2ntブログ

世界で一番愛しい人 (4)

 それからも、普通に調教してもらいながら露出の調教もしてもらった。あられもない格好をしてリードを引かれながら、地下から出て散歩をするのだ。外まで出るわけではなく、あくまでビルの中だけなのだけれども。

 そこで、わたしの姿をたくさんの人に見てもらった。お姉様たちはリードを縛った後、どこかにいってしまったから、お姉様たちが帰ってくるまでわたしはずっとイっくことができた。
 視姦されながら、どういう調教をされたか告白する。そしてマンコやアナルをバイブでぐちゃぐちゃにされながら、体中に精液をかけられた。なぜかフェラチオ意外はしなかったけど。
 最後は犬のように声を上げて、お漏らしを見てもらった。とても気持ちがよく、背筋がぞくぞくした。
 そのほかにも、普通の調教が終わって脱力してる所で媚薬浣腸をされて、貞操帯を付けられ拘束される。そのまま一階まで物のように運ばれて、わたしは便器です、と書かれた後放置された。
 いろんな人が通り、女の人は蔑みながら見ていた。中にはわたしのように首輪をつけたり、全身拘束されている人もいる。やっぱりここは気持ちよくて、みんな来る所なんだ。
 男の人はだいたいわたしをじっくり見ながら、口を犯しに来る。若い人からおじさんまで様々で、服装もまばら。こまかく指示する人もいれば、おかまいなしに喉の奥まで突っ込む人もいた。
 媚薬とバイブの刺激で、時間が経つにつれてわたしの意識はなくなっていった。イき続けてるのに早くイきたいという気持ちが溢れてきて、頭がどうにかなりそうだった。最後には精液でぐちゃぐちゃの、惨めな姿になる。
 そして今日は、露出調教もひと段落ついたので新しい調教に入ると言っていた。楽しみで早く起きすぎ、前後不覚になるほど長時間扉の前で待っていた。
「ぅぁ……ほ、はよぅ……」
 挨拶をしようとするも、既に呂律も回らない状態だった。
「うわ、凄い事になってる」
「まぁ、都合がいいって言ったら都合がいいんじゃない?」
 既に動けなくなっているわたしは、お姉様に抱えられてベッドに乗せられる。貞操帯を外されると、どばどばと流れ出た。
「絞まり悪くなっちゃってるじゃない。ほらー、ちゃんとアナル絞める」
 ぱしぱしと臀部を叩かれて、無意識の内にアナルに力を入れた。体はきっちり調教されていて、もうこれくらいなら意識がなくてもできる。
「真雪ちゃんの大好きな媚薬浣腸いくよ」
「うお、おおおぉぉぉぁぁぁぁぁ……あっあああぅぅぅああぁぁ……」
 ぷちゅっ、とアナルに先端が差し込まれ、入ってくる媚薬で腸内が圧迫される。終わったと思ったらまた次が差し込まれ、引き抜かれた時に少しだけ漏らしてしまった。
「こら、漏らすな」
「お行儀悪いなー。もっと追加しちゃえ」
 ぐいとまたアナルに入れられ、勢いよく入ってくる媚薬にお腹の中をかき回される。それが終わった後は必死でアナルを絞めて、それを割り開きながらまた挿入される。
 お姉様はわざとわたしが漏らすような入れ方をして、その度に追加をされた。お腹がどんどんふくらみ、ぽっこりと自己主張をする。
 腸の中は、もういっぱいだった。媚薬を大量に吸収しているので、まるで下半身自体がマンコになった気分。ベッドに擦れている部分が、まるで挿入されているかのように気持ちがいい。
「こんなものかな?」
「今回長いんでしょ? もっと入れればいいじゃん」
「ぅああぁぁぁ……あっあっあっあっ……」
 もう入らない、と言うところからさらに中に入れられる。腸壁が限界まで広げられてるのが、お腹を見ただけで分かる。
 こんな苦しいほどの浣腸で、恥丘はぐずぐずにとろけている。本来苦しむべきの刺激は、度重なる調教で快楽に変換されるようになっていた。
 妊娠中期のようになってしまったお腹がぷるぷる震えている。
「これくらいかな。しかし、よく入ったね」
 やっと落ち着いたアナルに、アナルプラグ付きの貞操帯が差し込まれた。マンコが空くように、太ももの外をひっかけるような形状だ。
 入ったプラグのバルーンが膨らまされ、既に限界がきているお腹をさらに膨らまされる。波打つ媚薬浣腸が腸壁を刺激して、腸の奥まで淫乱にする。
「はい準備終わり。始めるから準備してね」
「はいはーい。すぐに終わらすよ」
 わたしの横で何かが用意される。同時に、ゆっくりと細めのバイブが挿入された。
 激しくして絶頂させようという動きではない。どちらかといえば、絶頂させずに快楽だけ与えようという動きだった。こんなに優しい刺激は受けた事がなく、正直物足りない。
 準備が終わり調教に参加してきたお姉様も、やはり同様にゆったりとした刺激だった。乳首を軽く摘むだけ、そっと胸を撫でるだけ、そんな刺激ばかり。
 最初はされるがままになっていたけど、次第に我慢できなくなっていく。ぜんぜんイけないのではなく、イきそうなのにイけないのだ。こんなのは経験したことがない。
 さらに、媚薬浣腸をされている時はイき続けてもまだイきたりないくらい体が発情する。これではイきすぎてとは逆の意味で狂ってしまいそうだ。
「イ……かせ……て、ィかせ……てぇ」
「んー? 真雪ちゃんイきたい?」
 返事をするのも苦しいわたしは、頭を縦に振って答えた。
「じゃあイきたくなる度に言いなさい。私はご主人様の奴隷です。どんな事でも絶対に服従します。ってね。約束できる?」
「ぁ……い」
「ご主人様は誰?」
 と言われても、わたしに思いつく人は少ない。
「ぉねぇ……さま」
「違う」
 一番最初に思いつく人を言ってみたが、違った。後は誰だろう、早く思いつかないと。イかせてもらえない。
「しゅう……ちゃん」
「……しゅうちゃんって誰?」
「私に聞かないでよ。真雪ちゃん外れよ。このままイけなでずっと放置されてる方がいい?」
 イヤだ。快楽すら全て飛んでいきそうになるほどの恐怖で、わたしの頭が一瞬冴える。他に、あと、誰がいる。
「かずや……さん」
「はい正解。じゃあ和也さんじゃなくて和也様って言いなさいね。真雪ちゃん奴隷なんだから、さんなんて気安く呼んじゃダメでしょ。それで、絶対服従を誓いなさい」
 そんなことしていいのかな、と一瞬考えたがすぐにどうでもよくなる。誓ったとしても今と状況は変わらないし、なにより早くイきたい。
 お姉様たちから与えられるぞくぞくとした刺激と、度重なる調教がわたしの思考能力を格段に下げていた。疑問に思っても無駄なのだ、例えどういう内容だとしても従うしかないのだから。
「まゆきはぁ……かずやさまの奴隷です……。ふくじゅうしますから……イかせてください」
「よくできました」
 きゅっと乳首をつままれて、上に引っ張られた。刺激を貪欲に要求していた体はそれだけでびくびくと体を跳ね上げて、絶頂を迎える。
 すぐに次の絶頂が押し寄せてくるけど、また刺激はゆるやかなものに戻った。
「もっと……くらさい」
「ダメよ。真雪ちゃん言ってないでしょ」
「うぅ……まゆきは和也様のどれいですぅ。ふくじゅう……します、だからイかせて」
「はいダーメ。いろんな言葉教えたでしょ。ちゃんとエッチしてもらえるように言わなきゃね」
 腸がどんどん媚薬を吸収して、理性が崩壊していく。はやくぐちゃぐちゃにしてくれないと、壊れてしまう。
「うう……あぁ……ええと、まゆきはかずや様のエッチ奴隷です。マンコに入れられるためならなんでもしますぅ!」
「いいよ。その調子でねー」
 ずぽっ、と一回だけ激しく、バイブが挿入される。二回目の絶頂を受け入れたけど、余韻に浸っている暇はない。
 早く、早く次の言葉を言わなきゃ。イけなくなってしまう。
「かずや様にアナルずぽずぽしてもらうためなら、まゆきどんなこともでもしますぅ!」
 アナルプラグがぐりぐりと押される。ちょろちょろとおしっこを漏らしながら絶頂し、ぽっこりしたお腹を振る。
「まゆきは和也様の奴隷になるために生まれてきましたぁ! 一生和也様のおちんちんしゃぶって生きますぅ!」
 マンコが激しく犯された。同時に胸も強く刺激される。そうか、言い続ければイかせ続けてもらえるんだ。
「そろそろ録音ね」
「わかってますって」
 腸の中が振動しだした。アナルプラグにバイブ機能があったんだ。尿道を奥まで見渡せるくらい大きく開きながら、アナルの振動に頭を真っ白にする。
 マンコに入っているバイブが太くごつごつの多いものに変わっていた。膣をえぐられるように弱点を攻撃され、愛液が当たりに飛ぶ。
 いつのまにか、乳首にはローターが貼り付けられていた。胸を責めるのをやめたお姉様は、尿道バイブを持って責めてくる。クリトリスの裏側からごりごり押して、クリトリス自体も押しつぶして両側から挟まれた。
 ちゃんと忠誠を誓えば、イかせ続けてもらえる。頭から溢れてくるエッチを、従属の言葉と共にどんどん口に出していった。
「まゆき……ペットですぅ! んああぁぁぁ、イくぅぅ! にんげんれもぉ、かずやさまのえっちぺっとですぅぅ! アナルからしっぽはやしてぇ……うぁぁぁあ! あしもとですりすりするのぉ!」
 快楽が頭を焼いていき、自分がなんていっているのかも分からなくなる。それでもいい。わたしのご主人様は一人だけで、和也様に服従さえしてれば気持ちよくなれるという事だけ覚えていれば。あとは口が勝手に言葉にする。
 ちゃんと覚えなきゃ。わたしは和也様の奴隷で、和也様はわたしの飼い主。覚えないとマンコに入れてもらえなくなっちゃう。
 すっかりエッチになったマンコもアナルも、全部わたしのものじゃないんだ。わたしの体は、ううん。わたしの全ては和也様に支配されるためにあるんだ。
「かずやさままたイくぅぅぅ! まゆき、またイっちゃいますぅぅ! 奴隷アナル、どんどんきもちよくなりゅのぉぉぉぉぉ!」
 連続でイかせてもらう度に、わたしは和也様のものなんだなと思える。自分で気持ちよくなろうとしても、多分これほど絶頂し続ける事はできないだろう。マゾ奴隷は、誰かに支配されなきゃいけないんだ。
 イく度に忠誠の言葉を口にして、イかせてもらうために忠誠を誓う。その思いは水のようにわたしのからっぽになった頭に染みこんで、どんどん本気になっていった。
 忠誠心がどんどんまして行き、あるものに並んだ時、わたしは怖くなった。それは、修ちゃんへの愛だった。
「……っ!」
「あら、どうしたの?」
 口を閉じて、奴隷の忠誠心に耐える。この気持ちは、決して超えてはいけないものだから。
 お姉様たちが手を止める。散々絶頂を迎えたのに、すぐイきたいという気持ちが上ってきた。それでも耐える。
「ほら、ちゃんと言ってよ」
 頭を振って拒否した。こればかりは聞けない。
「ふーん、そう」
 全ての刺激がいったん止まり、もとのもどかしいものになった。いや、いままで以上だ。絶頂ぎりぎりでやめられ、少し落ちつく寸前でまた絶頂ぎりぎりまで持っていかれる。
 全身が早く誓えの大合唱を始めた。でも、これだけはムリ。
「言うまでこのままね」
 耳元で囁いたお姉様が、そのまま耳を口に含む。耳たぶを甘噛みされたり、穴の中に舌を入れられたり。
 脇と喉に、指が舌のように這いまわる。ぞくぞくとした刺激は直接脳に届き、わたしを狂わせようとする。
 こんなの堪えきれない。我慢しきる前に、わたしは狂ってしまう。見せ掛けだけでも言って、イかせてもらってその後また我慢しよう。
 そう決めて口を開いた時、お姉様にキスされた。
「んむぅ! ちゅぶ……ちゅうぅぅ……やめ、ちゅば……ちゅる、いう……ちゅく」
「ちゅううぅう、ぷちゅ……くちゅ……れろ……くぢゅ」
「何? 真雪ちゃんの言葉、全然聞こえないわ」
 そんな、と叫ぶ事もできなかった。お姉様の舌はわたしの口の中に入ってきて、舌を捕らえている。さんざん教育された成果で、わたしの舌は自然とお姉様に身を任せていた。抵抗ができない。
 手も既に捕らわれているし、それ以上に何回もイった影響でろくに力が入らない。下半身はもっと酷い状況だ。
「逆らったから、お仕置きね。逆らったら怒られるのは、奴隷も人間も同じなのよ」
 バイブはもとの細いものにもどり、振動を一番弱くして放置された。尿道バイブも同様だ。アナルプラグからは、振動すらなくなった。
 お姉様はゆっくりと太ももや足の指をマッサージするだけ。あくまでイけないようなやり方だ。
 やめて、そんな事されると本当に我慢できなくなっちゃう。修ちゃんよりも和也さんの方が大事になっちゃう。好きな人といるよりも、ご主人様にかしづく方が大切になっちゃう。
 大切な思いも、全部キスに封じられる。どうしよう、どうすればやめてもらえるんだろう。
 がんばって抵抗しても、どんどん想いがエッチに塗り換わってしまう。
 修ちゃんとエッチした事が、和也さんに教育してもらうものにかわってしまう。道すがら楽しく会話した思い出が、全身愛撫されながらペットになると誓ったものに換わる。修ちゃんの告白が、初めてのアナル絶頂に換わる。
 一番愛しい人の顔が、おぼろげになっていく。その場所が、わたしを飼ってくれる大事な大事な和也様にかわっていく。これは、ダメなんだ。
 修ちゃんを愛しているのはかわらない。でも、その上に和也様が現れてしまう。今の私には、愛よりもエッチの方が大切になってしまった。
 生涯に残る思い出よりも、組み伏せられて犯される方が大事なのだ。早く忠誠を誓わなきゃ。そう思っても、お姉様が口を離してくれない。
 イきたいのにイかせてもらえない。ごめんなさい、もう逆らいません。
 マンコもアナルもすごくキュンキュンしてるのに、あと一歩が足りない。どうすればまたイかせてもらえるの。
 今まで忘れていた媚薬浣腸がどんどん腸に吸われていく。やめて、もう吸わないで。そんなに媚薬を吸収しちゃうと絶頂を迎える前に頭がおかしくなる。
「ちゅば……ちゅぐ……かず……しゃま……。どれい……ちゅぶぶ……イか……」
 既にできる事など何もないわたしは、たとえ届かなくても口にし続けた。頭の中に溢れてくる修ちゃんを隅におしやって、開いた場所に和也様をはめ込む。奴隷として仕え、幸福に和也様に飼って貰う姿をイメージし続けた。
 指先すら快楽に支配されて、熱を帯びて痺れる。体から完全に力が抜ける頃には、もう和也様の事しか考えられなくなっていた。
 舌が完全に動きを止めて、やっと口が離される。わたしの口内には既にわたしの味はなく、お姉様の味に満たされていた。
 お姉様がわたしの顔を覗く。けど、わたしの視界はぼやけてよく見えず、その陽炎のようなものでさえ和也様に見えていた。
「真雪ちゃん、ちゃんと反省した?」
「……ぁぃ」
「今までは口ばっかりで、ちゃんと誓ってなかったのよね? これからは心の底から言うのよ。自分が和也様のものだって、しっかり理解しなさい」
「ぁぃ。わらひぃはぁ、かずやひゃまのものれす。こころまれぇ、かずやひゃまにかわれまふ……」
「ちゃんと理解できるじゃない。じゃあ、言ったらまたイかせてあげるわ」
「ふぅ……あ、まゆき、かずやさまのどれいです。こころも、からだも、ぜんぶかずやさまにかってもらいます。ずっとまんこ、さしだします」
「いい子ね。今度はちゃんと言い続けるのよ」
 細かったバイブが太いものに戻され、全ての振動が最大にされる。急激な快楽に体は壊れたように跳ね、思考も崩壊する。ただ一つ、和也様の事だけを念じて。
 なだらかな胸の内側が、全て媚肉になってしまったかのように感じる。見た目は小学生のそれでしかない胸は、ブラジャーが当てられただけで感じてしまいそうなほどの感度を誇っている。
 マンコとアナルも、何も無くても常にしっとり濡れているほど開発されている。エッチをすると分かれば、それだけで抵抗の意思を砕かれてショーツの色が変わるほど愛液を垂らすだろう。
 わたしの体は、とっくに奴隷のそれだった。後は心さえ変わってしまえば、本当に奴隷になる。そして、今本当に心が奴隷のものへと変わっていく。
 その変化は、奴隷には喜ばしいものだった。
「ぅぅぅぁぁぁぁ……うれ、しい。どれい……なるの……ふわああぁぁぁん! かずや……さまぁ。まゆき、どれいですぅ……んああぁぁぁ!」
 体中気持ちよくなって訳が分からなくなって、これが全部和也様のものなんだ。
 この状態で食事も忘れて、絶頂し続けた。おしっこはイく度に漏らしているので必要ないし、お腹は塞がっている。
 もう声が枯れるほど従属の言葉を心と共に口にした。それでも、まだわたしは言い続ける。
 お姉様たちが何か話しているみたいだったけど、耳にすら入らなかった。絶頂しすぎて頭がごちゃごちゃで、和也様以外の事が考えられなくなっている。
 わたしは絶頂を繰り返す状態のまま持ち上げられて、いつの間にかあった分娩台のようなものに座らせられる。手足をがっちりと固定して、動けなくなった。
 その状態で口にギャグボールを噛まされる。そこで、また絶頂寸前で止められるのかと怖くなった。
 アイマスクもつけられて、さらにヘッドフォンのようなものも付けられた。これで何も見えなく、聞こえなくなる。
 バイブなどを取り外される様子は無く、その事に安心した。その代わりに、体に大量の器具が取り付けられる。
 取り付け終わったら、耳から喘ぎ声が聞こえてきた。これは、わたしの声だ。今まで言っていた、わたしの奴隷の誓い。和也様和也様と、はしたない単語を繰り返しながら甘えるように言っている。
 器具の全ては、わたしへの責め具だった。一斉に陵辱を開始して、絶頂天国へと押しやる。強力な絶頂感に狂いそうな頭に、和也様に従属する声が染み渡る。
 イく度に和也様の事を想い、心の中の比重がどんどん増えていく。
 やがて、意識すら遠のいて。それでもわたしは、和也様の事を思い続けるのだろう。


 /////

関連記事


近親相姦 | 【2022-10-02(Sun) 23:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(9)
コメント
世界で一番愛しい人 (4) エッチな萌える体験談
<a href="http://www.g7c7o9u2b236w4j40p34h1136jfqsdrts.org/">aqehjnwz</a>
[url=http://www.g7c7o9u2b236w4j40p34h1136jfqsdrts.org/]uqehjnwz[/url]
qehjnwz http://www.g7c7o9u2b236w4j40p34h1136jfqsdrts.org/
2022-11-01 火  17:50:08 |  URL | qehjnwz #EBUSheBA [編集]
2022-11-30 水  18:57:20 |  URL | Straw Boater Hat with Bowknot #EBUSheBA [編集]
2022-12-03 土  14:47:13 |  URL | ルイヴィトン財布スーパーコピー #EBUSheBA [編集]
ルイヴィトン財布スーパーコピー https://zanderl9og6.blognody.com/17288736/ヴィトン財布コピー-things-to-know-before-you-buy
Gaping Anchor Kit https://www.chisa-brands.com/gaping-anchor-kit.html
Swing Type Check Valve http://funerariadodao.net/blog/pneumatic-actuated-knife-gate-valve-market-forecast-trend-analysis/
2022-12-03 土  20:01:32 |  URL | Swing Type Check Valve #EBUSheBA [編集]
EN TUV solar wire https://www.extractyxco.es/blog/merrac-space-pro-the-best-portable-power-station-you/
ヴィトン財布コピー https://codys0pd4.fitnell.com/54760027/ルイ-ヴィトン財布コピー-no-further-a-mystery
Grape Seed Extract https://www.huazanbiotech.com/grape-seed-extract.html
2022-12-04 日  06:06:21 |  URL | Grape Seed Extract #EBUSheBA [編集]
2022-12-05 月  02:40:12 |  URL | ヴィトン財布コピー #EBUSheBA [編集]
2022-12-06 火  14:04:57 |  URL | 3-(N-Ethylanilino)Propiononitrile #EBUSheBA [編集]
Feed Pellet Making Machine https://www.hatacacia.com/blog/thermoplastic-lightweight-high-strength-enclosures-in-minutes-|-plasticstoday-com/
Stone Paper Books https://www.interconpack.com/stone-paper-books
ルイヴィトン財布スーパーコピー https://landenb5ib4.bloggadores.com/16934041/everything-about-ヴィトン財布コピー
2022-12-07 水  18:05:57 |  URL | ルイヴィトン財布スーパーコピー #EBUSheBA [編集]
Micro Boring Bar https://www.echaintool.com.tw/micro-boring-bar.html
Mobile Phone Accessories Stamping Parts https://www.textilemacgroup.it/blog/ping-s-pld-program-transformed-pros-putting-and-now/
ヴィトン財布コピー https://holdeni9un0.life3dblog.com/16851330/rumored-buzz-on-ルイ-ヴィトン財布スーパーコピー
2022-12-08 木  18:08:24 |  URL | ヴィトン財布コピー #EBUSheBA [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*