2ntブログ

少女愛美1

デッキのスイッチをいれた。
?愛美13才①?
何かに怯えたように画面に映っている少女。
制服をきている、髪の長いすらっとした素晴らしく美人な少女だ。
女優の栗山千明のような雰囲気である。
『準備いいで!はじめろや』
カメラを映している男(A)の声。
カメラが引いていく。
調度品などは何もないがらんとした部屋に大きな白いマットがひいてあった。
画面に二人の男(B)と(C)が現れ、少女に襲い掛かった。
『いやあーー!いやあーー』必死に抵抗する少女。
でっぷりした毛深い男(B)が暴れる少女に
『おとなしくせんかい!ガキ!』と平手打ちをする
『あっ!』マットに倒れ込む少女。制服のスカートがめくれて白い下着が見えた。
『いや…助けて!家に帰して……』
筋肉質で痩せた男(C)が『俺らのいうこと聞いたら、帰してやるよ』と、少女の制服をぬがそうとする。
『いや!いやー!』
B『おい、ヒデ、捕まえてろや』
Cは少女を羽交い締めにした。
『いやー!やめて!』
B『やかましい!観念しろや、ガキ』Bは少女の制服をまくりあげた。
透き通るような白い肌にまだ発育途中の小さな胸に白いブラジャーが眩しい。
『きゃーーー!』
B『ガキがいっちょ前にブラジャーなんぞしくさって』Bはひきちぎるように少女のブラジャーを外した。『いやぁーーーー!』絶叫する少女。
小さな膨らみに淡いピンクの乳首。
カメラが少女の胸をズームしてゆく。
Bが少女の乳首をいたぶる。
『ひーー!』足をバタバタさせ暴れる少女。
B『ヒデ、構わんから服全部脱がせや』
BとCは暴れる少女を構う事なく馴れた手つきで少女を全裸にした。
『いやっ!』胸を腕で隠しうずくまる少女。
B『観念しろや、お嬢ちゃん。いうこときかんと、家に帰さんで?』とBは服を脱ぎながら少女に迫った。
『………うっうっ』泣き出す少女。
B『はよ、そこにねんかい、お嬢ちゃん』
『いや……』
B『ぶっころしたろか!』凄みをきかせるBに
『ひっ…』と縮こまる少女。
C『タツさん、そんなに脅したら可愛そうですよ』
『助けて……』
C『お嬢ちゃん、怖くしないから、いうこと聞いてくれるかな?』
『……』
C『お家帰りたいだろ?』『……』小さく頷く少女。C『じゃあ、横になって』少し躊躇いつつも少女は胸を隠しながら仰向けになった。
B『可愛がったるでぇ?』Bはニヤッと笑うと少女に覆いかぶさった。
胸を隠している腕をCがどけ、自由がきかないように両腕を押さえつけた。
『いやっいやっ』首を振る少女。
『可愛いオッパイしとるな』
Bは少女の胸を執拗に悪戯する。
少女は泣きながら首を振り続ける。
そんな少女の顔を押さえ付け強引にキスをするB
『んぶう!んぶ』
B『ぷふぅ!ほれ、口開けろや』
『うぅぅ…』
B『口開けんかい!』Bは少女の鼻をつまんだ。
たまらず口を開ける少女にすかさず舌をねじ込むB。顔を歪め涙を流す少女。
B『むふぅ。たまらんな。下の口はどないなっとんのか?』Bは強引に少女の脚を開いた。
『ウワーン!いやっいやあ』
『まだまだ固そうやな!わしが柔らかくしてやるさかいにな』

関連記事


その他 | 【2022-07-25(Mon) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
2022-09-04 日  17:57:54 |  URL | nejcogfvyv #EBUSheBA [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*