。
来年の試合を頑張って、と言う呼び出しを受けて夕ご飯をご馳走になったのが今日。
そこでまた「まだ先輩後輩の立場でいよう」と言われたこと、あの日以降会ったのは2・3回位で、ハンバーガーを奢ってもらう程度の付き合い、ということでした。
息子の言うことすべてを信用したわけじゃないのですが、どこか安心した感情を覚えたのは事実です。
以前にも感じたことがある、母親らしくない感情が湧き出ていました。
すると、その心の動きを見透かされたのでしょうか、「ママ以外の女の人を好きになんかならないよ」と大人びたことを言った後に、「ねぇ、もしかして、嫉妬した?」と笑ったような目で続けるのです。
バカなことを言ってるんじゃない、ぐらいのことを言ってやり返してもよかったのでしょうが、見透かされたことが動揺につながって、顔を背けるくらいしかできませんでした。
その私の反応で増長したのか、「嫉妬したんでしょ」とうるさいくらいまとわりつきます。
「何度も言うけど、ママだけが好きなんだ」。そう言うと今度は、ソファに座った私の前に座り込み、私の膝の上に組んだ手を乗せ、さらにその上に顔を乗せて、笑ったような上目使いで私を見るのです。
なぜかその目を見返すことができなくて、目をそらしている私に息子は言葉を続けます。
「人には言えないけど、初めての人がママなんだもん」
「ママが大好きだって、ママもわかってるはず」
「ホントは毎日でもママとセックスしたい」
話の内容についてはおぼろげです。
言っている内容が徐々に過激になっていく息子の声を聞いているうちに、だんだん頭がボウッとしてしまう錯覚に陥りました。
そして、ついにその頭に衝撃が走る言葉が出たのです。
「ずっと我慢してるけど、僕がその気になったら、ママが嫌がってもやれる、絶対に」。
言っている意味の本音が見えてきて、『絶対に』の言葉が重くのしかかります。
膝の上の息子の目は、もう笑ってはいません。
体格や腕力では、すでに息子に敵うわけがないのは確かな事実です。
初めて息子に恐怖を感じました。
しばらくの沈黙の後、ゆっくりと左腕が腰に巻きつき、抱きかかえられ、目の前には息子の大きな背中しか見えなくなり、そこで我に返り、何をやるの、とか、離しなさい、とか、ダメ、いや、様々な言葉を叫びました。
しかし、完全に手遅れでした。
息子は叫ぶ私にお構いなしで、スカートのボタンをはずし始め、それをさせまいと目の前の背中を力任せに叩き、足をばたつかせましたが全く怯みません。
叩くたびに低い音を出す大きな背中がさえぎって、自分の腰から先が何も見えないまま、スカートのボタンが外れる、ストッキングが破ける、といったことが感覚でもわかり、悪いことは重なり、こんなときに限ってガーターは外出から帰ったときに脱いでしまっていて、最後にはもがく様な抵抗もあえなく力ずくでお腹を押えられ、スカート、ストッキングとソックスも一緒に剥ぎ取られ、残ったたった1枚の下着も乱暴に脱がされてしまったのでした。
それでも足をばたつかせて、息子の広い背中の前で抵抗を続けるのですが、結局最後には左足を抱えるように押えられ、動きが取れなくなったとたん大きく持ち上げられ、すべてをさらけ出す格好となったのです。
そこで動きをいったん止めた息子は、私の身体を押さえ込んだまま振り返り、「ねっ、ママ」と言い放ったのでした。ここで感じた怖さは、子供にではなく男に対してのものでした。
再び私に背中を見せた息子は、左足だけを大きく跳ね上げるように抱えて、私が一番感じてしまう、そして息子にとっても一番の好奇の対象を、すでに勝手知ったといった風で触り始めました。
悲しい性で、感じ始めるまでに時間はかかりませんでした。
「もう濡れているよ」という声に、抵抗できる私ではありませんでした。

文字にしてあらためて、「30日の出来事」よりショックを感じています。
思い出しながらキーボードを叩いていると、身体が震えてきました。
気持ちのどこかで、この出来事を30日の陰にして、忘れようとしていたのかもしれません。
ただ、ふと、本当に必死に抵抗したのか、ということが頭をもたげてきました。
どこかで、息子の行動を軽く見ていたのか、あるいは潜在意識で望んでいたのか。
なぜか、強く否定できない私がいます。
このわだかまりのような気持ちを晴らすには、もう少し心の整理が必要です。

あまりにも生々しい告白に、ドキドキして興奮してしまいます(このような表現は失礼かもしれませんが)――BLUE


toucoさんから その15


(09/12/07)
思い出したくない記憶を無意識の内に仕舞い込んで、そのことに気付かないままその記憶を掘り起こしてしまったようです。
前回の告白は、私自身に思いもよらない衝撃を与えました。
自分への嫌悪感はもちろんのこと、息子への畏怖、夫への罪悪感、その他言葉にできない不安感。
閉じ込めた記憶を鮮明に思い出

その他 | 【2022-11-27(Sun) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*