2ntブログ

息子の先輩

私は10代で初めて子供を生み、その後結婚と離婚を繰り返し、今では5人の子連れの身です。
上2人はすでに独立し、真ん中は唯一の女の子だった為、父違いの男の子たちの中で育てるには難しいと思い、実家に預けています。
しばらくは母子3人で一緒の生活を楽しんでました。
ある日、2番目の子の部屋に行くと、先輩らしき人が息子の部屋のドアノブのところに差し入れを掛けて、立ち去る所でした。
母親なので、お礼を言った後、その先輩を息子の部屋に上げました。
部屋の中で2人で数時間過ごしましたが、非常に彼の良さが伝わってきて、私のほうから、彼のメールアドレスや携帯の番号を聞いてしまいました。
その晩から、私は毎日のように彼に連絡を取るようになりました。
彼自身も一人暮らしをしていましたが、経済的には問題はなく、むしろその世代としては稼ぎはかなり良い方です。
それから私のほうから誘って、彼と飲みに行きました。
自分で無意識に男を断っていた数年でしたが、彼によってそれは打ち破られました。
何度か飲みに行くうちに、私の方が彼に気を許してしまっていました。
そして、ある晩に飲みに誘われて、待ち合わせ場所に行くと、彼は酒を飲むはずなのに、
車で迎えに来ました。
どこに向かうのかは教えてくれず、立ち寄ったコンビニでお酒を買いました。
彼が車を走らせている中で、私は助手席でお酒を飲んでいました。
車の中で飲んだのは、初めてで非常に酔いました。
信号待ちでキスをされてしまいましたが、私のほうから彼に抱きついてしまっていました。
彼の手は私の背中に回っていましたが、信号待ちが終わると彼の手は私の背中を擦りながらも、服の中に入っていました。
驚いたのは、いつの間にかブラのホックが外されている事でした。いつ外されたのか分かりませんでしたが、
服の前のほうを捲られた時に、気付きました。
気付いた私は恥ずかしくなり、彼に抱きつくようにしましたが、彼は運転中だから危ないからと言って、私を助手席に押し付けました。
服は捲られて、シートベルトが胸の谷間に押し付けるようになり、さらに彼の胸の愛撫が終わらず、服が落ちてきませんでした。
夜とはいえ、そこそこの他の車とすれ違うたびに顔を背けていました。
すると、また信号待ちで今度は彼が私にキスをしながら、助手席のシートを倒してしまいました。
そして、彼が私の耳元でズボンを脱いで欲しいと言ってきたのです。
私は恥ずかしいからと一度は拒否しましたが、彼に耳元を舐められているうちに反抗できなくなってしまいました。
脱いだズボンは後部座席に投げられて、私は助手席に横たわりながら、彼の手の愛撫をほぼ全身で受けていました。
彼の手は私の下着の中にも入り、すでに濡れていた部分を丹念に撫で回していました。
運転しながらも愛撫をする彼は言葉で私に恥ずかしい事を言ってきました。
その度に私が答えるまで、続けてくるので私はそのうち素直に答える様になっていました。
自分から恥ずかしい事を口にさせられる事もありました。
男性経験はそれなりでしたが、走っている車の中で辱められる事はありませんでした。
下着もそのうち自分で脱ぎ、上半身も脱ぎ、自分から私は全裸になっていました。
彼は突然コンビニに入りました。
コンビニの駐車場で私は一人全裸のまま車で待っていました。
コンビニから出てきた彼はしばらく外でタバコを吸って、私の様子を眺めていました。
他のお客さんや店員さんにはなんとか気付かれないで済みましたが、すごく恥ずかしい出来事でした。
そして、いつの間にか車はどこかの山の中へと入っていました。
彼は車を止めて、私を降ろしました。
そして、ボンネットの上に手を付いた私の後ろから彼が入ってきました。
私が寒いというと、ボンネットの上に寝かされて、また彼が入ってきました。
車の揺れと彼の動きが妙にマッチしていて、気持ち良くなり、そこからあまり記憶がありません。
気付くと、彼の助手席にまた全裸で寝かされていました。
時間はもう少しで日付を越えるところでした。
私たちは夕飯を摂っていなかったので、適当なファミレスに彼は入りました。
そこの駐車場で私は下着は着けずにとりあえずズボンと上を着て、お店に入りました。
それだけでも恥ずかしくなり、私はあまり喉を通らなかったのですが、それが逆にその店での滞在時間を増やしていき、余計に恥ずかしくなりました。
駐車場で彼の車の後ろに呼ばれると、彼が私に抱きついてきてくれて、かなり濃厚なキスをしてくれました。
それと同時に服の中に手を入れられて、ズボンはまた膝の辺りまで下ろされてから、彼の足で地面に落ちていました。
すでに彼の愛撫に私は年甲斐も無く理性を失い、恥ずかしさよりも欲求が勝っていました。
その場で私はしゃがんで彼の一物を自分の口に入れていました。
自分から彼を求め、下半身を彼に向けていました。
彼はかなり焦らしました。それでも私が求め続けると、車の影で私は地面に四つんばいになり、彼を受け入れました。
彼は故意なのかわかりませんが、地面に落ちていた私の服の上に最後の液を出していました。
それが彼との初めての体の関係でした。



社内恋愛・上司部下 | 【2022-11-29(Tue) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

送別会で・・

この前、会社の送別会があり幹事を任された俺。
飲むどころではなく、金の管理から赤を出さぬ様
飲み物の調節やら途中から上司の帰り車の手配と
追われまくってた所に、退社するS子(23)が皆に
飲まされ過ぎて吐きそうだからと肩を貸しながらトイレへ。

小さい居酒屋な為、トイレは男女共同。
入り口に鍵をかけるとS子は便器へ向かわず・・洗面所へゲロ。
童顔でちょい巨乳なS子は会社でトップ3に入る可愛い娘だったが
この度、人の物になる寿退社。
「おいおい、大丈夫?」と背中をさすりながらみるS子の顔は
口元を汚物で汚し目は空ろ・・萎える?
で背中を摩りながら苦しそうにしてるS子を見て、さっきから
背中を摩る度にブラウス越しにあたるブラのホックを掴み
「苦しいならホック外すよ?楽になるから・・」
数秒の間の後、ゆ?っくりと首を横に振るS子だが
誰に言われてるのかも分からない様だ。
俺は両手でホックを外すとブラウスの裾をスカートから出し
少し躊躇したが「ええ?い、なるがままよ!」
と前屈みになってるS子の後ろから抱きつく様に両手を左右から
ブラウスの下から中に入れた!
ホックが外れ、前屈みになってる為浮いた状態になってるブラを
上へズラすと見えはしないがオッパイがボロン!と垂れ下がり
生暖かい&超柔らかい感触に俺はかなり興奮しながら乳を揉みしだいた。
さすがにS子も体をモゾモゾとくねらせ、嫌がる素振りを見せたが!
「ウッ、オエッ?ゲロゲロ?」
と第二射目(苦笑)
俺はチャンスとばかりに右手を乳から離すと、速攻でスカートを捲り上げ
生太腿を摩りながらピンクの紐パンをほどいた。

「○○君??S子、どう?大丈夫?」
と、いきなり外から同僚女子の気遣う声!
S子が嗚咽ならぬ声をあげようとした所で思わず口を塞いで
「あ?!ダイジョウだよ!吐いて大分落ち着いてるから?
今、吐いたあと掃除中?連れて戻るから」
「は?い」
立ち去る音を聞いたあと、口を塞いだことによりゲロがついた
右手をS子のスカートで拭きパンツも取られ下半身露になっている
黒い茂みへ指を滑り込ませた・・この状況下でも濡れるのか、S子の鮑は
既にヌラヌラとしており栗を指でコリコリとすると体がビクンビクンと
波打つ・・そのまま濡れた指を尻の割れ目へ這わせ、窄みへ第一関節まで
ズブっと入れると括約筋がキューっと締まり、S子が仰け反った。
俺は急いでズボンを下ろし、我慢汁が出まくってるムスコを取り出すと
足を広げさせ&もっと前屈みにさせケツを突き出させると、ムスコを
S子の鮑入り口にあてがった。
さすがにS子もこれには抵抗しようとしたのか、ゆっくりと弄る様に
右手を後ろに伸ばし俺のムスコを押さえ挿入を拒みかけたが俺は
軽く払い除けると、一気にズブズブとムスコを突っ込んだ。
中はヌルヌルと生暖かく立ちバックだけに締まりも良い。
S子の両脚はガクガク震え、体は仰け反り「ア・・アウッ・イ」
と嗚咽を漏らした。俺は構わず後ろからガンガン突き上げた
S子は両手で洗面器を押さえて崩れまいと必死に堪えながらも
誰がこんな事をしてるのか見ようと振り向こうとした瞬間!
「ウッ!・・ゲ?」三回目スタート!!!
俺は左手で乳房を揉みしだきながら、右手は支える様にS子の腹に回し
突き上げ続けると直ぐ絶頂感が襲って来た。
この状況下な為、堪える事もなくドクンドクンと波打ちながら精子を
速攻S子の膣内へ大放出!
す、すると何とS子が失禁・・・俺は慌てて棒を引き抜くと、そのままの
状態でシャーと床へ立ち小便(苦笑)



社内恋愛・上司部下 | 【2022-11-25(Fri) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

相談相手

私は、旧家に嫁いだ新婚の若妻です。決して誰にも言えない体験を聞いてください。
私は親の反対で大好きだった彼と別れてしまい、お見合いで嫁ぐことになりました。
いろいろありましたが、相手の男性は、ごく普通の方で、しかたなく承諾したのです。
私は式が近ずくつれ、極度のマリッジブル?に陥ってしまいました。
何度か上司のAさんに相談するうち、ある夜遂にホテルに連れて行かれたのです。
私もそれを望んでいたのかもしれません。 Aさんは学生の頃、レスリングの選手で体格がよく、まるで丸太ん棒のような腕、
グロ?ブみたいな手の平そして厚い胸板で、前の彼や婚約者とはあきらかに違いました。
ホテルの部屋で私の細い体は太い腕に抱き寄せられ、唇を吸われ彼の舌が絡んできました。
喉まで届きそうな長さで驚いていると、大きな手で自慢の乳房を揉まれました。優しい愛撫です・・・
やがて背後から胸全部が隠れるほどの手の平で私の両乳房が揉みしだかれ、そのえもいえぬ快感に大きな声で喘いでしまった。
今夜私はいったい何度イカされてしまうのだろう、そんなことが悶える私の脳裏をかすめていたのです。
ベッドで裸になった私の股間にあの長い舌が差し込まれ、頭の中が真っ白になり、イカされました。
舌が膣の中に届き私の愛液が舐め取られ、代わりに彼の唾液が注ぎ込まれて私は、叫び続けていました。
延々と太い指と長い舌で愛撫を受ける私のクリトリス、アクメが何度も押し寄せました。意識もうろうの私は何度も挿入を哀願していました。
そしてやっと入れてくれたのです、一杯です今まで経験したことのない固く太いペニスを打ち込まれ、失神しました。
Aさんはわたしの体など軽がると持ち上げ、色々な恥ずかしい体位で貫いてくれたのです。
彼のペニスを夢中で咥え精一杯奉仕もしました。私は、なにもかも忘れ一匹のメスになり、彼の厚い胸のなか何度も昇天したのです。
夢のような一夜でした・・・・・翌日私は会社を辞め結婚の準備に入りました。Aさんは何もなかったように、笑顔で送り出してくれました。
Aさんは半年のち癌で急死されました。あの夜の事は私以外、誰も知る事はないでしょう、でもあのAさんの巨根は、わたしのあそこが、しっかりと覚えています。



社内恋愛・上司部下 | 【2022-11-24(Thu) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

早とちり

私は健康器具のメーカーでOLをしています。仕事は開発設計部で商品の基礎を設計する業務です。

といっても小さな会社なので、他社を真似ることから始まります。ウォーキングマシーンを安く設計して、安価で販売したりなどです。

そこは1課と2課があり、1課は一般向けですが、2課は主に女性向健康グッズの設計をしています。

主に美容ダイエット関係のものです。部署は当然全員女です。いつもみんな友だちのようなので、楽しくお仕事が出来ます。

おおまかな仕事の流れとしては、ヒット商品をいち早く買ってきて、実際に試しながら改良を加えていき、販売します。

バストの形を整える商品や、乳首の色を変える商品などの設計もありました。

一般の売られている商品の効果を確かめるため、私が実験台にならなくてはなりません。そういう恥ずかしい仕事は必ず一番下っ端の私の仕事になりました。

そのため、まずはその器具の使用前の写真を取られます。つまり、もともとの私のバストを写真に撮られます。

もちろん顔の部分は映さないので胸のアップの写真だけをとられました。先輩も昔やったことがあるらしく、「恥ずかしいだろうけど、みんな一度は通る道だからね」と教えてくれました。

全員女だし、恥ずかしいけどまあ仕方ないか、誰かわからないだろうしと思い写真をとってもらい、数日後、その器具の使用後の写真をとって使用前と使用後を比べたりしていました。

もともと私のバストは少し外向きで、乳首もこげ茶がかっていたので、乳首の色を変える器具の実験台になった時は「ちょうどいいわね」と先輩に笑われました。

ホンとすごく恥ずかしかったです。

他社のものは使用前と使用後でほとんど変わりませんでした。乳首の色を変えてくれるクリームは気持ち乳首の色は薄くなったような気がしますが、バストの形を整える器具のほうははほとんど変わりませんでした。

それからしばらくすると今度は、自社開発のものを使用することになりました。私はまた、実験台にさせられました。もちろん、再度使用前の写真をとってもらいました。

それからしばらくして、ある日営業部の部長とその部下の先輩と私の3人で営業に行くことになりました。

大手の流通メーカーでどうしても契約を取りたいので、設計に携わっていた人も同席して欲しいとのことでした。

私は営業は未経験だったけど、しかたなくスーツを着て営業に行きました。営業先の会社はすごい大きな会社で、会議室も一番奥の市場なん綺麗な部屋に通されました。

偉そうな人が何人も座っていてとても緊張感のある雰囲気でした。早速部長が説明をはじめました。

いろんな商品を説明していました。私は何気なく見ていましたが、思わず一点に目がいってしまいました。

後のほうのページで見覚えのあるバストの写真が資料の中に入っていました。すぐに自分のバストの写真だと気付き、顔が赤くなってきました。

しばらくすると部長がその写真資料を手にとり説明をはじめました。「他社の製品では使用後使用前はこの程度ですが、うちの商品はこのとおり効果がはっきりとわかるでしょう、この商品を開発したうちの開発の○○(私のこと)がモニターになっています。」

と私のほうを向きました。私は真っ赤になっていました。何でこの人はこんなことを知っているのだろうか?いや、何で私の裸の写真がこんなところで使われているの?いろんなことが頭を駆け巡りました。

相手の会社の人たちの視線が一気に私のほうに集まりました。

わたしは「えー、あ、あのー」と声を詰まらせていると、向こうの会社の人から「これはあなたの写真ですか?」と聞かれ、「あ、は、はい」と答えました。

私は気が動転してどうしていいのやらわからなくなっていました。そこへ部長が「○○くん、これを説明してもらえる?」と助け舟を出してくれました。

私は「もうどうにでもなれ」と思って、「これは、他社のクリームをつけた後の写真で、こちらは弊社の開発したものです。写真を見てもお分かりのようにその差は歴然です。」と学生のレポートのような中身のないことだけを言って引き下がりました。


その後部長がフォローを入れてくれているようでしたが、もう私の耳には何も入ってきませんでした。頭の中では、ココにいる人たちや会社の人たち全員に裸を見られたのか思って、悔しくて恥ずかしくて泣き出しそうでした。

開発部に戻って上司や同僚に言うと、先輩から「あの写真は外部の人ってことになってるのよ。部長が勘違いして言ったのをあなたが真に受けちゃったんじゃない?」と笑われました。

結局私の早とちりだったようで、とても悔しい思いをしました。その後はもしかしたら営業部どころか、全社内であの写真のことを見られていると思います。

このことはお母さんには話して笑われましたが、お父さんや彼氏にだけは絶対にいえません・・・。



社内恋愛・上司部下 | 【2022-11-23(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

喪家への対応マニュアル

675 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/02/11(金) 20:06:20 ID:Zj55cvEN
大学の時
1学年上の人で宗教に誘いまくる人がいた。
俺も誘われたんだが、そのときの断り文句が

俺が神様です。
その神たる俺様がどうして他の神を崇めなければならないのですか?

これを聞いて諦めたんだが、その話を聞いた人達も皆同じように
神様は私だ。。。と言い出して
そのうちこの先輩も宗教の勧誘はしなくなった。

以下余談だが
一時期このフレーズが大学で流行り
NHKの集金・新聞の勧誘・押し売りetc
断り文句の常套句になったよ
で、なんか俺が教祖様として崇められるようになった



社内恋愛・上司部下 | 【2022-11-22(Tue) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*