2ntブログ

人妻 ヒロコ①

ヒロコと出会ったのは僕が27歳、彼女が40歳の時。

バイクツーリングの時に、ヒロコは旦那に連れられて来た。

まだ免許を取って数ヶ月。まるっきり初心者の浩子は、みんなに着いて行けずアタフタしていた。

旦那は・・・ アレ?見捨てたのか?


しょうがないので僕がヒロコをゆっくりだが誘導して走った。

帰る頃には随分慣れたみたいで、どうにかみんなに着いて走れるようになった。

解散の時に、

「今日はこんなトロい私の面倒を見てもらって、ホントにありがとう。迷惑だろうけど、またツーリングで一緒になった時はお願いしますね。」と言われた。一回りも年上だけどちょっとカワイイ


それから何回かツーリングに行ったけど、僕のすぐ後ろは浩子が定位置として走るようになった。


8月末、ヒロコから連絡があった。食事のお誘いだ。

二人で食事をし、ドライブに行った。

ちょっとした高台の公園へ夜景を見に行ったが、風が強くてヒロコがよろめく。僕は彼女の体を支え、風除けとなり車へ戻った。

会話も弾んだのだが、そのうち大人の雰囲気に・・・ でもなぜかオッパイの話(笑)

僕はダメ元で「オッパイ触ってもいいですか?」と聞くと、ヒロコは頷いた。

最初は服の上から触った。いいかな?っと思った僕は、服の中へ手を入れてブラの上からオッパイを揉んだ。

止らない。すぐにブラの中へ手を滑り込ませ、直接揉んだ。

揉みまくった。


ヒロコはオッパイが感じてるのではなく、雰囲気に感じてる様子だ。

「あん、 ちょっと痛いけど、もっと触っていいよ。」

たまらなくなり、ヒロコにキスをした。

キスをしてオッパイを触っていると、当然僕のチンコはギンギンに・・・

ヒロコは気付いたらしく、ズボンの上から触り「大きくなってるね。ヌいてあげよっか?」(゜∀゜)

僕は迷わず「お願いします。」と言うと、ヒロコはベルトを外してズボンとパンツを脱がせてくれた。


2、3度手でしごくとすぐに口に咥えた。

ペロッ ジュルッ ジュポジュポジュポジュポ あん、 すごい ジュポジュポ・・・

すごい気持ちいい。

10分か15分か、ヒロコは夢中でフェラチオをしてくれた。僕はもっと堪能したかったが、我慢できずにヒロコの口の中に大量に果てた。


でも僕とチンコは収まらず「セックスしたいです。」

と言うとヒロコは「生理中だから大変だよ?まぁ、終わりかけだけどね。」

僕はそれでもいいからしたかった。そしてホテルへ移動。


シャワーを浴び、ベッドに横たわる。ヒロコは「明るいと恥ずかしい。」と言うので、明かりは少し暗めに。

バスタオルを外し、僕はヒロコの体中を愛撫しまくった。40歳とは思えないほど肌がスベスベで張りがある。

キスをし、オッパイを揉みまくり、クリを攻めた。アソコを舐めようと思ったが、生理中なので断念・・・

指を入れたが、中はキツい。出産はしてないらしいし、旦那とのセックスも無いらしい。


少しフェラチオをしてもらい、いざ挿入・・・

「ちょっと痛い」ヒロコは痛がった。

処女ではあるまいし。女って暫くしないとそんなものなのか?

でも僕は余計に興奮してしまい、ゆっくりだが動いた。

正常位のみだが、オッパイを揉み、キスをし、舌を絡めながら突いた。

ゆっくりだったピストンもいつの間にか激しくなり、僕はイキそうに。

「もうイキそうなんだけど・・・」と言うと、

「ん、生理だから中に出してもいいよ」

さらに動きは激しくなり、僕は中出しした。



その後ヒロコとは頻繁に会うようになり、たくさんセックスをした。

関連記事


純愛・恋愛 | 【2022-09-13(Tue) 07:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*